<<<< スピニングマスターズ 大道芸・イベント報告記 2013年 Page08 >>>>
 
7月20日 土曜日 大府 アグリタウンげんきの郷 & 大道芸 夏まつり早田ふるさとフェア

今日はナイトパフォーマンスの別件があるので午後2時ごろまで大府アグリタウンげんきの郷で大道芸させていただきました。

ちょっと風が強めかな?って思いましたが、無風の炎天下よりはずうっと良くて、4ディアで苦戦するくらいの代償を払って涼しくなるんだったらなんぼでも頑張るぜ!!って感じでした。(笑)そんなこと言ってるもんだから4ディアでドロップ!OK!ヒロヤが転がるディアボロを追いかけておりました。

最近は水分不足が怖い!フェイヤーショーの前後にはリアルに水分補給をする金髪ちょんぼケイタ。ペットボトル1本でも足りないくらいなので、一気に飲み干せば何故かお客様から拍手が。

さすがに11時半ごろからスタートした1回目のショーは前半で集客少な目ではありましたが、イイ感じの盛り上がりに到達できました。ササッとランチにパンだけかじって13時から2回目のショーをチャレンジ。

実はこの1週間ほど津軽三味線の生演奏をしておりません。前々回くらいのこのげんきの郷で気温38度を超える猛暑の中で演奏していた時のことです。三味線の太鼓部分の皮が暑さのために接着剤が溶けてベリベリと剥がれてしまい、三味線屋さんに修理に出しておりました。こんな泣き言をホームページで言っていてはいけないのでありますが、三味線の皮張替はめっさ高額。2本ともアウトだったんでウン万円が空の彼方へ飛んでいきました!(笑)

それ以来、炎天下での演奏はひかえ中。

右の写真は先日のジャズドリーム長島でステージをご一緒していたキッズダンスの方が見に来てくださって差し入れにパイを沢山焼いてきてくれました!

この日の岐阜市で行われたナイトパフォーマンス終了後に一直線に自宅に帰り美味しくいただきました。特にトモヒロパパはアップルパイマニアと言っていいくらいの大好物でめっちゃハッピーな夜のティータイムでした。

本当に心のこもった差し入れ、ありがとうございました!

げんきの郷を終了して知多半島道路から名古屋高速を経て一路岐阜市へ。金華山の近くにある津島神社を目指してスピニング号を走らせます。

しばらくはメンバーもワイワイとおしゃべりしてましたが、エアコンが効いてきて涼しくなってきたところで1人が睡魔に襲われ、さらに2人目が・・・。運転手のトモヒロパパはひたすらドライビング。そんな運転中に岐阜市に入ると、もう10年以上も前になりますが、よく岐阜方面の児童館や子供会さんのイベントに来てパフォーマンスをしていたころを思い出しました。鶯谷トンネルというちょっと怖めの細いトンネルがあるんですが、何回往復したことでしょう。いや〜懐かしい!!!

と、車の外を流れる景色が懐かしいと思っているうちに現場到着。津島神社と早田公園で行われる夏祭りに出演します!

ジャズドリーム長島では度々遅い時間にはパフォーマンスした経験もありますが、周囲には明かりが沢山あるのでナイトショーはやりやすい方なんですが、今夜のような本格的なナイトショーでは照明機材や、LEDアイテムなど準備も大変。

本格的な真夏のナイトパフォーマンスは今年初だったかな?装備の組み立てやパフォーマーの「慣れ」という点でもいろいろ調整も必要でした。

30分間のショーの中で一瞬にして完全燃焼しきるためにスタッフもパフォーマーも全員が慎重に準備をして、本番中は全力を出し切ることだけに集中します。この30分間の集中力というのは自分たちが言うものおかしいけど物凄いコンセントレーションだと思います。

こうして自分たちスピニングマスターズとしてのポテンシャルを発揮するための用意がすべて整って、そしてその瞬間がやってきます。

大道芸本番をスタートする前のセッティング時から人垣ができ、もうこれ以上はという満員御礼の状態でした!

お客さんの一体感というのも強烈で「みんなで楽しもうぜ!」という感じがビシビシと伝わってきました。あまりにお客さんの熱気に圧倒されたのか、少々のドロップはありましたが、笑いに変えて最後までモチベーションを失いことなく熱いナイトパフォを完了!

げんきの郷、早田公園に応援に来てくださったみなさま、本当にありがとうございました!

 
7月21日 日曜日 伊那谷道中かぶちゃん村 大道芸

夏休みに突入しました!!早い時間からキッズたちも見に来てくれて「あ〜夏休みに入ったんだぁ」って気づかせてくれました。

伊那谷道中かぶちゃん村は飯田にあり、一応長野県という位置づけなんですが、実は名古屋からは恵那山をくぐったらすぐの場所。名古屋よりは涼しく感じますが、それほど気温差が無くファイヤーショーをするには暑いのは変わりありません。(笑)

1週間前くらいのげんきの郷で津軽三味線の皮が暑さで剥がれるトラブルで休止しておりました三味線演奏を復活。1回目のショーではチャンスありませんでしたが、午後からのショーでは披露予定で準備だけしておきました。何かと今年の猛暑ぶりがいろんな影響があります。

そんな暑さも忘れさせてくれる特別企画!流しそうめんがありました!1回目のショーを見てくださった皆さんはエンディングの後そのまま直行!竹を割って本格的。スピニングマスターズも支配人自らそうめんを投入してくれて、さわやかな空気とともに冷たいそうめんをタップリいただきました。

しかし、流すのが「そうめん」というのはどうしてなのかな?「流しうどん」、「流しそば」、「流しラーメン」などもありかと・・・。他にも「流しペペロンチーノ」とか「流しカルボナーラ」とか(笑)これはさすがにないな!

こうやって日本の古き良きものって沢山あるよね。周囲の雰囲気によく溶け込んで「流しそうめん」最高でした!!

2回目、3回目のショーはバラエティー豊かです。伊那谷道中かぶちゃん村ならではという構成だったり、普段はあまりやっていないネタなどが突然復活したりするのもこの場所が多い。

三味線は事情があってこの日から復活でしたが、2回目のショーで何の打ち合わせもなく、OK!ヒロヤのアドリブ(←良く言えば。悪く言ってしまえば単なる暴走でした)で突然始まったダイスのネタ、ウルトラ7!!おそらくこの日だけだと思いますが、津軽三味線とウルトラ7が同じショーの中に登場するってことは今後はあり得ないでしょう。

ま、でも大人から子供まで楽しめます!っていうキャッチコピーでいうならば、この日のこのショーは大成功でした。

この伊那谷道中には数年前から大道芸に憧れて、自分自身が大道芸人になっちゃったという後輩芸人がおります。普段は伊那谷道中かぶちゃん村のスタッフとしてお仕事されてますが、久しぶりに大道芸パフォーマンスをリクエスト!!

2年ぶりくらいで伊那谷芸人さっちゃんのショーを拝見しました。後輩とは言え芸人同士での「良いだの悪いだの」ってのはサイトなどでは御法度!

芸人目線ではなく、個人的なお客さん目線でショーはとっても楽しく見させてもらいましたが、年齢は下でも先輩芸人を目の前に超緊張だったことには間違いありません。夕方になって涼しくなったのに、炎天下でやってるかのようなボタボタの汗。さぞ大変だったのでしょう。(合掌)

 
7月22日 月曜日 大府 アグリタウンげんきの郷 大道芸

雨が多かったり、天気が良い時は猛暑過ぎて、何かと外での大道芸にとっては今年の夏は過酷です。猛暑でなくてもナガシマ芸人先輩のPK氏は毎年「熱くない火ってないのか?」と必ず口に出してつぶやいております。(笑)ホント、あったらイイよね!

スピニングも火器が使用できない現場用にと、見た目も使用感も少しでも本物のファイヤートーチに近い疑似トーチを開発し、何度もメイクアンドトライを繰り返して来ましたが、本物の炎が持つ迫力には勝てません。

炎天下でのファイヤーショーは炎との戦いでもなく、お客さんと戦っているわけでもなく、どこまでモチベーションを保てるか!結局は自分との戦いです。

津軽三味線の生演奏もこの炎天下では当分できないし・・・。

げんきの郷を終了し、高速に乗って「渋滞中」の電光板。インターチェンジから本線に入ってまだ1キロくらいのところで車は完全停止。いつもの料金所渋滞にしては距離がありすぎるし、これはおかしい、と思ったけど、どこにも逃げ道はなく本線上でジッと待つことに。

しばらくすると路側帯をパトカーや救急車がサイレンを鳴らして通過していきました。でも停車したのが車20台分くらい先でした。スピニング号の車内からはそこで何があったのかはわかりませんでしたが、事故なのは確か。

それから30分近く社内で待ち、ソロソロと動き出して30メートルくらい動いたところにはトラックが完全に横たわっておりました。こう暑いとドライビング中もボ〜っとする人いるから気をつけなきゃね。

 
7月26日 金曜日 神石 シルトピア油木 納涼祭2013 & マリンピア神戸

三味線とファイヤーショーの装備、そしてファイヤーショーができない場所でのLED疑似トーチも持って、ほぼフル装備を搭載してスピニング号で広島県へ出発!!

広島県と言っても福山方面ではなく、本日は神石という福山より少し北に位置しており、山陽道ではなく中国道を走って現場を目指します。朝から名古屋を出発したんですが、いろいろあって時間が足りなくなり、途中立ち寄っての滋賀竜王での大道芸はお休み。4時ごろまでに現場到着予定で自分たちのつもりでは3時半には到着の見込みだったんですが、4時ギリギリでセーフ!!

この日はシルトピア油木デイサービスセンターで開催された納涼祭でのステージ。ふくやま大道芸でお世話になっているはっちゃんとご一緒させてもらいました。

到着してすぐにセッティング。そして控室で津軽三味線のアップ。ステージに立つ1時間前には機材を持ってステージの裏手に移動。ちょうどスピニングマスターズの出番の前の前の出演者の方が演歌を披露中の時、突然の大粒の雨!

既に会場は食事中の方で満席の状態だったので一瞬にして大騒動勃発。スピニングも機材やら守るのに必死。お客さんはテーブルの上の食事と飲物を守るのに必死!そんな中、まったく雨の影響をものともせず歌い続ける歌手のプロ魂に脱帽でありました。

その後、びんご大道芸のはっちゃんの出番。ステージはあまり使わないので、客席へ向かったらステージ上でセッティングを・・と事前に打ち合わせ通りすぐにセッティング。濡れたステージをみんなで拭き上げ、そこに機材と道具を並べました。

ツルンとしたステージの上が雨で濡れて少し怖かったけど、一生懸命準備をしてくださったスタッフの苦労を考えたらそんな贅沢も言ってはいられない。

自分たちとしてもこのステージの上に立たせてもらった以上は、この会場を一体にして盛り上げる、これが今日のお仕事。そのお仕事だということも忘れて、いつもの大道芸のフィールドに居るような気分になって盛り上がりの渦の中にのめり込んでいきました。

最初は自分たちの芸風や技が受け入れてもらえるんだろうかとちょっと心配にもありましたが、ショーを開始した直後から一気に盛り上がってお客さんと楽しい時間を過ごせたのが嬉しかったし、最後の打ち上げ花火を見ながらこの場所に来て、ここの皆さんにショーを見てもらえて良かったと思いました。

神石から福山市内に移動して一泊。翌朝は早起きして神戸に向かいました。普通に考えるとなかなかハードな移動スケジュールのように感じますが、スピニングにとっては片道450キロくらいはなんてことのない距離で、最近はトモヒロパパがちょっと疲れたかな?と思ったら金髪ちょんぼケイタがセカンドドライバーを務めております。その場合のナビシートにはOK!ヒロヤが乗っかってるんですが、ケイタが坦々とドライビングをするんで、4割くらいはモヒカン頭をコックリコックリとさせてうたた寝しております。(笑)

マリンピア神戸で午後からの2回の大道芸をして、折角神戸に来てるんだからちょっと夏休み気分で須磨水族館に立ち寄ったりしてみました。イルカのナイトパフォーマンスショーは見応え十分!スピニングのナイトパフォ・・負けてないか??

 
7月28日 日曜日 中野地区 夏まつり

毎年7月の下旬から8月いっぱいの期間は夏祭りの会場でのパフォーマンスの機会が多くなります。そして毎年一度は雨の中でのショーをすることになっちゃんですが、この時期には雨もつきものなので仕方ないですね・・・。

本日は滋賀県の八日市インターからすぐの会場に到着。中野地区の夏まつりにやってきました!ステージがトラックタイプなので下のスペースでショーはやりたいのですが、ショーを始める時間である7時頃はバッチリ雨雲がかかっている予報。5時ごろから準備をしていても降ったり止んだりを繰り返していてなんとも不安定な空模様。

そしてもう一つの問題が津軽三味線の演奏。皆さんから期待もしてもらっておりましたし、役員の皆さんも「津軽三味線を楽しみにしているよ!」と声をかけてもらったりで生演奏は絶対条件。

しかし三味線は雨には弱い。本番の時間になるにつれてどんどん雨も強くなりはじめ、津軽三味線の演奏だけトラックステージの上ですることにして、あとの演目は濡れても構わない覚悟でジャージャーの雨の中でショーをしました。

お客さんたちは傘を差しながらも雨の中に集まってくれて、傘を片手に持ちながらも拍手までもしてくれていました。きっと楽しみにしてくれていたんだろうな〜と思うと恨めしい雨。ファイヤーショーのラストの方で少し雨も弱くなり、クスダマの準備に入るころに小雨になりました。

ただ、ショーはとっても盛り上がって、雨が演出効果のようになったのでしょうか。雨にショーを邪魔されたのか、それとも助けられたのか・・・。

どちらにしても中野地区の皆様、本当にありがとうございました!!

8月5日月曜日 長島の花水木にてパクパクりゅうじ氏とのコラボショーをやることになりました。良き大道芸先輩でもあり、芸人としてもライバルでもあり、そしてプライベートでは友人でもあり、長く付合いがあるのにコラボレーションでのショーに挑むのは初めて。そのことに自分たちでも驚いておりますが、今回のコラボショーは残念なことにクローズドのパーティーで一般入場はありません。

またこんなチャンスがあるのか、それとも1回のみの激レアコラボになるのか、それはわかりませんが、スピニングマスターズの大道芸じょんがらをベースにショーの構成を組んだため、パク氏の股引きや腹掛けなどの祭衣裳やエンディングのヘルメット装備も急きょ製作。この数日はこの工作や音楽の編集でめっさ忙しかったけど、この一瞬にかけるには深い理由があるのです。無事にコラボショーを終えたら報告記書こうと思います!

 
8月5日 月曜日 丸八会 花水木コラボショー

パク先輩はもう何年もこの会のアトラクションとして、この場所でパフォーマンスをしてきました。ナガシマスパーランドや長島温泉などのナガシマリゾートの経営もと、長島観光の会長さん主催のパーティーアトラクションとして大道芸パフォーマンスをず〜っと任されてきたのです。

何年もやっていると見ている人も同じなわけで、どうしたってピン芸人が一人で維持すのはネタ的にも大変なこと。そこでこの数年は仲間内で友情出演をしたり、その中でコラボレーションをしたりして、少しでもお客さんに楽しんでもらえるようあの手この手で頑張っているのであります。

で、今年はスピニングマスターズに「一緒にどう?」ってことになり、25分間のコラボレーションパフォーマンスを組み上げて披露することになりました。

コラボというといろんな大道芸フェスティバルなどでもたまに見かけますが、天候の悪化や時間的に厳しい状況などでは良いと思うのですが、普段はスピニングとしては滅多にやりません。と、いうよりもできない、というのが本音。スピニングのショーは多くの部分でBGMや音ネタに合わせて動きを組んでいるし、その中で金髪ちょんぼケイタとOK!ヒロヤの掛け合いの間もとても重要。

今回のショーをするにあたって一番問題になったのは時間配分でした。40分以上あればお客さんとしっかり向き合った上でツカミのネタをすることも可能だと思うし、それぞれ3人分のキャラを表現することもできたのだけれど、今回は30分以内厳守。そこで30分用のショー構成にするわけにはいきません。ショー終了後のバルーンのプレゼントの時間や、万一途中で失敗したり、誰かが脱線でもしようものなら間違いなくタイムオーバー!よって構成上は23分というのがギリギリのボーダーラインでした。

タイムオーバーとはならないようにするために事前に練習時間も持ちました。夏季に入りお互いに忙しいタイトな時間の中でも、スリ合わせていくための時間は絶対必要。

しかしゼロから新たなショーを作り上げる時間はなく、現在のスピニングマスターズの「大道芸 じょんがら」をベースにして、その中で全員のキャラや技を発揮できるようにと二転三転しながらも全員で頭を悩ませてやっと完成!それは1週間前のこと。最後に体育館を借りて通しで練習をしてきました。

絶対にスベれない理由も自分たちの中にあったのでお互いに不慣れで変則的な展開となるショーでしたが、力を合わせて一生懸命頑張りました。

そしていよいよショータイム!!

パク先輩の陰アナでのMCからスタート。少しお客さんの注目も集めていきたいから。

そしてすぐに津軽三味線の生演奏。これは毎年子供たちが主に楽しんでくれているけど、今年は大人の皆様にも楽しんでもらいたいとの思いから、いきなりの生演奏から開始。
三味線が終わったところでパク先輩が登場し3人揃ってのご挨拶。この時点で十分な注目は集めていました。

続いてパク先輩のソロパートでツカミ開始。金髪ちょんぼケイタの持ちネタ「必殺芸」と「ディアボロのソロプレイ」を続けて繰り出します。この2つの演目でどこまでツカミが完成するのかは今回のショーの中で一番の重要なポイント。
そのころステージ裏ではスピニング二人は着替えの真っ最中。短い持ち時間の中での早着替えにもあえてチャレンジしてみました。

少し音響トラブルもあったり、進行上もやや脱線したりしても、お互いにいつも普段の大道芸現場でイヤというほどショーを見てきているので、次の展開や、何を言うのかも知り尽くしていてそれなりにやり易いし、パフォーマー同士で楽しみながらショーを進めておりました。

パクパクりゅうじもスピニングマスターズも得意なディアボロで前半の折り返し。会場もとっても良い雰囲気になっておりました。子供さんだけでなく、大人も一緒に楽しんでくれたら嬉しいと思って組んだ演目。いつもの大道芸ではパクパクりゅうじもスピニングマスターズもややプッシュ型で「盛り上げ」を重視してますが、今日はじっくりと見てもらえるような雰囲気を作ることを重視。大道芸のショーも場所やお見せするお客さんの年齢層などに合わせてコンセプトは考えるべきだと改めて認識。

ディアボロではパク先輩がソロ、スピニングは4ディアで一気に加速し前半を終了。折り返し地点を過ぎ後半は青森県民謡じょんがら節のBGMに載せてジャグリングに突入。ここは敬意を表してパク先輩からスタート!!

普段ピン芸人として活動している人にはパッシングやスティールという流れがなかなか馴染めないものです。また一方ではピン芸人としての経験がないものにはアドリブ性が乏しく、予定行動から脱線するのが苦手。お互いにこのことをよく理解しているからできたコラボショーでした。

大道芸じょんがらのメインパフォーマンスはノーミスでスムーズな流れにのっていき、子供たちは繰り出される技に、そして大人たちは三味線のBGMに合わせて動くパフォーマーに視線が集中していたようでした。

最後に一番の大技へと移っていきますが・・。

エンディングの大技が決まるかどうか。それは多くのタイミングを合わせる必要がありました。練習もしましたし、道具作りも頑張りました。かのスターウォーズを製作したジョージルーカス監督も言っていました「お金をかけて、手の込んだシーンだからといって長く見せるものではない」と。なるほど、自分たちもそう思います。一瞬で良いのです。

スピニングはハシゴの上でローラーバランス、そしてパク先輩は玉乗りでナイフでパッシング。ステージの前後幅がギリギリで、パク先輩の玉がゴンゴンと音響台にぶつかるので、落ちるんじゃないかとヒヤヒヤしましたがそこはベテラン。最後まで必死に持ちこたえてエンディングもバッチリ決めてくれました。

沢山のお客さんから拍手と声援をいただき、最後には暖かい声をかけてもらいました。そしてパク先輩は子供たちにバルーンプレゼントと最後までサービス精神で頑張りぬきました。

人々に楽しんでもらえるためのショービジネスというのは本当に大変です。アマチュアで「パフォーマンスが好きだから…」と言ってやっていた十数年前は自分たちが見せたいように、やりたいようにやって、言うなれば自己満足の世界。しかし、プロとしてその対価を頂くということは本当に大変なことで、ご覧いただいた方々がどれだけ満足してくれるのか、自分たちがやりたいことを犠牲にしてでもお客さんのニーズに応えるべき、そこがプロとしての大道芸魂なのだと思います。

いつもと違ったショーをやったのだから、いつもと違った達成感を味わいながら、帰りの道中で回転寿司に突撃!あれだけ会場で沢山の食材を見て、ショーを開始する前はステーキを焼く「ジュ〜〜〜っ!」って音まで聞いていて、パフォーマーも腹減り度はピークに達しておりました。(笑)

楽しい時間をくれたナガシマスパーランドの会長さんとパク先輩に感謝!

 
8月7日 水曜日 大府 アグリタウンげんきの郷 大道芸

長島温泉 花水木での初コラボショーも上手く行って一安心。一日オフで各自がそれぞれのお休みタイムをとり、明けて本日から19日の月曜日までノンストップでのパフォーマンス活動を展開します。

今年はゲリラ的に突然降り出す雨も多く、そうでないときはピーカン過ぎて炎天下。あまりにも両極端でちょうど良い気温28度くらいで、うっすら曇り空、なんて日が一週間ほど続いてほしいよ〜!

そんな願いも虚しく本日の大府も37度の晴天!!車から機材を下ろしただけで汗だく、そしてセッティングを終えたら一日の仕事が終わったかのような疲れ方。毎日夜のニュースで「熱中症が・・」などと報道されておりますが、ほんとに気を付けないとヤバイ!!

さて、本日も12時ちょい過ぎくらいからスタート。ちょうどタイミングが悪かったのかお客さんの集まりが遅めでスタートでもたつきました。(笑)

いつもよりちょっと時間はかかりましたが、それでもファンのご家族が応援に来てくれていたおかげで無事に1回目のショーを開始できました。こういう時にありがたい存在であります。

1回目は少人数でしたが大人中心のショー。そして2回目は2時くらいになってくると夏休みのど真ん中なので子供も多くなってきます。
見てくれるのは嬉しいのでありますが、子供だけ置いてどこかに行ってしまう親御さんには要注意。ショーの後半では豪快に炎も使うし、ヘルメット噴射の時に泣き出されたり、ローラーに乗っているときにお母さんを探し出しウロウロ動き回ったり、子供たちの行動は予測不可能。今日は殆ど親子で仲良く楽しんでくれていて微笑ましかったのですが、これから8月いっぱいはどこの現場にいっても安全対策に神経使いながらの活動です。

2回目のショーは気温的に一番きつかった!けど3回目はちょっと風もあって暑さも和らぐ感じ。パフォーマーの体感温度はまったく変化してなさそうだけどね。(笑)

応援に来てくださっあご家族が私たちスピニングマスターズの分までお弁当を作ってきていただき感激でした。いつもなら夏休みといえど平日の大道芸は2回くらいまでなんですが、本日はお弁当食べて元気モリモリ!!3回の大道芸を全力でやり切ることができました。

それでは、ここでキッズファンのMANAちゃんが書いてくれた絵でスピニングの大道芸装備をご紹介しましょう!!そしてここに描かれておりましたOK!ヒロヤと金髪ちょんぼケイタの二人の絵がめっさ好き!!!!!ありがとう!

 
8月9日 金曜日 三井アウトレットパーク滋賀竜王 大道芸 & 積水化学納涼祭

お盆休み突入直前!今日は滋賀県で大道芸とイベント出演でした。

まずはいつものように三井アウトレットパーク滋賀竜王で大道芸活動。増床オープン以来訪れるお客さんも多く大道芸も順調な活動を続けております。

しかしながら恥かしがり屋気質は変わらずで、なんというか一番が嫌なのか、大道芸で集客を開始してから1〜2組みのお客さんがベンチに座るまでの時間というのはかなり長い方。そして一旦集まりだすとえらいことになってしまうというとんでもなく予測不能な現場なのであります。

たまに見かけるこの現場特有の珍百景というのが、1階のベンチにはゼロ人、しかし2階を見上げると超満席!!ま、これぞ滋賀竜王なのでしょう!日影が伸びてくる2時過ぎは少し楽なのですが・・・。

3時ごろまで滋賀竜王での大道芸を通じてお客さんとの駆け引き(?)を楽しみながらの活動。その後は車で30分以内という本日2ヶ所目の現場に向かいました。

到着したのは積水化学の大きな工場。工場の敷地内には大きなグランドがあり、そこで開催される納涼祭に出演しました。

スピニングマスターズも沢山の企業祭や会社関係の納涼まつりに参加させてもらってきましたが、実際には何を作られている会社なのかも知らないまま現場にいることが多く、本日の納涼祭の会場となったグランドの人工芝は積水化学さんの製品だそうです。さすがに人工芝の上でのファイヤーショーではありませんが、完成したてのグランドで思いっきり全力パフォーマンスをしてきました!!

とにかくお客さんのノリがいい!パフォーマーが何かやっても、言っても反応の返りがとても良い!!こういう時ってのはパフォーマーの相当ノリノリでショーをやっていて、段々加熱してくると声も大きくなってマイクでピックアップしている音声が割れてくるほど。(笑)ま、力が入っている証拠なのでよしとしますが、トモヒロパパも音声の調整やら対応が大変なんであります。

今日のステージでは、バルーンパフォーマー、フラダンス、和太鼓など多彩なショーで最初から最後まで盛り上がっておりました。

スタッフのみなさま、暑い中準備、撤収お疲れ様でした!そして会場でスピニングマスターズの大道芸をご覧いただいたみなさま、本当にありがとうございました!!

 
8月10日 土曜日 エアポートウォーク名古屋 & ジャズドリーム長島 大道芸

お盆休みに突入した人も多いと思います。最初にご来場者数も少な目かと見えたエアポートウォークも11時ごろには大勢のお客さんで賑わっておりました。今回で3回目の出演をさせていただけたエアポートウォーク名古屋。今まではウルトラ7のネタをやったりして少し子供を意識したショーの内容をお届けしてきました。というのもショーを行うイベントスペースのとなりがウルトラマンショップなどもありゲームセンターなのです。

でも今回は少し大人向けということを重視。この現場では初登場となる津軽三味線の演奏も含めてより大人向けを意識したパフォーマンスの展開としてみました。スピニングの思惑がうまくいけば三世代のみなさまが一緒に楽しめる空間に程よくなっていると思われます。

大人向け、大人向けってアピールばかりしていると、「じゃ、子供は??」と怒られそう。(笑)そこでふくやま大道芸の一発芸で登場したOK!チキン君が再び三味線を持ってやってきました。愛くるしい動きで津軽三味線を持って踊るのを目撃されましたか?

1回目のショーはスタートからエンディング終了まで計測したかのようにドンピシャの30分。2回目のショーでは演目と演目の間をつめてテンポアップ。そしてもうひとネタ舘ヒロヤを追加してショーを行いました。特に理由なんてありませんが、1回目のショーをご覧になった方も多いかと、そんな配慮からということもありましたが、それでも終了まで31分。3分ほどのネタを追加して所要時間は1分オーバーのみ。やればできるじゃん!という証明でした。

1回目も2回目も大勢のお客さんに集まってもらえ楽しくイベント出演を終えることができました。

エアポートウォーク名古屋でのイベント出演の後はジャズドリーム長島での大道芸に向かいました。夕方からの大道芸でスパーランドでの大花火大会が始まるまでの時間でのショータイムのため。

移動中の渋滞だけが心配でしたが問題なくジャズドリーム長島の搬入口まで到着できました。すぐにスタンバイできるように装備も組み立てたままにしておいたり、衣裳なども着たまま。最短時間で大道芸を開始しましたが、いきなりサザンベルスクエアに荷物を持って現れたド派手なにいちゃんたちが、15分ほどドタバタと動き回っていたかと思うと、突然「大道芸やります!」と叫びだす。こんな感じがライブ感なんでしょう。いつもとは違った感じでスタートしてやってる方もちょっと新鮮で面白かったです。

そして大道芸が終わったら花火が終わる前までに長島を離れるという早技で撤収。スピニングは重装備なんで、こんなん毎回やってたらしんどいわ!!

 
8月13日 火曜日 伊那谷道中かぶちゃん村 大道芸

何故か夏休みになると一度はこの場所に来たくなる、そんな気持ちになるのが伊那谷道中。何年もこの場所で夏の大道芸をして過ごしてきました。

そして今年も久しぶりに夏休み期間中にこの場所に来ることができ、多くの皆様と一緒に楽しい時間を過ごせました。暑苦しい都会を離れ、緑豊かな場所でのびのびとショーができることを私たちスピニングマスターズは感謝しなければならないでしょう。

何をやってもウケる現場なので、パフォーマーも気分良くいろんな小ネタを繰り出して、あまり普段では見かけないようなシーンも登場!実はこの場所は名古屋に比べれば少し涼しいので津軽三味線も持参して準備がしてあったのですが、夏休みということもあってまったく出番なし!(笑)他の小ネタの方がウケまくって・・・。

スピニングマスターズと言えば「炎の大道芸」という印象が強いと思います。ゆえに真夏の大道芸はしんどいのでありますが、そのことを忘れてしまうくらいやっていて楽しい!!それがスピニングにとっての大道芸というのもであります。

現在は夏のノンストップパフォーマンスの真っただ中。まだ折り返し地点にも到達できていないという感じがしています。毎日夕方ごろになって涼しくなってくると、それまで一心不乱にパフォーマンスをしていた疲れが、シワ寄せとなってドッと押し寄せてきます。若い金髪ちょんぼケイタとOK!ヒロヤでも夏バテ気味。ケイコママやトモヒロパパは自分が倒れたりしては活動の足を引っ張りかねないので、健康管理には十分に気を使います。

夏休み後半もしっかり気合入れて頑張りたいと思います!どっかで見かけたら是非是非お声をおかけくださいね!!

 
<<<< スピニングマスターズ 大道芸・イベント報告記 2013年 Page08 >>>>
このホームページの作動確認は以下の環境で行っております。OS:Windows XP / ブラウザ:Internet Explorer ver8 1024ピクセル以上推奨 / プラグイン:Flash Player必要
このホームページの著作権はスピングマスターズ事務局オフィス・マムが所有しております。無断で画像・動画・文書等、データの転写、使用を禁じます。
スピニングマスターズのホームページへのリンクは自由に行ってください。ただしリンクをしたことによって起こるいかなるトラブルにも責任を負いかねます。