<<<< スピニングマスターズ イベント報告記 2012年 Page04 >>>>

Page01

Page02

Page03

Page04 Page05

Page06

Page07

Page08

Page09 Page10
6月10日 日曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

ついに・・というか、きたか〜!という感じなのか、うっとうしい季節に突入しましたね。この日は奇跡的に晴れておりましたが、逆に真夏のような暑さでファイヤーショーをお見せするのもかなり必死な状態。

実は前日の6月9日も同じこの場所で大道芸パフォーマンスをさせてもらいましたが、その時はパラパラと小雨が降ってきたり、止んだりを繰り返し、予想をするのも難しく運を天に任せての大道芸。何度かはショーの途中でも降られましたが、大きな影響もなく、とても良いショーができました。しかしながらディアボロのストリングスのコンディションを気にしなければならないほどのジメジメ状態。ついにこの季節がきたのか〜!と思いました。

そんなジメジメの日の翌日の様子なんですが、青空が広がるピーカンの天気。梅雨入りした東海地方?ウソ、真夏じゃん!信じられんくらいの直射日光でした。少し強めの風があったことに救われましたが、風が吹いていなければちょっとヤバかったかも・・・。プレイヤーのTシャツはパフォーマンスの回数分必要、トモヒロパパもミキサーのオペレーションをしていて、両腕が真っ黒け。

更に気を使うのがチビッコたち。こういうパフォーマンス現場では大人と子供、その両方のお客さんが程よく混ざってギャラリーになっていることが本当は一番やりやすいのですが・・・。この一年ほどの間、ショーをスタートする直前には一般のお客さんからすれば「なんであんなに繰り返し何度も何度もくどく言うんだろう?」と疑問に思うことがあったかも知れませんが、そこにはパフォーマーとしての配慮や気遣いがあるのです。

このジャズドリーム長島のサザンベルスクエアステージ前でのパフォーマンス。D-1グランプリやディアボロ体験教室で初めて来てからもうかれこれ10年。その時からステージのバックにはスイングコートというレストランがありました。今でも土日祝日には行列ができ大勢のお客さんに賑わっているんですが、ただ、すぐ近くなので大道芸を始めると行列に並んでいるご家族のキッズたちはソワソワと、気になって仕方がない。当然ただ待つだけの時間は子供たちには退屈極まりなく、ゴネゴネしだすとお父さんお母さんたちが「あそこへ行って座って見て来なさい」とチビッコだけで送り出されるのが、これが実は一番危険!!誰が悪いわけでもなく仕方がないことなのかも知れませんが、とにかくパフォーマー側からすると一番神経を使うのであります。レストランに入れる順番が来たときには容赦なく、「はい、戻ってきなさ〜い!」となり、子供たちはパフォーマンスエリアをまっすぐ横切って親のもとを目指します。これがファイヤーショーの途中だと本当に肝がつぶれそうな位ドキっとさせられます。

交通量の多い大きな道路の反対側から子供を呼び寄せる親は居ないと思いますが、本当にその状況に近いくらい危険なことなので、ショーを始める時、ショーの中盤、ファイヤーショー突入直前の3回は最低でも「お子さんだけではご覧にならないようにお願いします!」という注意を促すアナウンスを入れております。これは安全第一を考えての策。
安全かつ、どんな年齢層の方でも一緒に楽しんでもらえて、さらに誰一人として不快に思わないショーというのは難しいのです。パンパンになるまで集客をして人垣をつくり、盛り上がってエキサイティングなショーをすることよりも確実に安全面を確保しながら、いろんなことに配慮できなければプロのパフォーマーだとは言えません。

そう言えば、安全といえばパフォーマーの足元。長年に渡りいろんな靴を試したりしながら最適なシューズをチョイスするんですが、「じょんがら」にスイッチしてからは地下足袋だったんですが、あるとき雨が上がったばかりの路面にツルッといってしまい、ヒロヤが膝を脱臼したことがありました。それ以来、いろいろ滑りにくい靴や地下足袋を捜し求めてさまよっておりましたが、最近になって最適な地下足袋が見つかりました!!金髪ちょんぼケイタは「これがベスト!!」と太鼓判。雨の日でも滑りにくく、エアークッション入りのハイテク地下足袋なので、足も疲れにくいという優れもの。これもまた安全対策でもあります。そんな地下足袋記念で久しぶりの動画報告。金髪ちょんぼケイタが動き回るシーンでございます。

スピニングもまだまだ完全だとは思っておりませんが、しばらくすると夏休みに突入するんで、安全面強化と、滑り防止(ネタもスベリ防止をせねば・・)に努めております!!!

 
6月11日 月曜日 大府あぐりタウン げんきの郷 大道芸

平日のげんきの郷。この場所で少しでも大道芸に親しみを持ってもらえたらという思いから、何度か厳しい状況下の平日にもパフォーマンス活動を継続してきましたが、この日だけは「えっ?」とメンバー全員が首を傾げるほどお客さんのノリはイイし、集まりも超クイックな感じで、「お〜〜!やっと大道芸が定着してきたのか!!頑張ってやってきて良かったぁ!」と思いました。が、たまたま、だったんでしょう、自分たちの芸がいきなり良くなったとも思えないけど、なぜかこの日は2回とも絶好調でした。まぁ、いつもいつもこんなに調子がいいということなんてありえませんけど。

季節的に雲が多く、全体的にどんよりとした感じの空。風も吹いていて、ジャグリングはともかく、ディアボロのトス系の技はギリギリ。一体なにが良くて、何が悪いのか、実は私たちスピニングマスターズにも良くわからないような状況でしたが、とにかく何をやっても大ウケだし、反応もバッチリ。コミュニケーションも最高レベルでいろんな方に声をかけていただけたり、とっても気持ちのこもった差し入れにも感謝感激でした。

 
6月13日 水曜日 三井アウトレットパーク滋賀竜王 大道芸

最近のスピニングマスターズ、なんか調子がおかしい。イベンターとして活動していたころも、大道芸パフォーマンスの活動をしてきても、この10年間、いずれの年も6月が絶好調だなんていうことはありませんでした。
それがそれが、どういうわけなのか、今まで平日が厳しく、集客にも盛り上げにも苦戦してきた現場が、まったく別の場所で大道芸しているような錯覚に陥るほどの絶好調ぶり。

このとき滋賀竜王の1回目の大道芸をご覧いただいた外国人の方で、めっちゃ凄いバズーガ砲のような大きい望遠レンズを装着したカメラを持っておられました。「凄いカメラだなぁ〜」とチラッと見たことは憶えておりましたが、帰宅してからメールで右の写真3カットを送ってくれました。

なんか、アートな感じの写真でいい雰囲気なのと、外国人視点というのも今までないアングルなので記載させていただきました。

ThankYou !!

 
6月 16日 土曜日 高山私立東小学校 文化の日

前日、金曜日の午後から名古屋を出発し東海北陸道を北上。今回は高山市立東小学校のみなさんに「大道芸」という日本の1つの文化をお届けするためにやってきました。高山市に到着した時はまだ雨は降ってなかったのですが、天気予報はどれもこれも90パーセントの雨。ちょっとでも予報がズレるとか、はずれるとか、どうにかならんものかと思いましが、さすがにこればかりはムリ!!

遅刻してはいけないので、前日中に現場の場所を確認し、夕食を食べながらスピニング名物の「家族会議」というヤツをしまして、演目や構成を打ち合わせました。

意外と難しいのは小学校は1年生から6年生と幅広く、さらに生徒さんの親御さん、そして弟や妹など幼児ちゃんたちもご一緒。難しいのはこの年齢層で、一発でツカミが完璧になるようなネタはないので、前半はそれぞれの年齢層に合わせてストライクゾーンを狙っていく対策と構成を選択しました。朝が早いのでホテルで10時には就寝。zzzz・・・

やっぱり雨が降ってしまいました。しかし、心配ありません!スピニングにはファイヤートーチに取って代わるイルミネーション擬似トーチなる強い見方があるのです!ファイヤーショー以外になった場合の装備も万全。

学校の体育館に到着しPTA役員の皆さんに丁重にお出迎えしていただき、会場への搬入を開始。ここまではスピニングも「今日はファイヤーショーはムリ、残念だぁ〜!」と全員が思っていたはず。ところが、上の写真にもあるように体育館内での火気使用OKとのことで「炎の大道芸 じょんがら」の披露が実現しちゃいました!
一応、オイルが垂れてもいけないので、防火シート(持参しているところが素晴らしいでしょ?)をパフォーマンスポイントに敷いて準備完了。

その後、開演時間15分前くらいから生徒さんやおとうさんお母さんたちも会場に到着。「今日は700人くらいかなぁ」と事務局としてマネージメント業をこなすケイコママからは聞いておりましたが、それは生徒さんだけの人数でした!!(笑)

こんなに広い体育館が満員になるなんて!!名古屋では考えられないほどのスピニング的には殆んど事件なのであります。ほんとビビったのでございます。ステージショーでは過去に1500人くらいはいるNHKホールでパフォした経験はありましたが、このフラットな大道芸フィールドでは初体験だったような・・・しっかり憶えておりませんが。とにかく1000人以上のギャラリーVSスピニング4名(内、裏方2名)のショーのスタートです。

子供会のイベントとは違って授業の直後なので、すぐには加熱しないから、最初の演目はパッと盛り上がれるようにと、前夜に打ち合わせをしたバルーンのネタから開始。これは嬉しい大きな誤算でしたが、子供たちがメチャメチャ元気。ショー開始1分で完全沸騰!火気使用が1つ目、お集まりいただいたギャラリー参加人数が2つ目、そしてこの瞬間沸騰が3つ目。どれも驚くことばかり。

驚きハプニングはまだまだ続きます!!!

たまにスピニングは「この時だけ」というような限定ネタをします。もちろん現場の雰囲気に合わせたネタだったり、何かの目的があってやるのですが、「ドンピシャ!」でばっちり決まった時は爽快です!この瞬間に会場全体の空気が出来上がったと思います。

ご父兄さんたちも良い雰囲気。まだ少しシブイ表情の先生もおいででしたが、学校の行事でしかも「文化の日」というタイトルがついていることもあってか、ちょっとくらいは硬い雰囲気から脱出できなかった人も居たかもしれませんが、だいじょうぶ!

前半のサブ的なパフォーマンスはここまで。いよいよファイヤーショー突入!

ドロップミスは絶対にしない!念入りにウォーミングアップもしました。前半のツカミも成功!ギャラリーのみなさんの注目も大きい!最高の舞台を用意していただいた期待にも応えたい!とにかくこの1回だけのショータイムなのでコンセントレーションが切れないように注意してファイヤーショー開始。
あまりに盛り上がるんで7トーチパッシングのチャレンジも挟んで、ラストはローラーバランス上でのパッシングをスピニング名物の頭上火炎噴射。ここで、今回最大のハプニング発生!

それまではおとなしく無反応だった火災報知機が、3−2−1−a、GO!!の火炎噴射の直後にリ〜ンリ〜ンと鳴り出しました。これしきのことではラストのエンディングを止めないスピニング。丁度、BGMも爆音状態で突き進んでいたので、子供たちは一切そちらを気にすることもなく、視線はパッシングを続行するOK!ヒロヤと金髪ちょんぼケイタへ。
と、いうよりも火災報知機の音すら聞こえなかったのかな?あせったのは先生たち。サンダーバードのBGMに合わせる様に慌ただしく走り回っていました。

そんな先生たちの様子を笑ってはいけませんが、大道芸を長いことしているといろんなハプニングに遭遇するんで、本当に火災になったのなら急がなきゃいけませんが、トーチをドロップすらしていないので、当のプレイヤーたちはあっけらかんとしておりました。(笑) 写真のように消火器だってきちんと用意していただいてましたし、何よりもお招きくださったPTA役員の皆さん、消防団員なので大船に乗った気分でファイヤーショーをやりきりました。

ショーが終わり、子供たちからお礼の言葉と花束をいただきました。退場する子供たちかとタッチをしたり、握手をしたりでき、これだけの人数の中でのショーが一体感を持てた事が嬉しかったスピニング。

イベント成功に向けて随分前から準備や打ち合わせを進めていただいたPTAの皆様、会場準備などお手伝いくださった先生、火災報知機停止のために全力疾走していただいた先生方、本当にありがとうございました。おかげで本当に楽しいパフォーマンスショーを行うことが出来ました。
 
6月17日 日曜日 大府あぐりタウン げんきの郷 大道芸

高山から帰還しての翌日、げんきの郷での大道芸。最近、スピニングの大道芸の写真を送ってくださる方が多く、今回のげんきの郷でも、MIーニャン☆さん からスピニング大道芸の決定的瞬間を捉えた写真をいただきました。

1枚目は金髪ちょんぼケイタの前座演技でディアボロソロプレイ中に「縄跳びキャッチ」の瞬間を捉えた写真。2枚目は空中に停止しているかのように見えるディアボロ。3つは空中にあり、残る1つは金髪ちょんぼケイタの持つストリングスの中。そして3枚目の写真。OK!ヒロヤの頭上を飛び越えてのフャイヤートーチをキャッチするフロッグスチールという技。コンビネーションが重要な技でピッタリ息が合わないと失敗もする。しかもただ失敗してノーリアクションでは面白くない!失敗の0.5秒後には面白いリアクションが繰り出せるかは芸人魂次第。貴重な一瞬がわかる写真で面白いね。

他にもミクシィのスピニングマスターズコミュニティにほしこさん も沢山写真をアップしてくれました。コチラ

☆写真をお送りくださった皆様、スピニングマスターズのコミュニティの写真館にアップしてくださった皆様、本当にありがとうございます!!

 

6月24日 日曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

難しいこと考えずに気楽な感じでお客さんの前に立てるのがこのホームグランド。

日曜日にしてはお客さん少な目で、お客さんのテンションもスロースタートな感じでした。

そんな時はパフォーマーもゆっくり立ち上がっていくようなスタート方式で、ここは焦らず慌てず忍耐が要求される瞬間。ちゃんと手を引いていくようにお客さんとの一体感を意識してあげると炎を回すころにはきちんとお客さんから自然な拍手もいただけるような雰囲気となり次第に盛り上がってきます。

芸人的な立場からすれば、いきなり盛り上がってくれるのも嬉しいですが、ストリートの現場では意外とお客さんとお客さんに温度差が出来てしまうことがあります。つまり、最前列の見る気満々のお客さんと、ちょっと後の方で何気ない感じで見ていたいというお客さんと、どちらもお客さんには変わりありませんが、芸人が急激に盛り上げようと無理をすると後の方のお客さんだけ置き去りにしてしまいかねないのです。そうならないように会場の空気を感じながらソロソロと進めるような進行を時には要求されるということ。

ムシムシと暑い日が続きますが、同じ暑さを感じるにしてもカラっとした暑さに早く変わって欲しいと思うスピニングでした。

もう直ぐプール開きとなりますが、このジャズドリーム長島のステージ前でも浮き輪やビーチボールを持ったお客さんを見かけるようになると本格的な夏という感じになります。そんでもって夕方になるとプール疲れのお父さんたちがこの場所でベンチで横になって寝てしまう光景も、我々パフォーマーにとっての夏の風物詩なのであります。(笑)

 
7月2日 月曜日 & 4日 水曜日 三井アウトレットパーク滋賀竜王 大道芸

どんなにやりなれたフィールドでも必ず新しい発見や、気付かされる事があるものです。それを言い換えるなら「いつもどおりやっていてはいけない」と言うことでもあります。天気もお客さんも、自分たちのコンディションも含めて大道芸に関わるすべての条件が違っているのですから、「自分たちはこうだ!」と我を張ってみても。そんなものはお客さんに受け入れられなければ何の意味もありません。

なんか、難しい話のように思われるかも知れませんが、こんなに十数年もパフォーマンス活動をしていても、何か発見がある度に、それをネタに家族会議はまだまだ続いており、たまには意見がまったく噛み合わない事もしばしば。スピニングも芸人としてまだヒヨッコですよっていうお話です。

この時の1回目のショーはメンバー全員納得がいかない不出来なショー。もちろんお客さんにはわからないことなのだが、自分たち的にはイマイチ!当然ダメ出しをしてその後のショーを直ぐにでも修正してダメなところを改善をはかりたい。ところが意見が真っ二つに割れて激論スタート!!結局この日は2回で終了。激論で要した時間もあってか、撤収するころには夕方5時を過ぎてしまった。いやいやいや、こんなに遅い時間までこの現場に居たことがないよ!お腹も空いたし・・・。

しかしここで新たな発見。怪我の功名からわかったのが、夕方5時から開始されるタイムセールのようなイベント。4時50分ごろから急激にお客さんが増えた感じになって、5時過ぎには各店内に吸い込まれていく。ま、大道芸には大きな影響はないものの、「へぇ〜遅い時間でも結構イイじゃん!」というのが全員の感想。今度は久しぶりに遅い時間の3回目にトライしてみよっと。

他人から見れば「あの人たち、大丈夫か?」と思われるような激論を展開していても、そこはそれ我々は家族という括りなので大丈夫なんであります!会議終了後は「何食べる?」という激論再スタート??

帰り道に家族会議で議論しながら運転することもありますが、この日は突然の思い付きから四日市までパスタを食べに行くってことになっちまいまして、八日市から四日市まで、漢数字でわずか四つ違いなのに、運転して行くってことになると、これがとんでもない山道なのです。

その国道(一応ね)というのが、クネクネとしたワインディングロードで、おまけにダムが3つくらい登場して、ちょっと雨量が多いとすぐに通行止めになっちゃうという、まさにラリー向きの険しい道。

頂上付近では濃い霧が発生しており、有視界は10メートルないくらい。この道をひたすら進みパスタを食べるのだ!!

どらぁ、うんまいパスタをたらふく食べて2キロもふとってやったぜ〜ぃ! ワイルドだろぅ??(ってOK!ヒロヤではなくスギちゃんキャラで)

 
7月7日 土曜日 ちょっと伊勢参りに・・ & 8日 日曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

この2〜3日は雨に祟られて大道芸活動も殆んど出来ないまま時間を持て余していたり、7日は滋賀竜王のステージ前が使えないということで、出向く現場も無くなっちゃって丸一日オフ状態のスピニング。まぁまぁ、こんなこともあるよね。そう、こんな時はジタバタせず、流れに従って大道芸から遠ざかりのんびりやるのが一番。特に梅雨の時期は無理をしてもろくなことなどない。そこで・・・

どうしようかと考えた末に全員揃って伊勢神宮参拝にお出かけすることに。ケイコママの足の怪我も随分良くなってきて、何とか砂利道を歩いて、お参りできそうなので小雨の降る中をお出かけしました。

意外とスピニングのメンバー全員がお参り好き。ま、苦しい時の神頼みという言葉もありますが、家族に良くないことがあったときなど、何となく区切りをつける意味とか、気持ちをリセットする意味で、昔からこういう場所には時々お出かけしております。

さすがにまだ不安で砂利道や石の階段をスイスイとは歩けないケイコママ。急に小雨も上がり、お天道様がコンニチハで、蒸し風呂の中を歩いているみたいでした。

←これがケイコママの大好物!!赤福餅だけでも大好きなのに、カキ氷に埋もれた赤福をほじくり出しながら食べるこれが大好きなのであります。まっ、軽く10杯は食べます!!(←うそ)ムシ暑い中で赤福氷り食べてやっと涼しい気分になってきました。

冷やし伊勢うどん&赤福氷りも食べて大満足でお伊勢さん参りツアー終了。

リフレッシュした気分で明日からも大道芸に、イベントにめいっぱい頑張れます!!と、言うことで、さっそくジャズドリーム長島での大道芸報告。久しぶりのジャズ大道芸です。

いや〜〜、メチャメチャ暑かった!今年初の真夏を経験したって感じでした。写真のコントラストやお客さんの様子からもその真夏ぶりが感じ取っていただけると思います。急にやってきたね夏・・・。もう梅雨も終わりなのかな???いや〜、チョイ早すぎるよね。

こんなに茹だる様な暑さの中で、本当によくお付き合いくださるお客さんにも感謝です。日陰のラインからなかなか前には近寄って来てくれないのですが、笑顔、拍手、そして歓声を感じることができるので、きっと喜んで見てくれているのだと思います。

そんなクッキリの日陰ラインも薄っすらとなり、ちょっと陽射しもやわらいだのは午後4時過ぎ。結局一番の集客と盛り上がりとなったのは一番最後の大道芸でした。それになんか、金髪ちょんぼケイタもOK!ヒロヤも一番最後の回が一番元気モリモリで、ハイテンションでした!!(笑)
今年の夏もTシャツをガンガン絞りまくってノリノリで行くぜ〜!ってOK!ヒロヤが言っておりました。

前日にお伊勢さん参りでうけて来た開運のお守り。トモヒロパパが音響操作を行っているところにぶら下げました。

何かと怪我とも隣り合わせ、メンバー全員の無事な活動と、更に芸に磨きがかかりますように!とお願いしてきました。

スピニングが愛用しているミキサーの上には先日映画を見てきた、最近人気のキャラクターもいるよ!(2つとも見つけられるかな?)

さぁ、次の連休は 四日市ララスクエア、とだがわこどもランド、海フェスタ福山と、来週はイベント出演が盛り沢山で、遠征もあるので頑張らねば・・・。

 
7月14日 土曜日 四日市 ララスクエア

3日前ほどに我が家のエアコンがご機嫌斜めとなり、まともに作動してくれません。実は昨年から「ウチのエアコン、ちょっと効きが悪くない??」という話がチラホラ出ておりましたが、だましだまし使ってきたのがついに限界に達したという感じで、やがて冷気を出すの止めてしまいました。(笑)慌てて大手電気屋さんに行って在庫のあるのを買ったまでは良かったのですが、取り付けまで数日かかるということで毎日ムンムンとしたところで寝苦しい夜を過ごしております。

まだまだ梅雨明け宣言はされていません。外でのパフォーマンスは蒸暑くて厳しい状況です。スピニングも前日までは滝のように流れ落ちる汗をかきながら大道芸をしておりましたが、本日から3連休となり今日と明日は屋内でのイベントパフォーマンス。

連休初日は四日市のララスクエア。こちらの店内イベントではもうすっかりお馴染み。大道芸パフォーマンスなどのイベント事も定着した感じで、とってもやりやすくて楽しい現場です。

こうしていろんな土地を回ることが多い職業なので、「ここではこれが美味しい!」とか、「これが有名だ!」とか、「こんあB級グルメもあるよ!」とか、自分たちのわずかな知識とスマホでのアプリで調べられる程度の「美味しいもの」を探しています。このララスクエアにやってくるといつもランチは「若鯱屋」といううどん屋さんに結構な確率で行き、そしてドロドロのカレーうどんを食べる確率が100パーセント!これが美味しくて美味しくて・・(東海地方だけなのかな?)よく、アピタとか、ショッピングモールに入っているチェーン店なんですが、何故かララスクエへ来ると定番化したランチなのです(笑)

連休初日のイベント報告記から脱線しまくりでスミマセン!!イベント報告でなく、グルメ報告になっちゃってますよね。でも、この際なので遠征したりちょっと出かけたりした時には、立ち寄ったお店とか、このサービスエリアのB級グルメは旨かったというような脱線報告もしてみようかな、なんて思います。

本当は四日市といえばトンテキなのですが、四日市のトテンキが食べられるお店には行ったことがありません。というか、あんまり見かけないのですが、実は地元では有名じゃぁないのかな?名古屋と言えばエビフライ。いやいやウソウソ、エビフライなんて有名なの知多半島の先っぽの方だけですよ。別に名古屋ではエビフライは普通です。(たぶんタモリさんが言いふらしたからだよな)

四日市ララスクエでの2回のショーはイイ感じの盛り上がりで無事終了!!エアコンの効かない我が家へ帰ります。次回の報告記は「とだがわこどもランド」です!!

 
7月15日 日曜日 とだがわこどもランド

こういう感じの会場が久しぶりです。体育室のような雰囲気の中に自動でせり出してくる客席と階段。その手前のフラットなスペースにもベタでお座りいただくと・・・400人分のスペースは確保できるんじゃないかと。一応定員は300人となっておりましたが、そんな人数のお客さんが果たしてスピニングを目指して来てくれるのか?!ちょっぴり心配しながら当日の朝8時ごろには自宅を出発。途中でコンビニに立ち寄ったりしながら車で30分くらいのところにある本日の会場「とだがわこどもランド」の近くまでやってきました!

そこで担当のスタッフの方からお電話があり「会場の駐車場が満車なので・・・・」という搬入時のご案内をいただいたときには、正直なところ「えええ〜〜〜?ウッソ〜っ!」などとスピニング号の車内でのメンバー全員のリアクションでした。(笑)

ま、スピニングだけを見にいらっしゃるわけではないし、満席にならなくてもショーは楽しくできるだろうし・・・。ここは気楽にやっていこうというスピニング。

早速本日のネタの構成の打ち合わせ。大方は決めてあっても、やっぱり現場を見てから最終決定と言うのが一番カタイのです。最近はめったに登場しないOK!ヒロヤのウルトラセブンのネタも含めて大人向け、子供向けと50対50のバランス。

難しいのは大道芸的に目の前にベタ座りしているお客さんと、ステップ状の客席に座っているお客さんとの温度差をいかに埋めるのか、ここが本日の一番重要なポイントでした。さあ、果たして会場を満席にして、ドッカ〜〜〜〜ン!と盛り上げることができるのでしょうか?!

開演15分前。会場となるやいなや、沢山のお客さんが入ってみえて一気にボルテージアップ。金髪ちょんぼケイタもOK!ヒロヤも積極的にコミュニケーションしにお客さんに近寄っていくとかなりの好感触。これでリラックスできたパフォーマーもショー開始からエンジン全開にでき、しょっぱなから会場は一体感ができやっている方も楽しくてしようがない。

いろいろ演目的にも盛り沢山という感じでしたが、子供たちには30分以上のショーはコンセントレーションが持つかどうかという少し不安はあったので組み込んだウルトラセブンのネタ。「大丈夫かな〜?」と思っていたのも「セブン♪〜セブン♪〜」のBGMが出たところでぶっ飛んでしまいました!!良かった!うけた!!

こうやって1つ1つの演目には目的やら意図があるものですが、思い通りの進行ができているときほど気持ちの良い時はありません!初めての場所でちょっとした不安があったりしたことが、嬉しさに変わると芸人として現場で湧き上がってくる、そのノリも絶好調になります。

2回のショータイムをさせていただきましたが、殆んどの構成は同じ。2回目も会場はフルシートどころか、立ち見ができてしまうほどの満員御礼で、私たちスピニングマスターズとしては本当に嬉しく、また楽しいショーができました。

ステージの背景、ライティング、音響などなど、とだがわこどもランドのスタッフの皆さんもいろんな細かい要望にも快く応じていただいたり、お客さんだけでなく私たち出演者にも気配り頂き、こうしたイベントの成功というのは私たちだけの力で成功するのではないということをお知らせしておきたいと思います。

すっごく楽しいイベントをさせていただき、何だかこの場所を離れるのが惜しいような気持ちになりましたが、この後は、次の現場「海フェスタおのみち 福山会場」の福山港に向けて出発。近くのコンビニで冷たい飲み物を沢山買い込んで西を目指します!!う〜〜、渋滞無いと良いんだけれど・・・。

次回の報告記は「海フェスタおのみち」です!!

 

Page01

Page02

Page03

Page04 Page05

Page06

Page07

Page08

Page09 Page10
このホームページの作動確認は以下の環境で行っております。OS:Windows XP / ブラウザ:Internet Explorer ver8 1024ピクセル以上推奨 / プラグイン:Flash Player必要
このホームページの著作権はスピングマスターズ事務局オフィス・マムが所有しております。無断で画像・動画・文書等、データの転写、使用を禁じます。
スピニングマスターズのホームページへのリンクは自由に行ってください。ただしリンクをしたことによって起こるいかなるトラブルにも責任を負いかねます。