<<<< スピニングマスターズ イベント報告記 2012年 Page07 >>>>

Page01

Page02

Page03

Page04 Page05

Page06

Page07

Page08

Page09 Page10
 
9月14日 金曜日 旭化成オータムフェスタ2012

昔から企業イベントや企業主催のフェスティバルには何かと縁が深いスピニングマスターズ。

今回は旭化成さんのオータムフェスタ2012に出演しました。会場は社内敷地内のグランドとなっており、あまりに広過ぎて、細かいネタは禁物なのはもちろん、はたして豪快にまわすファイヤーショーも会場内すべての人を巻き込めるのか、こうした大きな会場でのパフォーマンス時には毎回心配で、実は大道芸パフォーマーにとって大きなステージと遠く離れた客席は悩みのタネなのであります。

もう一つは音響関係。スピニングのショーはその殆んどが音に合わせてタイミングを取っています。パフォーマーも裏方も目で合図すらできないため音がモニタリングできないと全部の動きがバラバラになってしまいます。

スピニングも自前の装備はありましたが、これだけの広さをカバーできるだけの容量ではありません。したがって音響のプロスタッフと連携し、ステージに設置されたPAへの接続をしてもらうことにしました。

実はこうした大きなPAに接続してもらうことは、バンド演奏などのライブサウンドに照準を合わせてセッティングしているからなのでしょうか、大道芸向きではないことは確かなことで、事前に打ち合わせをしたとおりの音量、音質にならないことの方が多く、今回もリハで確認した時はパンチのある良い音だと感じてたのですが、本番ではボヤ〜〜ンとした小さな音。ココ一番と言うときの迫力がなく、何となくパフォーマーもやり難そうでした。

スピニングのように音を基準に動きやネタの繰り出すタイミングなどがあらかじめ決まっているパフォーマーとしては何かと不便なのです。その一方でステージ周辺に集まっていただいたギャラリーの皆さんは盛り上がっており、私たちスピニングマスターズの心配とはまったく関係なく楽しんでくれているようでした。

ショーは細かいネタを省きファイヤーショーを重視した構成。今にも雨が降り出しそうな真っ黒な夜空に炎が目立っておりました。

この日の天気予報は時々雨ということでした。名古屋を出るときには「大丈夫かな?外でファイヤーショーができるかな?」とメンバー同士では話しておりましたが、無事に外での開催ができて本当に良かったです。
いつものようにクスダマを割ってのエンディングをしてパフォーマンス終了と同時に雨がポツポツと・・・。本当にギリギリセーフという感じでした。

その後は綺麗な打ち上げ花火があって、オータムフェスタ2012が幕を閉じました。とっても涼しくて、ちょっと秋を感じることができたイベントでした。ありがとうございました!!

 
9月16日 日曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

夏も終わりに近づきつつあり、こんなナイトパフォーマンスをすることもめっきり少なくなりました。夕方5時くらいまではメチャメチャ暑かったのに日が暮れると随分と涼しく感じられるようになり、パフォーマーも動きやすいようでした。黄昏時の真っ青な夜空にファイヤーショーの炎がきれいに映えておりました。

ナガシマスパーランドの大花火大会がこの日もあって、夕方から長島周辺は物凄い大渋滞。撤収して帰るのにも、長島から出るのに一苦労という状態。しかしそんなことですら懐かしく思える今年の夏の一日でした。

 
9月22日 土曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

この日は1回のみに限定しての大道芸。吹奏楽のライブがあってスピニングの2回目の大道芸ができるとすると午後7時過ぎ。さらに、翌日は熊野町まで早朝から出かける予定となっているのでいつもは超ポジティブなスピニングも「今日はこれまで!」と1回目のショーが終わったらサクサクと撤収。

この時の1回限定の大道芸。タイミングが良かったのか、それとも気候的に丁度良かったのか、沢山のお客さんに集まっていただけ、そして自分たちもいつもと同じテンションで頑張っていただけなのですが、急激に一体感ができて一気に盛り上がっていきました。実は自分たちでも「え?・・・」と言うくらい戸惑うような、まるで激流に飲み込まれていったという感じの大道芸となりました。

 
9月23日 日曜日 三重県熊野町 「水害から一年、市民に笑顔を!」大道芸

誰もがそうなのか、私たちスピニングマスターズも行ったことのないところへ行くのはワクワクするものです。大道芸の世界ではなおさらで、期待感、出会い、共感、そして不安。そんな感情が交差して現場を目指すのですが、この時期は特にお天気の心配が一番かな・・・、台風も来ると天気の状態が読めないのでいつも空を見ていなければなりません。

23日日曜日の早朝、名古屋を出発。距離的には200kmチョイというカーナビのインフォメーションでしたが、所要時間はたっぷり4時間。これが意味するものは、一般道の移動距離が長いということ、そしてその殆んどが山岳路であることなのです。

どんなところで、どんな人たちとの出会いの中で、果たしてスピニングマスターズの芸を受け入れて楽しんでくれるのか??いろんな事を考えながらワインディングロードをひた走り現場を目指しました。

本音を言うと、実はこのイベントの趣旨というか、企画意図をよく理解しないまま依頼をお受けしました。正直、現場に到着するまでは「一体我々は、どこで、何をすれば・・・」というような、ちょっと理解し切れていないまま行動をしておりました。

現場に到着し依頼者の方とお会いし、昼食をご馳走になりながらいろいろお話をさせてもらいました。そういう時間の中から少しずつ見えてくる依頼者の思いとか期待が入ってきて、ようやくではありましたが「なるほど!!」という気持ちに到達できました。

前にも一度お問い合わせいただいたことがありました。その時はこの地方を襲った局地的な集中豪雨でそれはそれは ひどい水害を被ってしまいました。もちろんイベントなどもすべて中止。それから熊野市は現在までに復興され、「市民に笑顔を!」という想いが込められたイベントとしての実施だったのです。

当初はこのイベント実施について、あまり多くを知らされない状態でしたので、この日一番の心配のタネは「見てくれる人がいるのか???」でした。準備をしていても殆んど通行人を見かけることはありません。この現場に到着し準備を完了しても見かけた住民の方は両手の指で数えられるほど・・・スピニングの不安は増大でした!(笑)

そして運命のショータイム20分前。いつものようにBGMを出し、金髪ちょんぼケイタが第一声を発射し呼込み開始・・・うう〜〜、大丈夫か??・・5分経過・・・。
ショータイム10分前、状況は一気に好転。あれよあれよという間に会場にはいっぱいの人。音響操作をしていて、失礼ながら本気で「この人たち、一体どこから?」と思ってしまったトモヒロパパでした。

朝、来る時には雨模様でしたが天気も回復し、エンディングのファイヤーショーも盛り上がり、続いてディアボロ体験教室も実施しました。この時は暑いくらい。本当に天気になってよかった!

1回目のショーは2時から、そして2回目は6時半からのナイトパフォーマンス。しばらく時間があるので、のんびりと思い思いの休憩時間を過ごしました。5時ごろから照明のセッティングを開始して30分くらいで完了。その後は少し準備運動を兼ねて軽く調整や練習をしていると、通行人から声をかけられました。それもかなりの確率で殆んどの人が何らかの声をかけていってくれます。1回目のショーやディアボロ体験を通じて、地元の方々に身近に感じてもらえるようになって本当に良かった!!

それにしても、つい先日まで強烈な陽射しの中でTシャツが絞れるくらいの汗をかきながらショーをしていたのに、この場所のこの時間、もう半袖では過ごせないくらい涼しいのです。大道芸パフォーマーも気温の上下に順応するのも大変であります。(笑)

さて、いよいよナイトパフォーマンスです!!

主催者のかたの告知やPRもあって、6時ごろからボチボチと来場いただけ、早めに来て頂けたお客さんと少しコミュニケーションをしたり、1回目とはショーの内容を変えてお届けするための最終確認をしたりしながらショー開始時間を待ちます。予断でありますが、メンバーがちょっと気にしていたのが、舘ひろやをやってウケるのか???でしたが、その20分後には拍手喝采で一安心。

夕方から遊歩道になっており安心ですが、道路にはみ出してしまうほどのお客さんに集まってもらえてファイヤーショースタート!!これまた失礼な話ではありますが、周囲にネオンなどの光が無いので、炎がやたらと目立っており、お客さんの歓声も一際大きく聞こえておりました。

最後に、大きなぬいぐるみをかけてのじゃんけん大会でのMCをしてお役目完了!!

主催者のかたが買ってくれた「たこやき」を食べながら名古屋までの200kmにスタートしました。夜は道がすいていることに助けられましたが、それでも3時間半の内、半分の道のりはアドベンチャー的なルート。

帰りの車中では全員が「いい仕事ができた!!」と満足感でいっぱいでした。

熊野のみなさま、ありがとうございました!!

地域イベント、自治体行事、企業イベント等で人気!
スピニングマスターズのディアボロ体験教室はパフォーマンスショーと合わせてご依頼ください!
お問い合わせ、ご依頼 は事務局オフィスマムのケイコママまで!※こちらからご連絡ください
 
9月29日 土曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

土曜日の12時。運動会のシーズンでもあり、いろんな行事があふれかえっているこの時期、まだまだお客さんもそれほど多くもなく、テンションも上がりきっていない状態。そんな中を1回目のショーをするため準備開始。午前中も夕方も秋らしい空気が漂うようになり、大道芸も好調です。

スピニングの大道芸ではいろんなパターンの前座ネタが存在しますが、この日は2組パフォーマーの体制だったので、前座のネタも含めてできるだけ短いショーでお届けしました。そう言えばまもなくこの前座部分にもうひとネタ登場する予定であります。

今年のお正月にメンバー全員で決めた「スピニングのショーに一芸を追加する!」という目標がありました。まだオープンにするにはもう少し練習時間も必要。この秋からイベントでも大道芸でも披露できる芸をもうひとネタ追加できるように全員で日夜頑張っております。11月くらいから少しずつお披露目していけると思いますので乞うご期待!!

3回目のショーは完全に暗くなってからのスタートとなりました。

台風の接近で夜は雨になるという予報で、さらにテンポアップしてのショーを展開。集客にこだわるよりは、早めに集まってくれたお客さんに十分楽しんでもらえるような、そんな気持ちを込めて全力で頑張りました!

いつも応援してくれているひなちゃん、りくくんのファミリーが遊びに来てくれて、ナイトショーが終わってからインタビューがありました!なんでも、いろんなお仕事について調べる学校の宿題だそうで、ひなちゃんは「大道芸」というお仕事を調査。メンバー一人ひとりに「どんなことが大変ですか?」などなど、かわいらしい質問をしながら回っていました。この宿題が、どんな風に完成したのか、ちょっと気になるスピニングでした。

街ではこの秋も沢山のイベントがあります。スピニングもお祭りに出演したり、店内イベントでのショーをしたり一生懸命頑張りたいと思います。

 
10月3日 水曜日 三井アウトレットパーク滋賀竜王 大道芸

片道100キロちょい、その殆んどが高速移動とはいえ滋賀県まで出かけるのも大変なのでありますが、9月に突入してからは良い感じの雰囲気で、芸の方も絶好調!!

滋賀竜王は屋外のようで実は屋内というちょっと変わったデザインの建物で、雨風を気にしながらやらなければならない場所。本当に夏休み中は、気を使わなければならないことだらけで神経をすり減らしながらの活動でしたが、急なゲリラ豪雨や、お買い物ママに置いていかれる放置キッズなどからも少しずつ開放されてやれやれという感じ。

この日はのびのびとした感じでとても良いショーができました。

さて、スピニングマスターズのミクシィ・コミュニティーがもうすぐ1800名の参加者数に達しようという状況。最近はフェイスブックとかツイッターなど、他にもいっぱいソーシャルネットワークがあり、いったいどれをすればいいの?というのもあるんですが、そんなスピニングは現在に至るまでミクシィ一筋!!数年前に83金さんがコミュニティーを立ててくれて以来、順調に参加者も増え、イベントの告知、ファンのみなさまとの交流など、十二分に生かされてきておりました。そこで・・・

この度、ミクシィ「スピングマスターズコミュニティー」の1800名参加を記念して、ささやかながら記念グッズを製作中。現在のスピニングマスターズの芸風に合わせて「これがイイ!!」とメンバー全員で家族会議を開き決定したもの。オリジナルでカンバッチを作ったり、ステッカーを作るなど、オリジナルグッズを作ることにかけては、その「はしり」でもあったスピニング。今回も他ではあまり見かけないというか、かぶらないようなもので身近に長く使っていただけるような縁起モノにしました。昔から自画自賛、そしてナルシスト的なキャラ満載のスピニングメンバーの言うことなので、本当にそうかは知りませんが「これは!絶対に気に入ってもらえるぞ!!」と全員が勝手に思っております。(笑)

限定100個!! 今回のみの完全オリジナルグッズ!!製作は業者に発注したばかりで1800名到達に間に合うかどうかはわかりません!(笑)11月の突入したあたりから配布予定ですが、その詳細はミクシィコミュニティーでナルシストの第一人者でもある OK!ヒロヤ から発表されます。ちょっとだけお待ちくださいネ!

 
10月6日 土曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

このところ好調のジャズドリーム長島です。秋のさわやかな風に吹かれての大道芸活動をしてきました。時折どんよりとする曇り空ですが、さすがに雨予報でもなく、接近中の台風もなく、久しぶりに芸に完全集中できました。

2〜3年前までは毎日のように大道芸が終われば家族会議。そして芸の調整やネタ作りなどやってきましたが、最近は1〜2週間に一度くらい。必要な時に効率良く話し合いをしております。それだけ現在の芸は安定している状態で、そういう時だからこそ、「今の内に・・」と、やらねばならないことも多々あります。もちろん新芸のこともそうですが、それだけではありません。

最近スピニングマスターズの装備で壊れるものが多く、機材や道具にも肉体と同様に夏の披露が蓄積されているのでしょうか、スピーカーが壊れて音が出なくなったりして修理やら部品交換の作業に追われているトモヒロパパです。

1回目のショーはいろいろあって2時過ぎ。この時は現状の標準的な構成で大道芸をお届けしましたが、2回目は4時半過ぎ。このごろではもう5時くらいからはだんだん薄暗くなってきます。6時なんて完全に真っ暗になるため、微妙なタイミングではありましたが、大事をとって照明機材をセッティングしてからのショータイム。

前座でバルーンのモデリングをしていると時間ももったいないし、薄暗くなってくるこの時間帯は良く見えないような状態になるので、バルーンからスタートするのはやめて、久しぶりにこの場所で舘ひろやさんのナイトバージョンが登場。久しぶりなので「大丈夫か?」と心配しましたが、何故かこの日一番の大ウケだったのが舘ひろやのコンタクトジャグリングだったのです。

翌日は朝早めなので、2回で打ち止め終了!!さぁ、明日は毎年の恒例行事参加だぁ!!

 
10月7日 日曜日 千種区民まつり

6年目と記憶しております。移動中のスピニング号の中で話題になっておりましたが、正直メンバー全員が定かではありませんでした。(笑)

名古屋市千種区にある平和公園。そこが千種区民まつりの会場となり毎年大勢の人で賑わいます。会場が公園なので、開場してしまうと搬入車両が通行できなくなるため、スピニングも毎年かなり早めに来ており、毎年同じ時間帯の会場内を見てきましたが、今年は3連休なか日だからなのか、来場者の出足が遅く、例年に比べると人が少なく感じました。

そんな中、こちらも例年だと11時ごろに1回目のショーなのですが、今年は何故か10時からという過酷な条件。(笑)ただでさえ早い時間のファイヤーショーはスピニングメンバーの人体的に言って、ちょっと・・・・。(笑)そして更に準備時間が1時間短縮して、これまた大変!!芝生広場でパフォーマンススペースをセッティングするのも意外と大変なのであります。

↑まったく大道芸には関係の無い話題でありますが、上の写真のフクロウ君は移動動物園の人気者で木の切り株に紐で縛り付けられておりました。この写真の状態、実は後からケイコママが撮影したのですが、顔だけはしっかりカメラ目線。しかも芸人も驚くほどの目力なのです。↑こいつです。

さて、大道芸の話題に戻ります。前日の夜、名古屋は結構ドチャ〜っと雨が降っていて、その雨をタップリ含んだ芝生を、急に登場した太陽がカンカン照り。昨日までは気温も秋らしくイイ感じだったのに、今日はムシ暑くて、それは想定外の出来事でちょっとキツかったと言うのが感想です。

それでもう一つのキツイお話。スピニングのたまにイベントではあるのですが、10時からのファイヤーショーは正直きついのであります。1回目のショーは調子が出るまでにちょっと時間がかかりましたが、予想以上に沢山のお客さんにも集まってもらえて無事終了!!

2回目は100メートルほど離れた別のポイントへ移動するので準備だけしてからランチタイム。

2回目の大道芸はメインステージの真ん前のスペース。主催者から依頼されたのですが、実は6年目にして初。スピニング的にはなんのために移動したのかよく意図がわからないくらいの微妙な場所変更でしたが、ま、これは主催者からの「お願い」だったのでそのように再セッティングしました。その目の前で始まった盆踊り。そしてすぐ横のメインステージではクイズ大会。進行は20分押しでしたが、その間の退屈な時間を有効利用させてもらい、OK!ヒロヤも金髪ちょんぼケイタもそれぞれに無音の中でのネタ披露でお客さんとの一体感を作り上げておりました。

その影響もあってショーはスタート直後からヒートアップ!!大爆発!!しかし中盤からは、盛り上がっているのは大人のお客さんばかり。

それもそのはず。この日のメインステージではスピニングの大道芸の直後の時間に「ウルトラ7ショー」が行われており、さすがにスピニングも子供向けのネタを組み込むとなると、OK!ヒロヤのダイス「ウルトラ7」のネタがあり、これをキャラショーの前にやる勇気はさすがになくて、ちょっとチビッコたちはショーの中で置き去りになってしまった感じがありました。これからはキャラショーと現場が一緒になるときは要注意だね!

ファイヤーショーに突入してからはいつもどおりのイイ雰囲気で最後のエンディングまで進行できました。天気にも恵まれて、気持ちの良い一日を緑豊かな公園で過ごせたスピニングでした。

明日は福井県の武生「菊まつり」の会場で大道芸。初めての現場でとっても楽しみ!!

 
10月8日 月曜日 福井県越前市 たけふ菊人形まつり

三連休のラストは福井県越前市。武生インターから15分くらいのところで開催中の「たけふ菊人形まつり」で大道芸をさせていただきました。

朝9時くらいまでには現場の近くに居たかったので自宅を6時に出発!!すでに朝早くが寒い!!こんなところでも「やっと秋がきたか・・」と感じます。メンバー全員がウインドブレーカーやらダウンジャケツトやらを引っ張り出して着てました。(笑)

名古屋から2時間半というカーナビのインフォメーションでしたので、途中朝ごはんしたり、休憩してたりで9時ジャストに会場到着。

菊人形まつり会場のスタッフのみなさんが親切で、「こちらでお願いします」と大道芸の場所まで案内していただきました。広くて足場もしっかりしていてショーをするにはベストなフィールドにヤル気満々。

11時過ぎには1回目のショーを開始しました。右の写真、金髪ちょんぼケイタとOK!ヒロヤの間からバッチリ写っているお二人。実はこの現場をお世話いただいたお友達の大道芸人ひろとさん。前日まで同じ現場で大道芸をしていたんですが、今日はわざわざ一日時間を割いてスピニングに付き合っていただけると会場まで来てくれました。そしてこの真剣な眼差し!!(笑)

ショーをする前の準備中は、「お客さんも多くなりそうだけど、見てくれるかな?」なんて思っておりましたが、いざスタートしてみたらスピニングメンバーの心の準備ができていないくらい、あっという間にイイ雰囲気。お客さんも新鮮だったのかな?いやいや、スピニングの方がこの感覚、メチャメチャ新鮮だ!

その後もランチの後、2時半ごろに2回目。そして4時ちょっと前からの3回目と頑張りました。

3回目のショーは、スピニングの遊び心から少しだけショーの内容を変えて実施。どうかな?ウケるかな?などと言いながら手探りのようにショーをしておりましたが、舘ひろやも越前市民のみなさまに無事受け入れられて、やって良かった〜!とヒロヤも喜んでおりました。

会場スタッフの皆さんも通りすがりには必ず声をかけていただけるほど暖かく、撤収後に「これ、食べてって」と出していただいた梨を全部おいしくいただいて、そしてご挨拶をして車に荷物を積み込んで会場出発。ひろと夫妻と一緒に夕食を求めて福井市内をウロウロと漂いました。そしてたどり着いたお店がポツンと1軒。もう二度と行けないくらいのところにご飯屋さんを見つけて無事夕食もでき、名古屋まで帰ってきました。

さて、ミクシィコミュニティーが1800になったり、1799になったりを繰り返しておりますが、もういっぺんは1800名に到達したんだからイイじゃん!!と言うことで、1800記念プレゼントのお知らせ↓↓

 
10月13日 土曜日 エアポートウォーク名古屋

ゴールデンウィークの時に出演させていただいてから、早くも2回目の出演となりましたエアポートウォーク。前回の報告記でも書きましたとおり、ここは元々 名古屋国際空港として使用されていた建物なのでいたるところにその痕跡が残っております。ホント懐かしい。

さてさて、夏の大道芸活動で消耗した道具やら機材のメンテナンスなどもほぼ完了。いざと言うときの為にスペアパーツなどもチェック。これで一安心です。装備も信頼性が増し、このところ絶好調のスピニング。今日も変なミスがないように開店前の現場でせっせとウォーミングアップもしました。

今日も大道芸スタイルでのショーなのでやり易いと思っておりました。イメージでゴールデンウィークのときの店内だったので、今回は午前中の店内が意外とお客さん少な目で、ショータイムの30分前でも少し不安を感じるくらいの状況でした。

いつもいつも、取り越し苦労なんでしょうか、別に変な気取った感じは無いのですが、いざショーをスタートするとお客さんが集まっていただけて、それにともなって雰囲気も急激に良くなって、パフォーマーの私たちもモチベーションがググッとアップ。

ある程度の自由度はあるものの、イベントなので30分という限られた時間の中で笑い、感動、驚き、一体感などなどいろんな空気を1つ1つ積み木を重ねていくように作り上げていきます。1回目のショーはいつもの大道芸でやってる標準的な構成の方が自分たちも「間」を取りやすいということで大きな変化は無く、ショーをお届けしました。

ランチを挟んで、2回目のショーはもう少しキッズにも楽しんでもらえるような構成に変更。

実はこのイベントスペースはゲームコーナーの真横にあり、その巨大なゲームコーナーの一角にはウルトラマンだけのコーナーがあります。左の写真にも写っておりますが、巨大なウルトラマンが私たちスピニングマスターズのショーをまるで見ているかのようなポジションになっており、だからというわけではなかったのですが、2回目のショーの最初のネタはOK!ヒロヤのダイスネタで「ウルトラセブン」の登場!!

まだなんにもツカミもしていないお客さんの前でいきなり濃いキャラのネタは普段はあまりやらないのですが、本日初の試みとしてやってみました。

会場は大盛り上がりでウルトラセブンは強し!!やっぱり子供たちにも大人気です。

遠くから見に来てくれたり、古い友達のご家族が見に来てくれたり、いろんな方々に囲まれてスピニングマスターズは本当に幸せモノです。普段の大道芸でも感じますが、今日のようなシチュエーションの現場などではなおさら感じます。

スピニングのショーが好きという方もメチャメチャ嬉しい!!だけど、スピニングのことが好きと思ってくれている皆様がいてくれ、そういう皆様の期待やパフォーマーへの思いなどを感じることができるから、私たちスピニングマスターズも毎回のショーを全力投球で頑張ることができるのです。

ショーの中でのコミュニケーションだの、関係作りだのと、むかしから生意気なことを言ってきましたが、結局はパフォーマーもお客さんも人間。最近は特にそのことを強く感じます。意味不明なコメントを書いてしまって申し訳ないのですが、ようやく少しこの道が理解できたように思います。まだまだ芸の道を究めたわけではありませんが、発展途上のパフォーマーでも少しわかるようになってきました。

 

Page01

Page02

Page03

Page04 Page05

Page06

Page07

Page08

Page09 Page10
このホームページの作動確認は以下の環境で行っております。OS:Windows XP / ブラウザ:Internet Explorer ver8 1024ピクセル以上推奨 / プラグイン:Flash Player必要
このホームページの著作権はスピングマスターズ事務局オフィス・マムが所有しております。無断で画像・動画・文書等、データの転写、使用を禁じます。
スピニングマスターズのホームページへのリンクは自由に行ってください。ただしリンクをしたことによって起こるいかなるトラブルにも責任を負いかねます。