<<<< スピニングマスターズ イベント報告記 2012年 Page05 >>>>

Page01

Page02

Page03

Page04 Page05

Page06

Page07

Page08

Page09 Page10
 
7月16日 月曜日 海フェスタおのみち 福山会場 海王丸がやってくる!in 福山港

とだがわこどもランドのイベントを無事終え、名古屋を出発してから4時間半のドライブは大した渋滞もなく順調そのものでした。午後9時ごろに福山東インターに到着するまで夕食も忘れてひたすら走ってきたので、もうお腹もペコペコ状態。早速インターを出て5分のところに「尾道ラーメン」を発見!「ここに入る?!」ときけば、メンバー全員から速攻で「入る〜!!」という雄たけびに近い声。

名古屋でも尾道ラーメンの美味しいところはたまにナガシマでの大道芸の帰り道に立ち寄ったりするんで、結構スピニングは尾道ラーメンファンかも。以前にはみろくの里での出演時にも夜な夜な尾道まで出かけたこともありました。

あまりに腹ペコ過ぎて、味わう余裕もなくガツガツ食べしまったので写真も残せず、レポートできるだけの素材がないのが残念ですが、とっても美味しかったです。

ホテルで朝食して朝8時半ごろ福山港に到着。コンテナが並んでいたりして、そのコンテナを展示ブースにしていたり、神戸のメリケンパークで開催されていたビエンナーレでの大道芸をふと思い出します。

いや〜、それにしても午前中から暑い!!メチャメチャ暑く、自分たちがパフォーマンスをする時のことより、お客さんが大丈夫なのかと気になってしまうくらいの猛暑となりました。まだ梅雨明け宣言が出ない!なんて数日前までジトジトの毎日だったのですが、これで完全梅雨明け宣言でしょう!!天気予報聞かなくっても確信しました。ま、それほどピーカンのお天気で午前中から救急車がやってくるくらい。幸い大事ではなかったようですが、何人かの方が暑さにやられてしまったようでした。

そんな中をスピニングも準備中!本日は同じ中部圏からのパフォーマーくす田くす博さんとご一緒でした。テントの中もサウナのような状態で、ショーをやっていないのに汗がブワ〜〜〜って感じで噴出してきて水分補給も忘れずにって合言葉になっており、くす田さんもメイクができない!と苦笑いでした。

会場をブラブラ見学していたケイコママが発見したのが「FUKUYAMA COLA」 なる商品。(左の写真)コーラは芸人のお友達!コーラなくしては夏の大道芸ができない!とまで言われている芸人のためのドリンク「コーラ」なのです。(本当かどうかは責任持てませんが・・)これをほっておくわけがありません。気になって仕方ないし、早速買ってきてテントの中で回し飲み。まず、缶ではなく瓶というところがイイね!!ペットボトルや缶が主流の時代で、この瓶というのが意表を突いた攻撃であります。FUKUYAMA COLA・・うまし!

後からわかったことですが、この日は全国的な猛暑だったらしく埼玉など一部の地域では気温が38度に達したところもあったようでした。福山港周辺は何度だったんだろう?スピニングの一回目の出番が12時キッカリからで、体感温度はピークで36〜7度と言う感じでしたが・・・。

一回目のステージの様子です。海王丸をバックに青空の下でのパフォーマンスは「夏」という雰囲気タップリ!

観ていただくのも申し訳ないくらいのカンカン照りの中でのショーでしたが、本当に沢山の方にお集まり頂き、ショーを披露して感動や笑いのお届けする側の私たちパフォーマーの方が感激してしまうほど嬉しかったです。

特に目指してきてくださるファンの方、ふくやま大道芸の関係者の方、ニコニコ顔で客席に座っていらっしゃるのを見ると力が湧いてくるような気がしました。一方では、無事にやりきることができるのか?、最初は常に不安と隣り合わせでしたが本当に大満足のショーとなりました。

←← ←← ←← ←←

そんなスピニングを応援してくださった皆様が撮影しミクシィのアルバムに記載してくれた写真を何点かいただいてきましたので当ホームページでも載せたいと思います。あまりにも素敵な写真が多過ぎて全部は載せられないし、選ぶなんて到底できないのでほんの一部であることをご理解ください。

←← ←← ←← ←←

また、 一回目のショーは最近の定番パターンの演目構成での大道芸。2回目はショーをパターンを変えて違う構成でお届けし、日ごろはあまりやらないネタとかも飛び出しました!

←← ←← ←← ←←

OK!ヒロヤがデビルスティックを人前でやるってのは、かなりレアだったかな?練習でもほとんどやってるとこ見たことないもんね!(笑)

←← ←← ←← ←←

それぞの写真がお客さんからの視点でパフォーマーを捉えてるって感じで、しかもスピニングらしい一瞬を見事に収めているな〜ぁ。

←← ←← ←← ←←

ということで、お願いをして記載させていただきました!ありがとうございました!!

←← ←← ←← ←←

二回目のショーまでの空時間もお弁当食べたりしながら控え室のテントの中でエネルギー充填。

午後4時からなので少しは日が傾いて日陰でも出来ていればと、わずかな期待もことごとく打ち砕かれ、(笑)やっぱり直射日光ガンガンのステージ前。ステージ上にはテントの影があるのですがスピニングの芸はスペースが足りないのでパフォ不可能。

それにお客さんだけが日向で見ていて、自分たちが日陰だなんて、自分たちの気持ちが絶対に許さない!しかもショータイムの30分前からベンチに座って待っててくれるのを見て、大道芸人魂に火がついた!

2回目はショーの構成をもともと変える予定でいましたが、さらにそのショータイム30分前の時間を有効利用しようと考えました。他に会場内で何かイベントやライブをやっているのなら遠慮すべきところなんですが、特に何もやっているわけでなかったし、何となくまったりムードが漂っていたので、「じゃぁ!」ということになり、OK!ヒロヤは金髪ちょんぼケイタのリクエストでやったこともないようなデビルスティックを披露したり、その後も前座のネタで舘ひろやの登場!ケイタのボールジャグリングなど演目を入れ替えてお楽しみいただきました。

ヒロヤのウルトラセブンのネタのリクエストも多かったので、次回ふくやま方面でのパフォーマンスでは、構成に組み込みたいという、OK!ヒロヤからのコメントでした。今回のステージではベンチが何重にも並んでいたので、後の方は「見えない!」という理由でやらなかったようです。

こうして猛暑の一日ではありましたが、お客さんとの交流もタップリでき、沢山の笑顔に出会えたことは、またまたスピニングの宝物ができたと、そんな話をしながら山陽道をひた走って名古屋へ無事戻ってきました。本当にファンのみなさんが居なかったらどうなっていたことやら・・・ご来場のすべてのお客さまに心から御礼申し上げます。

次回の遠征は マリンピア神戸 での大道芸、 そして久しぶりの登場!徳島県 マルナカショッピングセンターのイベントです!
 
7月22日 日曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

「雨で大道芸が、できない!」とブツブツ言いながら過ごした梅雨のシーズン。一転して梅雨明けしたら「暑くて大道芸が、できない!!!」とつい言いたくなる気持ちをググっと抑えて、炎天下でも一生懸命頑張っております!

前日の21日土曜日も実はこの同じ場所に居たのですが、朝から曇り予報だったのに、ず〜〜っと小雨模様。

一年に何度かはこんな状況もあるのですが、「おっ!雨止んだね!」と思ってベンチや丸テーブルをメンバー全員で綺麗に拭き掃除して、もう終わるというタイミングでまた雨がパラパラと・・・。

こんなことくらいでメゲルもんか!と、また雨が止むとタオル片手に拭き掃除。そしてまたしても雨・・・。もう悔しいやら悲しいやら。土曜日は5回も拭き掃除してやっと夕方3時過ぎに雨も上がり、何となく大道芸ができそうな雰囲気になり1回だけの限定大道芸をしました。

この1回がスピニングには貴重な大道芸の時間であり、待機していた4時間半のウップンを30分にギュギュと詰め込んで一気に晴らしました!

そんなことがあった翌日。今度はカンカン照りの一日。前日のことを思い返すとそんなに贅沢なことは言ってもおれず、しかも、ステージでは学生の吹奏楽もあったので、まだまだ暑い時間でしたが、12時前からフルスロットル状態。

相当長いことこの業界で活動してきたので、いろいろと思うことはその都度あるんですが、本日の吹奏楽部は高校生で迫力のある良い演奏をしてたんで余計に少し残念だった、と、言うよりビックリしたのは、なんと演奏終了後に投げ銭を取るという行動。

われわれ大道芸をしているものも似たり寄ったりではありますが、学生がこれをやってイイのか?トモヒロパパとしてはちょっと疑問。中学生だと完全にアウトかな?高校生だとチョイ微妙なライン。実際に紙幣を入れていたのはOBや親御さんなど関係者の方が多かったようですが・・・。活動資金の調達を校外で行うのはどうなの?
本来なら自分たちの演奏の発表の場としての利用だと思うので、そこで高校生からおひねり要求が出てくると、それはちょっと違うかな何て思えました。

さてさて、そんな人様のことはどうでもよいことであり、自分たちスピニングマスターズの活動も方向性をしっかり意識して、いろんなターニングポイントを1つ1つ乗り越えて行かなきゃと思います。一見、水平飛行をしているように見える日々の活動でも、それらを維持していくのは本当に大変で労力の要ることです。

これからいよいよ夏休み。大人はみんな「夏休み」というキーワードがあんまり好きではないと思いますが、(笑)スピニングも嫌いにならないよう頑張りたいと思います。(笑)

 
7月28日 土曜日 三井アウトレットパーク マリンピア神戸 大道芸

3ヶ月ぶりのマリンピア神戸。四国への営業と合わせて神戸&徳島の旅の報告記です。

名古屋方面から神戸へ行くのはどのルートを使っても渋滞は避けられず、正午までには神戸に到着するためには8時前には出発します。それでもギリギリのタイムスケジュールでの行動で、いざ現場に到着するころにはファンの皆さんの方が我々パフォーマーより到着が早いという事態に・・(笑)。

マリンピア到着直前にランチをして、急いで現場に入りました。ジャグラーレオくんと合流し施設内を歩いてみても、2箇所のパフォーマンスポイントは、どちらも日陰がまったくない。

いつもなら午後3時過ぎまでは、よほど曇り空にならない限り大道芸をやることは無いという。スピニングも判断には迷ったのですが、いろんなところから神戸までいらしてくれた皆さんのためにも時間調整なんてするべきではないということ、そして徳島までの移動を考えるとそんなに余裕もない。

お問い合わせへの対応もあるということで、施設側からも「何時くらいから・・・?」と訊ねられており、ま、どちらのパフォーマンスポイントにも日陰が無いのであれば、とりあえず前回経験したところでということで、2時までにはスタートすると施設側にはお伝えしました。

そうは言ってはみたものの、実に強烈な直射日光で全然逃げ場もなく、わずかに海からの風が命綱のようなもの。プレイヤーも裏方も結構必死のパフォーマンスとなった1回目の大道芸。

この状況を乗り切れたのは、応援してくださるファンのかた、8月のイベント現場となる可児夏祭りのスタッフのかたなど、遠くから目指して来ていただいている方々の存在がなければ絶対に無理。大阪、岡山、福山、岐阜などそんなに遠方からなの??と、それを考えるだけでウルルン状態。本当にありがたいことです。

5時くらいから2回目の大道芸。今度はわずかにできた日陰を利用するため、場所を移動。この場所ならお客さんも自分たちも日陰という状態で落ち着いてじっくりできそうです。

それもあって、最後までお付き合いしてくださる皆様への感謝の気持ちを込めて、最近の大道芸現場ではめったにやらないネタを盛り込んでのイベントバージョンでのショーを決行。

変則的なパターンでもあり、多少演技時間は長目にはなりますが、日陰でのショーは安心でした。

本日は舘ひろやの登場はなく、替わりにウルトラセブンのネタやディアボロのロングバージョンなどを披露。

数々の伝説的(?)なネタのオンパレードとなった大道芸でしたが、沢山のお客さんとの一体感があった2回目のショーも無事終了。

後片付けをして車に機材を積み込んで撤収完了。それほど急いでいるわけではないにしろ、徳島県までちょうど100キロくらいでしたが、その間の空腹に耐えられるのか?ヘラペコマスターズとなったメンバー全員で徳島県へ向けて出発!!

改めてファンの皆様のパワフルさや暖かさを知り、その存在のありがたみが心に深く入り込んできた一日だったような気がしました。

 
7月29日 日曜日 スーパーセンターマルナカ 徳島店

28日土曜日の夕方6時ごろ、マリンピア神戸での撤収を完了。今度は徳島県を目指し、明石大橋を走行中。朝早くから行動して、炎天下でのショー2回。そりゃぁ疲れるよね。ちょっと静かになったと思ったらOK!ヒロヤが夢の中へ・・・(笑)

夕食はどうする?などと車内は食べ物の話で盛り上がる。マリンピアでお会いしたマイミクのこまちさんから「徳島ラーメンが美味しい!」との情報。

しかし、ラーメンてどのお店が美味しいとかなかなか外見からは判断しにくいものですよね。ここは一か八かの勝負ですな。こういうのが旅の醍醐味でもある!!

徳島ラーメンは肉そばらしい。実際にチャーシューではなく、バラ肉を炒めたのがドサッと入っていて、ハラペコだったスピニングの胃袋にはジワ〜〜っと染渡る感じで大満足でした。

そしてホテルに到着し汗を流して就寝。

スーパーセンターマルナカ徳島店はホテルから10分くらいでした。3年前、4年前と連続で実施したマルナカツアー。1日で3回のパフォーマンスをするんですが、それが全部別々の店舗。しかも移動距離が50キロくらいあるような時も。そんな強行とも思えるパフォーマンスツアーをしたことも懐かしい思い出です。2日間で6回6店舗というスピニング史上もっともタイトなスケジュールでした。(笑)

今回は1店舗で3回のショーをします。更に嬉しいのはエアコンの効いた涼しい天国のような店内なのです。イエ〜〜イ!!!!!汗をかきながらの大道芸も楽しいけど、たまにはこんなボーナス的な環境でショーができるのもイイね!

エアコンも嬉しい!お客さんも午前中から店内に沢山、ただし・・・スペース的にかなり変わったフィールドなのです。お客さんの通行される通路的なスペースを挟んでパフォーマンススペースとギャラリースペースがあるので、当然ショーをしている時は完全通行止め。それがお店の人たちもスタッフの方々も、そしてお客さんもなんか慣れているような感じ。気になっちゃうのは我々スピニングだけなのか??

3年前にも一度この場所でのショーはした経験もありましたが、その時は1時間しかこの場所に留まっていただけで、ショー終了と同時に撤収&移動で、消え去ってしまったのであまりしっかりとそのあたりのことは記憶にありませんでした。

1回目と2回目の間にお弁当、そして2回目と3回目の間にはアイスクリーム。食ってばっかじゃん!!しかし英知県では見かけないデザインのパッケージ。(左写真に注目)これが美味しかった。ケイコママ絶賛でした!!いかん!徳島県、美味しいものあり過ぎで困ります!(笑)

ショーを開始する時には「誰?あんたら?」とか「なにすんの?」みたいな、チョイ冷たい視線にさらされてのスタートも最初の内だけ。5分で打ち解けるハイスピードなふれあい術であっという間にフレンドリーな関係に。

上の写真のような環境でのパフォーマンスショーなので、なにやらライブ感があったのか、急に何かが始まったという感じなのか、3分で満員御礼、そして通行不能状態。しかも背後にはエスカレーター、右手にはエレベーター。警備員さんにもお手伝いしてもらっての交通整理もけっこう忙しかったけど、3回ともメチャメチャ楽しい時間でした。

5時半ごろに撤収し、スーパーセンターマルナカ徳島店を出発。鳴門インターまでに向かう道は渋滞で有名。裏道を抜けながら高速に乗ったのは6時過ぎ。

これまた、何年か前に神戸のメリケンパークで開催される「ビエンナーレ」の会場で大道芸をしたいたことがありました。その時に食べたブラジリアーノの「シュラスコ」を思い出して行ってみる事に。

そのブラジリアーノのお店があるのがモザイクというショッピングモールで、そこでは大道芸のコンテストをやっているということでしたが、到着したのは終了後の7時半。一生懸命走ったつもりだったが大道芸は見ることができず、仕方ないので夕食だけガッツリ食べてバーベキューを堪能してから名古屋への帰路につきました。

阪神高速って9時過ぎてても渋滞していてビビリましたが、その後は大した障害は無く、深夜12時ごろ名古屋へ到着。名古屋→神戸→淡路島→徳島→神戸→名古屋という、なかなかのハードスケジュールでしたが、メンバー全員が怪我もなく、事故も無く、無事に帰宅できました。

 
8月4日土曜日 & 5日 日曜日 げんきの郷 大道芸

屋外での活動にはメチャメチャ厳しい猛暑の8月。今年はこんな暑い夏になるなんてどこの予報でも言ってなかったよね。本当に体力的にもシンドイ真夏のピークに突入したって実感します。

8月もスケジュールがいっぱいでなかなかタイトな状態ではありますが、活動場所があるということ、お客さんに見ていただけるということ、そしてメンバー全員が健康で動けるということ、その何か1つが欠落しても成り立たないのがこの大道芸という仕事。いろんな意味で多くのことに感謝しなければといつも思います。

夏休みになっているので、どこの現場に行ってもチビッコのための交通整理や、その親御さんに安全のための最低限の注意点だけでもアナウンスをしながらの大道芸。金髪ちょんぼケイタやOK!ヒロヤもそんなに何度も口にしたくは無いようなことでも、その必要性からやるっきゃないという覚悟を決めてMCをしているような常態。

裏方をサポートするトモヒロパパもケイコママも細心の注意で目配りしながらの活動をせねばならず、大道芸を終えるとその1回1回で精神的にもくたくた。(笑)
どんな状況下でも確実な安全性を保つことが要求されます。これもまたいろんな意味で労力を必要とする夏休み中の大道芸活動と言えるのかもしれません。

4日は夕方から豊川でイベント出演があるので、早めの時間単に2回、そして翌日の日曜日は3回。普通のスピニングからすれば、極めて普通の回数なのでありますが、実は現場に居る自分たちからは「かなり頑張ったなぁ、俺たち!」という言葉がついつい漏れてしまうほど気力だけで最後までやりきった2日間でした。

うまくお客さんだけでも日陰で見られるようなセッティングができたから良かったけど、日陰がなかったらヤバかったね。

土日と言えど、かなり厳しい状況なのでいつもと同じやり方では、まともな大道芸の形にすらならないし、やっている我々パフォーマーも集中力がなくなって、ついついダラ〜とした感じが出てしまうのもマズイ!そこでショーの前半のネタの組み合わせを毎回変えて、気分だけでもリフレッシュ!!金髪ちょんぼケイタがボールジャグリングからスタートしたり、舘ひろやが突然出てきたりと変則的な演目構成でお届けしました!

これでもモチベーションを維持していく為の努力も頑張っているつもりで、真夏のシーズンで炎天下では今まで見たこともないようなパターンやネタも飛び出すこともあるかも知れません。

それにしても午後3時や4時になってもまだまだ暑い!!
クーラーボックスにたっぷり用意しておいた氷も2回のショーですべて水に戻り、3回目のショーが終わるころにはぬるま湯と化してしまう、それくらい暑い日でしたが、それゆえにパフォーマーのシルエットもクッキリ!ハッキリ!

と言うことで、ここでシルエットクイズ!

右の写真4枚の「誰が??」と「何をしているシーンか?」がわかりますか?きっとスピニングの大道芸を何度も見ている方なら百発百中でしょうネ?!!

 
8月4日 土曜日 三河御津マリーナ 出光マリンズ納涼祭 

げんきの郷での大道芸は3時までで終了!!あまりの猛暑で全員がアフリカか、ジャマイカあたりの出身のパフォーマーさんですか?と人様にきかれてしまいそうな日焼け。

髪型もチョンボとモヒカンやめて、いっそモジャモジャ頭でレゲエ風を目指して、芸風も変えちゃうかって言うくらいのスピニングメンバーです。(笑)

蒲郡まで東名高速を走ってきました。エアコンの効いたスピニング号の車内でこれからのナイトショーに備えての作戦会議としばしの休憩タイム。

到着したのはヨットハーバー!お〜〜っ何だか夏らしいし、海も見えてロケーションもGOOD!!出迎えてくれたスタッフの皆さんはヨットとか、海とか、セーリングなんていうキーワードが良く似合うナイスガイ!!スピニングもこんな風に日焼けしてイケメンになりたいぜ!!

現場でセッティング中にも、既にかなりテンション上がりましたが、出番はまだまだ暗くなってから。

ヨットのオーナーさんたちのバンド演奏。選曲がトモヒロパパやケイコママにはとっても懐かしいナンバーでした。

イイ雰囲気の演奏を聴きながら時間を過ごし、水平線に夕日が吸い込まれていくころにスピニングの出番。本日はファイヤーショーで、バッチリのシチュエーションとなりました。

暗くなりつつあるヨットハーバー。雰囲気はバッチリ!でもお客さんはどんな感じなんだろう?果たしてバチコ〜〜ンと盛り上がるのかな??まったく想像もできないままステージへ。

イベントとしてのショーなので、いつものように大人と子供の割合を見てから最終的な演目を決定。少し大人寄りの内容にしました。その分、子供たちにはショーが終わってからのバルーンサービスや交流で補うということで、あえて大人向けとしてのショー。
えええ〜〜っ!こんなにノリが良いの??と驚いたのは私たちスピニングの方でした。昨年までやってきたナガシマでの花火後の大道芸ではしばしばこの雰囲気になりましたが、わずか3分で沸騰という感じ。パフォーマーのテンションが上がり過ぎて、声が上ずっているのが感じられるほどでした。

ショーを終わってから「よし!セーリングに出よう!」とお誘いを受けるほど。それほど身近に感じていただけてショーをした私たちも本当に嬉しい時間となりました。

 
8月11日 土曜日 可児夏祭り KANI SUMMER FESTIVAL

お盆休みに入って初日は三井アウトレットパーク滋賀竜王とこちら可児夏祭りのスケジュールでしたが、滋賀県のお天気がかなりヤバそうな状態で、しかも名神高には渋滞まで発生中ということで、早々に滋賀竜王での大道芸スケジュールはキャンセルとなり、おかげで11時ごろまで自宅でゆっくりと準備をして出かけることができました。

可児市役所周辺で行われるビッグなお祭り。しかし、お昼ごろから振り出した雨は大粒で、屋外でのファイヤーショーができるとは思えないくらいの状況。可児市まで向かう道中でランチをしましたが、その時は集中豪雨のような雨に一時は「今日はどうなる?」と不安でした。

案の定、現場に到着してお祭りが開始される1時間前でも時折雨が強くなったりして、屋外で濡れながらの強攻策か、お祭り会場からは少し離れたところの一室で屋内向けのショーを実施するのか、スピニングマスターズのメンバー全員の心が揺れ動いておりました。

自分たちが濡れるだけなら平気。しかし、大道芸を見ている間に大雨になってギャラリーが濡れてしまうのは、これは気の毒。と言うことで、予定の場所ではなく、市役所の正面玄関にある屋根付きの場所でショーをするようにセッティングを開始しました。

しかし、ファイヤーショーは可能ではあるものの、ダイナミックな演技はしにくく、予定されていたメインステージからは離れてしまってちょっともったいない感じ。先日のマリンピアまでわざわざ見に来てくださった担当者の方も、どうしてもメインステージでお客さんには見てもらえたらという思いも強く、それが私たちスピニングマスターズにも伝わってきて、最終的には「濡れながらでも折角ファイヤーをやるのなら・・・」ということで予定通りのステージを行うことに決定!!

わざわざ神戸まで大道芸を見に来てくれた、イコールそれほど熱意のある方なのだ!このことが私たちの気持ちを動かしたと言ってもイイほどで、実際にいろんな細かい準備や予定変更も本当に一生懸命してくださって、この人の気持ちに応えなくてはと次第に熱いモノを感じるようになりました。

イベントとは言えど、所詮は人と人とで進めていくもの。何か「その人の気持ちに応えよう」という思いが大きなモチベーションとなる、我々の仕事というのはそういう部分が沢山あります。

オープニングの踊りと太鼓の後スピニングの出番でしたが、不思議とそのころには雨もやんでしまい、何とか予定通りの演目構成でショーができそうな様子。

上の写真はその時、一回だけの大道芸パフォーマンスの様子です。まだ雨が上がって30分も経っておらず、会場にはお客さんもまばらな状態ではありましたが、本当に沢山のお客さん、スタッフの皆さんにご覧いただけて、「予定変更せず良かった!」と思いました。

ちょっとだけ残念だったのは、雨に濡れて湿った状態のスピーカーがまともな音圧を生むことができず、BGMや音声がしょぼくなってしまったこと。4スピーカーを使用していたので、何とかギリギリ皆さんに聞こえたという感じで、最後までコンディションとの戦いの一日でした。

 
8月12日 日曜日 & 15日 水曜日 げんきの郷 大道芸

8月12日お盆休みに突入!!多くの方々は前日の11日から連休になっていらっしゃると思いますが、何年もこんな暮らしをしていて、毎年同じようなお盆休みを過ごしている私たちにとっては「連休」などというものは無縁のもの。

だからと言って家でノンビリとなんてできるわけもない行動派なのは生まれつきのメンバーたち。こんなお盆休み、夏休みがスピニング流の「夏!」の過ごし方なのかも知れません。

そんわけで、十分に幸せな夏を過ごしておりますスピニングマスターズ。この夏はイベント出演も多く、遠征もとっても楽しみです!前日の可児夏祭りから遅くに帰宅して、翌日は第二のホームグランドとも言うべきアグリタウン「げんきの郷」での大道芸。雨の天気予報でも「現場に居てタイミング良くできればイイね!」などと言っても、まったく降らない雨。ゲリラ豪雨に注意!とテレビでは言ってたけど、そんな様子は微塵も感じませんでした。雨マークが付いているのに雨が降らない今年のお盆休み。どうなるのか??

←左写真は、お客さんから頂いた扇子。ナイスなギャグだぜ!!

数日後の8月15日、お盆休みの真っ只中。忙しくてお墓参りにもいけていないスピニングではありますが、ご先祖様〜!怒らないで待っててねぇ〜〜!

この報告記のページ、OK!ヒロヤの特集のようになっちまってる感じですが、ショーをしている時は全体的な進行をやってるのは弟の金髪ちょんぼケイタ。その合間での濃い目のキャラでシュールな笑いを狙いに行っているのは兄貴のOK!ヒロヤなのです。いろんな写真をご覧いただいていて気付いている方も多いかも知れませんが、アホな顔している写真が多いのはOK!ヒロヤかも。スピニングのパフォーマンスでの「笑い」というソースの分量をコントロールしているようです。ウルトラセブンのネタしかり、舘ひろやしかりでしょうか。

雨の予報で、なのに一滴の雨もない。そして連日のカンカン照り。すれ違うお客さんたちは誰もが口々に「暑いね〜」と・・・。もちろん頑張ってショーをしますが、そりゃぁ、お客さん敵には、こうなるよねぇというシーンがこれ↓↓

まぁ、我々も随分と慣れました。(笑)クソ暑い日は、炎天下に出て大声で叫んでいるアホはスピニングだけ・・・どうやって言ってもこの真一文字に綺麗に整列して見学しているお客さんは変化しません。(笑)はい、もう慣れました。無理に寄せようとは思いません。かえって安全面だけを考えるなら、この状況もアリなのかも。ちびっこが飛び出してくることも無いし・・・。 どちらにしても、こんな暑いところで最後の最後までお付き合いくださってありがとうございました!!

 
8月13日 月曜日 & 14日 火曜日 & 17日 金曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

毎年お盆休み中は「凄い人で身動きが取れないくらい」というイメージがありましたが、今年はそうでもありません。正直なところ、普通の土日と大差無しという印象です。第4期として増設され、文字通り巨大アウトレットモールとして日本一の大きさなので、駐車場からのゲートから大道芸やイベントをしているサザンベルスクエアまではかなりの距離。駐車場はパンパンで満車なのに、お客さんが少なく感じるのは店内が広過ぎて分散しちゃってる影響かな?

年々やりにくくはなっておりますが、大道芸なので自力で集客するしか他に選択肢はありません。スピニングもいろんな手法やネタ、トークはオリジナルで考案し「スピニングマスターズらしい」やり方で、その場の雰囲気を少しずつ組み立てていくようにしております。これをどこまで短時間で成り立たせるかが真夏の大道芸の勝負どころ。

特に真夏の大道芸で気を付けているのは、ダラダラと長いショーにならないこと。これが一番重要だとメンバー全員が認識してます。

←上の写真と比べてみても同じシーンなのに、やっぱりナイトパフォーマンスは炎が大きく見える!!別に噴射用の装置を換えたわけでもなく、燃料を強化したんでもない。お客さんの反応もナイトショーのこの瞬間だけは3倍くらいのどよめきが聞こえてきます。

夏の風物詩でもある打上花火。今年も何日かの大花火大会がナガシマで予定されてます。昨年まではナガシマスパーランドの園内で活動してきて遊園地内でのナイトショーも楽しかったので、それがなくなってしまった今年は少し寂しい気もしますが、片付けや撤収も時間制限内で遣り切らなければならず、それはそれで大変だったのでトモヒロパパの体力的には少々楽に感じます。

現場の様子は多少の差は感じますが、毎回の大道芸での雰囲気は写真のような感じ。ナイトパフォーマンスの時の方が集客少な目ですが、本当に「見たい!」と思ってくれた方だけが集まるのでアットホームながらも盛り上がりはデイライトの大道芸よりも大きくなることも珍しくありません。

スピニングマスターズのメンバーは全員が元気にやっております!!このところ書いているように真夏の屋外大道芸は過酷ではありますが、応援してくださるお客さんやファンの方々も多く、逆に元気をもらったり、その応援に応えようとモチベーションがググッと上がったり、「大道芸を見ました!」とメールを頂きその内容に感激したり、常に感情の渦の中にいる感じで大変だけれど夏は好き。

そんな中で金髪ちょんぼケイタの後頭部あたりに円形脱毛症が発生!!若いうちには誰にでもあり、逆に年取ってからは殆んどない、それが円形脱毛症。それだけ若い時の方が受ける影響とか、感じるものとか、自分の中で考えることの多さとか、脳が目いっぱい活動してるってことなんでしょうね。金髪ちょんぼケイタ本人もメンバーも大笑いしながら「おまえに何のストレスがあるんだ!」とか、「ファイヤーショーで燃えたんちゃう??」などと話してます。

ミクシィの日記ネタにしたりして本人も書いておりましたが、夏休み中のチビッコ安全対策というのが大道芸の前説でやらなければならず、これが一番のストレスになっているのかな??

この7月、8月のスピニングマスターズのストリート現場をご覧いただいた皆様は「なるほど!」と感じる部分があったとおもいます。この「チビッコ安全対策」の一番の目的はショーの最中のパフォーマンスエリア内への飛び出しや迷子、事故、誘拐などチビッコたち自身のため。買い物をゆっくりしたいからとイベントや大道芸を託児所と勘違いしている親御さんも多く、我々としては「親子で一緒に楽しんでくださいね!」というメッセージでもあるのです。そう、正常なモラルの中できちんとご家族、親子でご覧いただけるのなら「チビッコ大歓迎!!」なのです!!だって元々スピニングのショーは「三世代が同時に楽しめる!」というテーマがあるくらいなんだから。

実際に無理やりにでも親御さん、保護者の方にチビッコの横に座ってもらえるよう説明をして、ショーの後半ではむしろチビッコよりもお父さんお母さんの方が盛り上がっているのを見ることになり、そんな状況にはホッとしますが・・・

この説明MCの大部分は金髪ちょんぼケイタの担当なので、他のメンバーに比べて人一倍気遣いをするので、円形ハゲができるのも無理ないかという感じですねぇ。

 
8月18日 土曜日 〜 20日 月曜日 西日本 大道芸の旅

お盆休みも終わり東海地区から離れ今度は「西日本 大道芸の旅」に出発!!
かなりハードな移動になりますがスピニングは全員が張り切っております。前日のジャズドリーム長島での大道芸を終えた18日土曜日。17日の夜中に出発すべきか、それとも朝の出発か迷いました。それは渋滞を気にしての迷いなんですが、お盆明けとはいえ夏休みなので油断は禁物。

結局じっくり家で睡眠を取り朝7時半に出発することに。最初の目的地は三井アウトレットパーク マリンピア神戸。お天気も良さそう、いやいや良過ぎてまたまたお天道様との戦いになるんじゃないかと思っていたら、ショーを開始した直後から曇り空&やや強風という、この時期には嬉しい環境に変化!!風は強かったんで4ディアパスのところで2回もドロップしちゃいましたが、この際暑さとの戦いより、心地よい強風さんと共存してた方がイイよ〜!!

お客さんも見てもらいやすかったようで沢山のお客さんと一緒に盛り上がって楽しい大道芸となり、幸先の良い西日本 大道芸の旅のスタートとなりました。

1回目の大道芸の直後に黒い雲が上空に出現。雨がヤバそうなので、とりあえず一旦撤収。撤収直後にパラパラと降り出してしまった雨。

それならばと気持ちを切り替えて、スピニングに会いに来てくれたお姫様たちとのティータイムでしばしの休憩をということでコーヒーショップへレッツゴ〜!!現場にいると何かとやることが多く、日ごろは交流をしたくてもできないので、良いチャンスとなった雨でした。

そんなのんびりとした時間を過ごしつつ、現場に一緒に入ったジャグラーレオくんのショーを見てから神戸を出発。明石で温泉にだけ入り、ファミレスで大急ぎの夕食を済ませたら、あとはひたすら九州を目指すのみ。最近ではめったに無かったスピニング号の車中泊。現在のスピニング号は荷物を満載していても縦に3列のシートがあるので2人は真横になって睡眠できるので意外と快適なんです。

名古屋を出発して神戸を経て大分県佐伯市まで、約1000キロのロングディスタンス。昔は三日三晩ほとんど寝ずにラリーをしていたころの感じが蘇ってきました。

何年も連続で参加していたニュージーランドでのラリーが3日間で約2000キロ。それとほぼ同じでこの旅の計画をしたときにはケイコママも随分心配してくれていましたが、トモヒロパパには確実な自信がありました。また、無事にメンバーや機材、道具を現場に送り届けるのはトモヒロパパの責任なので、120パーセント確実で安全なドライビングへ目的地を目指しました。

薄っすらと空が明るくなりつつあるころ、下関から関門橋を渡り九州上陸。更に南下し大分県に入ったのは6時半ごろのこと。

7時半ごろには佐伯市の現場近くに到着し、8時半ごろまでモーニングをしたりしながら現場周辺を観察していましたが、人口が少ないのか、ほとんど人を見かけませんし、走行中の車も時々すれ違うくらいで、メチャメチャ静かな街という印象です。予定通り9時にはスタッフの皆さんと合流し、この日1回目のショーをする トキワインダストリー佐伯店の現場でセッティング開始!!

お盆明だし、そんな静かな街なのでお客さんも大人しいイメージを勝手に持っていましたが、それは我々の間違いでした。90名〜100名くらいのお客さんで少なめの集客ではありましたが、集まってくれた皆様は本当に暖かく迎えてくれているような印象で、ショーもアットホームな雰囲気の中で最初から最後までお見せすることができました。

この街に1000キロ離れたところからやって来て、わずか1〜2時間しか滞在していないスピニングマスターズのことを、笑顔で手を振ってくれたり、暖かい言葉をかけてくれたり、なんだか心が通って、この現場を離れるころにはそこには親しみがありました。

さて、2件目の現場は60キロほど離れたところになり、機材と道具などを撤収しスピニング号で移動。移動中の社内では次の現場でのショーを進め方など細かいチェックをしながら家族会議。次の場所ではファイヤーショーの予定です。

夏の大道芸では、いつも食欲がなくなり、昼食はパンをかじって終了というのが常。しかし店内イベントの時は涼しくエアコンの効いているところでショーができたおかげで、ランチに用意してもらったお弁当も涼しい控え室で美味しく頂きました。

スタッフの方の話ではショータイムの4時ごろに上空には雨雲がやってくるという情報。万一を考えて最初から雨に濡れないルーフのあるところにセッティングするのか、予定通りの場所でやるのか、協議をしながら随分迷いました。結局は予定の場所ですることに・・・。

ショーをする場所は横長のステージがありましたが、スピニングの「炎の大道芸 じょんがら」ではスペース的に不足だったので今回もステージ前の下ですることに。それにしても暑い!わかってはいても自分自身を含めて「大丈夫なのか?」と思えるほどの直射日光が容赦なく背中をジリジリと照らしていました。スピニングマスターズのパフォーマンス中の猛暑ベスト1は??今年一番の暑さは「福山港で行われた海フェスタ」で、2番目が今回の明野アクロスタウンです!

4時近くなり少しは暑さもやわらぐかとの期待は見事に打ち砕かれ、体感的にはまったく変化なし!スタッフの方が気遣って用意してくれた氷がハンパない量でビックリしました。

順調にスタートした本日2回目のショー。途中では氷水でタオルを冷やしクールダウン。これが本当に助かりました。

部分的に出来上がった日陰や遠くの二階テラスには大勢のお客さんが見てくれており、大道芸の雰囲気を優先すれば、できれば寄せたいところを、通路確保だけお願いをし、いつものように「近くまで来て・・・ご覧ください」というようなお願いはあえてしないようにしました。お客さん自身のの判断で、一番見やすいところから見ていただいてるだけで十分。

ただ、正面の客席にいらしたお客さんは、パフォーマーの頭上より高く上がる演目にはほとんど反応なし。他の演技では拍手も歓声も頂けているのに、高く上がるディアボロ、ヘルメットからの火炎噴射などなど、スピニングのパフォーマンスではイイ所だと思えるところは両端のお客さんだけ盛り上がっていました。(笑)これは仕方のないことなのですが、写真からどうしてそうなったのか考えてみてください。

1件目の佐伯店と同様に明野アクロスタウン店でも本当に沢山のお客さんが握手をしに来てくれました。スピニングマスターズも精一杯頑張ったショーを見ていただけて良かったと思います。九州大分でのイベント出演も無事に終了し、宿泊ポイントの福山を目指します!ホテルのチェックインが深夜12時までとなっており急がねば!!ベットの上で寝れなくなってしまう・・・・。

大分から福山までの450キロは渋滞もなく快調に走破しました。途中で超こってりの九州ラーメンだけ急いで食べましたが、それ以外では立ち止まることもない急ぎ旅で九州を出てしまいました。

福山大道芸でお馴染みのホテルでゆっくり休息が取れ、翌朝9時に再スタート。次の大道芸ポイントの三井アウトレットパーク滋賀竜王に向け出発!!

午後2時、今回の「西日本 大道芸の旅」の最終予定ポイント 三井アウトレットパーク滋賀竜王に到着。

やっぱりやり慣れた場所だという安心感もあるし、ショーを自分たちのペースで進めやすい。そして今回の「西日本 大道芸の旅」でもファンの方に応援いただき、多くの場面で助けられました。本当に全会場で居てくださって心強い限りでした。

マリンピア神戸では二回目の大道芸ができたとすれば予定していた演目構成でのショーを実施。普段はこの場所では登場する機会がない舘ひろやや金髪ちょんぼケイタのボールジャグリングが登場となりました。(そんな大そうなことじゃぁありませんが(笑))

こうして最終現場でも盛り上がり1泊3日のスケジュールで往復2000キロの移動距離で行った「西日本 大道芸の旅」と題したツアーは私たちスピニングマスターズにも良い思いでガ沢山でき、大満足のツアーとなりました。

見に来てくれた方も偶然見かけた方も本当にありがとうございました!!

 

Page01

Page02

Page03

Page04 Page05

Page06

Page07

Page08

Page09 Page10
このホームページの作動確認は以下の環境で行っております。OS:Windows XP / ブラウザ:Internet Explorer ver8 1024ピクセル以上推奨 / プラグイン:Flash Player必要
このホームページの著作権はスピングマスターズ事務局オフィス・マムが所有しております。無断で画像・動画・文書等、データの転写、使用を禁じます。
スピニングマスターズのホームページへのリンクは自由に行ってください。ただしリンクをしたことによって起こるいかなるトラブルにも責任を負いかねます。