<<<< スピニングマスターズ 大道芸・イベント報告記 2013年 Page09 >>>>
 
8月14日 水曜日 道の駅 星のふる里 ふじはし& 藤橋村 ふるさと夏まつり

昨日は長野県飯田市。そして本日は岐阜県藤橋村へ。大道芸でいつも行ってる現場は大好きですが、こうして普段はあまり行かない方面に来るのも新鮮で楽しい気分になります。

遠くのようでそれほど距離もなく、早朝の出発なんてこともなく、しっかり準備をしてゆっくり目の出発。一ノ宮ジャンクション付近は最近渋滞が激しい。この日も事故や故障車もないのに6キロもトロトロ運転でした。ま、こんなのんびり行動で現場に向かえるのもたまにはイイかもね。いつもいつも次から次へと突き進むように行動してるから、こんなに緑が沢山の景色の中に居ると、たまにはフッと息抜きも必要な気がします。

今日は2ヶ所でのパフォーマンス予定。1ヶ所目は道の駅「星のふる里 ふじはし」での半ゲリラ的なパフォーマンス。

「山の中にやって来たんだからちょっと涼しいのかな?」と思うのは我々のアホな頭の中でのにわか知識。現場の駐車場に降り立ってみると炎天下での大道芸をするにはかなりの過酷な状況。

ここで!と現場のスタッフの方に案内していただいた場所も日影らしい日影がまったくない状態。いつもならどんなにパフォーマンスがしにくい状況になろうとも、自分たちのショースペースが小さくなったとしても、どんな場合でもお客さんだけは炎天下にさらしておけない、そんな覚悟でいつもパフォーマンス場所のセッティングはしてきました。

しかし、この場所だけはどんなにいろいろ考えても大道芸らしい形態を保てるようなセッティングは不可能でした。お客さんとの距離感を無視するしかなく、ちょっと離れた場所の軒下からご覧いただくのが精一杯のセッティング。

どんな状況下でも、与えられた環境下でいつでも最高のパフォーマンスを発揮できなければプロ芸人とは言えません。また、自分たちの目の前に大勢のお客さんがいなければ盛り上がったぜ!とは言えないのかといえばそんなことはありません。

右の写真はまだショーを開始して数分の状態ではありましたが、この距離感でもすごく一体感を感じつつショーを進行しており、音響オペレーションをしていてもパフォーマーの二人が暑さも忘れてショーにのめり込むように集中していったのが手にとるようにわかりました。

また、そんな様子に応えようとお客さんたちからの「頑張れ!」という心のメッセージを受け取ったような、そんな空気を感じる大道芸となりました。

すべては現場で応援してくださった皆様のおかげです!!お客さんもスタッフの皆さんもありがとうございました!!

次の現場は「ふるさと夏まつり」の会場。移動の前に道の駅でランチタイム。OK!ヒロヤが食べていた「しいたけコロッケ」が最高に美味い!と言っておりました。お近くに行った方は是非お試しあれ!

スピニングの出番はまだ明るい時間帯で、お祭りもスタートして直後のお客さんも少な目でした。道の駅での炎天下に比べれば少しやりやすい気温でしたが、金髪ちょんぼケイタのマイクが汗でアウトになるくらいの大粒の汗をかきながらのショータイムがスタート。

正直なところどれくらいのお客さんに集まってもらえるのか不安がなかったと言えばウソになりますが、直前に経験したフィールドのことを思い出しながら頑張りました。そう、どんな状態でも見てくれる人が楽しい気分になってくれればそれでOK!!

そんな気持ちを大切にして人前に立つと意外な展開になるものです。イスもグランドシートになく、客席となる場所が明らかでなかったこの会場でも遠く離れたところのお客さんとのコミュニケーションを頑張らなければと思っていたのですが、沢山のギャラリーに近くに寄っていただけて、まさに大道芸らしい雰囲気の完成!

ショーをご覧いただいたいろんな方々から暖かいお言葉もいただけて嬉しかったし、何よりも10数年ぶりに藤橋村でのパフォーマンス披露が実現できたことが本当に良かったと思っております。

最後にスピニング号に機材を積み込んでご用意いただいたお弁当を食べて名古屋へ向けて出発!

そういえば今回の出張中にトモヒロパパのスマホがバキっ!!落下させたら液晶がぁ・・・。起動もしなくなり、アドレス帳などのデータがなくなってしまってちょっとブルーな気分。バックアップはしておかないとね・・ほんと。

 
8月15日 木曜日 小坂町 大島区 納涼夏まつり

長野県飯田市、岐阜県藤橋村、そして第3段は・・・ 岐阜県の下呂方面へ!下呂温泉と高山市の丁度中間地点くらいの場所にある小坂町でのお祭り出演。

この日はナイトパフォーマンスで夜8時過ぎの1回勝負。移動や準備の時間はたっぷりありましたので助かりました。ちょっとドライブ的な気分で移動距離が長くても気分転換や体を休める時間にもなるし、スピニングマスターズのメンバーにとってはちょっとした休憩タイムのようなもの。名古屋から4時間のドライブで現場到着。

ちょっと早目に到着したんで喫茶店にでもと思ったのですが、周辺には開店したてのコンビニだけ。そう言えばお盆休みの真っ最中だった!!(笑)ということで、できたてホヤホヤのコンビニの駐車場で、コンビニで買い込んだ缶コーヒーを片手にスピニング号の中でティータイム。

天気予報ではちょっと雨の心配もあって、会場内のステージ、客席の頭上などには雨対策でテントがあり、そのためにステージ付近ではショーはできず、主催者の皆さんと相談し急遽別の場所でセッティング開始。これがより大道芸としてのライブ感が出て、結果的に良い方向になりました。

出演時間まではじっくりと準備や打ち合わせもできてスピニングマスターズ全員が万全の体制を整えて待ち時間を過ごしました。

ショータイムは8時20分ジャストオンタイムでした。ナイトパフォーマンス向けにLEDイルミディアボロもスタンバイし、ファイヤーデビルスティックからのスタート。もう既にこの時点で完璧なまでもの一体感もあってお客さんの「楽しもう!」という気持ちが会場全体にあったことは確実。

好評で良かったと思いました。そんな実感があるのがショー直後に一緒に記念写真を撮ったり、お客さんからの声をかけていただける時間。それが長ければ長いほど「あ〜、楽しんでもらえて良かった」とつくづく思えるものですが、更にお客さんや主催者の方々から「良かったよ!」とか「面白かったよ!」っていうお言葉は多いのですが、「ありがとう!」と言ってもらえた時の我々パフォーマーの気持ちというのは最高の気分なのです。

こちらこそ「ありがとうございました!」とギャラリー全員に伝えたいくらいでした。こうやって遠くまで遠征してきていろんな方と出会い、会話できるのも私たちの仕事の中での嬉しい部分。

帰りはクネクネとした国道41号線を慎重にドライビングして名古屋へ帰還。こうして2013年お盆休みの出張3連発を終了しました。明日からはまたホームグランドのジャズドリーム長島での大道芸を頑張ります!

 
8月16日 金曜日 & 17日 土曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

このホームページの更新作業がまったく追いついていない状態ですみません!こんなようなことを毎年この時期に言っているような気もしないでもないのでありますが・・・。

スピニングの活動は、まだまだノンストップパフォーマンスの真っ最中であります。ホームグランドに戻っての大道芸は何かちょっと安心感みたいなものもあります。見慣れた風景だし、場所のこともやり方も熟知しているからだと思うんですが、しかしこのお盆とGWとお正月だけはいつもの感じとは違う雰囲気があります。

8月16日、今年の夏は何故かジャズドリーム長島のお客さんが少ない感じを受けます。猛暑だからエアコンの効いているショッピングモールへ行っちゃうのかな?少しだけお盆休みらしからぬサザンベルスクエアで大道芸の準備。今日はももちゃんと一緒に大道芸頑張ります。

16日はスピニングが先行で1回目のショータイムは12時過ぎ。これでもか!というくらいの直射日光を浴びながら限界ギリギリの大道芸を展開。この時間帯は本当に厳しい!!

一方ももちゃんと魁さんの親子コンビもテレビ取材があってTVカメラを目の前にしながら頑張っておりました。20日の朝8時からのモーニングバードという番組で放送予定だそうです。是非ご覧ください。

この日はスピニングがナイトパフォーマンスをして終了。パフォーマーも周囲のサポートも一生懸命がんばったので一緒に夕食をしながら、テーブルを挟んでいろんなお話をしました。ももちゃん、魁さん、奥様、お疲れ様でした!

明けて17日の土曜日。もう一日ジャズドリーム長島での大道芸。本日はわくわくブーブさんと一緒でした。先行はブーブさんで12時過ぎにスタート。前日と変わらぬ直射日光の中でのパフォーマンス。私たちスピニングにもその大変さは分かります。

こういう環境下でも最後まで全力のパフォーマンスができ、十二分にお客さんに楽しんでもらえて、この数年で本当に成長した感じです。彼のデビュー前からの付き合いでアマチュア時代も良く知っておりましたが、やっぱり最近はなにか頼もしい感じさえします。

ここジャズドリーム長島での大道芸では、土日祝日にはこうやって仲間の芸人さんと一緒に入り、活動を共にしているのですが、大道芸のインターバルにはいろいろ交流もできるのも楽しみなのであります。

スピニングも負けていられません!仲間の大道芸が盛り上がった時には「負けてなるものか!」と、いつも以上に気合が入ります。いい意味でのライバル意識と、そして相乗効果というものがあり、こういう日は現場もとってもイイ空気になるものなのです。

一生懸命やっていますし、全力投球のショーであることには間違いないのですが、ここまでノンストップパフォーマンスで既に11日目。体力的なものなのか、メンタル的なものなのか、ドロップなどのケアレスミスが目立ちました。最近はいろいろ事情もあってスピニング名物とも言える家族会議など、ショーの良し悪しについての打ち合わせが上手くできておりません。こんな時っていうのはショーのクオリティーも低下しやすいので、ノンストップ明けにはいろいろ体制を立て直す必要もあるのかな?と思っております。

スピニングマスターズというネーミングでの活動が始まって以来、もう十数年もメンバーを取りまとめ、叱ったり励ましたりと、いろんな感情をぶつけあいながらここまでやってきましたが、最近は周辺の環境やらコミュニケーション方法などに少しずつ変化があり、人生のターニングポイントというヤツかな?などと感じることもしばしば。

いろいろ変化していく状態の中でいかに対応し、上手く活動をサポートしていくかなど思い悩み、トモヒロパパの気持ちは中々複雑なものがあります。何気なく見ている人にとっては仕事面と家族という両面で上手く行っているかのように見えるかも知れません。そう、上手く行っている方かも知れませんが、ちょっとしたことなどでそのバランスは崩れだすので油断はできません。仕事と家族という両面の狭間でこっちを立てれば一方が危うく、そちらを立て直せばもう一方がグラつく、ほんとバランスを保つのが大変。

のんびり、ぼんやりと毎日活動しているように見えて、こう見えてもこのオッサンにとっては意外と大変なのがリーダーという立場なのであります。こんな立場に立ってみなければ、こんな気苦労は誰にも分ってもらえないでしょう。ま、歳とると何でも面倒になっていかんねぇ。(反省)

 
8月18日 日曜日 げんきの郷 大道芸

へぇ〜〜っ!!ビックリ!!がいっぱいだった今日のげんきの郷。

まなちゃんが手作りのクッキープレゼント(一番下の写真だよ)に感激!!驚いていたら、岡山県からビックリサプライズ登場のファミリーに更にビックリ!さらにさらにファンの皆様大集合となって、超苦戦するであろうと予測していた一回目のショータイムはまさかの大盛り上がり!それがOK!ヒロヤのウルトラセブンネタが起爆剤でこれまたビックリするくらい大爆発。

ファンの皆様のディアボロテクニックや、キッズファンたちのディアボロの上達ぶりにもビビッたし・・・いや〜、スピニングの全員が驚いたね。びっくりだったわ、ホントに。(笑)

この日はげんきの郷の芝生広場で盆踊りがあって周囲には沢山の屋台が出ておりました。5時からお祭り開始ということで、4時半ごろまでには大道芸を終了できるように早目にスタート。本来なら1回目のショーを開始する時間帯は「ちょっと早目だと苦戦しそうだね」と相談しながら準備してたんですが、沢山ファンの方たちが応援に来てくださってあり得ないくらいのハイスピードぶりで盛り上がっていきました。

あまりにハイスピードで予定時間にも余裕ができ、それならば一緒にディアの練習でもと、芝生広場で一緒にディアボロ回して遊びました。それからファンの皆さん同士でも仲良く交流していただけてスピニングマスターズとしてはこの上ない幸せな時間。

本当に有意義な時間が持てました。

ラストの大道芸は3時頃から。大道芸の途中くらいからかき氷やたこ焼きなどの準備をしていて、とってもイイ匂いが漂っておりました。

最後の大道芸もエンディングまで気を抜かず頑張った甲斐があって盛り上がりにも大満足だったし、ショーが終わってからたこ焼き屋の皆さんからお褒めの言葉とたこ焼き&かき氷の差し入れ。「感動した!」という言葉をいただけて最後にビックリの大道芸となりました。

私たちスピニングマスターズも、一 大道芸パフォーマーとして自分たちの活動を通じて、出会うはずもなかった方々が一緒に盛り上がってくれていたり、一緒にディアボロで遊んでいるのを見ると自分たちの活動を誇らしげに感じます。

やって来て良かった!大道芸。

 
8月19日 月曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

この日はジャズドリーム長島での大道芸活動。いよいよこの夏の山場、ノンストップパフォーマンス13連勤36回を無事に終えました。全員が常に全力を出し切りながら、その場その場において出会うことのできたお客さんにお楽しみいただけるよう、また、お客さん同士もその場だけでも一体感を感じてもらい一緒に盛り上がってもらえるよう必死で頑張りました。それは最終日の今日はスピニングの中にも強烈な達成感としてありました。

なにも大道芸をすることが嫌になっているわけではなくても、自然とメンバー同士の会話には「今日が終わればオフだね!」とか「怪我無くやり切れてホント良かった!」などが口から漏れ出すように聞こえておりました。

もちろん炎天下で激しい動きや炎を回したパフォーマーも大変だったことは確か。しかしケイコママは本当の意味でスピニングマスターズの活動を支えたまさに要であり、ケイコママ無くしては3日と持たなかったお盆休みの13連勤だったと思います。

現場でパフォーマーのやることは多い!しかしそれ以外のこと全部は、現場にいる時以外のこともすべて含めてケイコママがサポートしているのです。これはスピニングマスターズのことを良く知っている方ならお分かりになると思いますが、毎回のショーで発生する洗濯物は1つの袋にまとめれば、それは片手で持ち上げられないほどの重量ですし、毎日ペットボトルをゆすいで新しいお茶や水を詰めて凍らせたり、帰宅後も家の中を忙しそうに動き回るので「もう、ちょっとゆっくりしたら?」トモヒロパパに言わせるくらい毎晩遅くまで働いておりました。

こういう観客席からは目が届かない部分でひたすら努力ができるのはケイコママならではだとメンバー男三人は思っております。

さて、この日も暑かったですが、ラストパフォーマンスまで気を抜かず、13日間36回目のパフォーマンスを無事完了!いつもはお客さんに向けて、スタッフに向けて「ありがとう!」と言いたいが、今日はケイコママに向けて「ありがとう!」と感謝をしよう!!

 
8月21日 水曜日 三井アウトレットパーク滋賀竜王 大道芸

今日は三井アウトレットパーク滋賀竜王で少しのんびりとしたインターバルで大道芸活動をしました。

いつものように12時過ぎに1回目をスタート。夏休み+増床オープンの影響でお客さんはなんとなく多いのかな?

なんで「多いのかな?」という表現なのかと言えば、大道芸をしているところからはそんな風には感じないので。以前にもこの報告記で書いたことがあったかも知れませんが、外周の通路には沢山のお客さんがいても、何故かこのステージ前のスペースにはお客さんの行き来が少ないという特色がある、そんな現場なのであります。

したがって、この場所での大道芸を成功・・・いやいや成立と言った方が良いのかな?とにかく大道芸を上手くするためには少し長めに音楽を流したり、少しジャグリングなどを軽くしてみたりと、何かしらやっていないと人の目も引けないのです。

これもまた、このページをよくご覧になっている方はご存知かと思いますが、信じられないかも知れませんが、上の写真も右の写真も沢山のお客さんは写っておりますが、いずれの場合も本当にゼロ人からのスタート。しかも呼び込みをしていても10分くらいの間は誰一人近寄ってこず、今日も金髪ちょんぼケイタもOK!ヒロヤもだ〜〜れもいない空間に向けてひたすら「大道芸やります!」ってしゃべり続けておりました。(笑)

どこにそんなスイッチがあるのか、それさえわかれば苦労もないのでありますが、最終的には大きな歓声と拍手に包まれながら盛り上がってのエンディングを迎えられるのが不思議でなりません。

この日は同じ滋賀竜王レギュラーメンバーで大道芸仲間のレオくんが遊びに来てくれました。いつもミネラルウォーターを凍らせて準備して差し入れてくれるので本当に感謝です。彼ともよくこの場所での大道芸について語り合うんですが、いつも「どうやってスタートするのか?」という共通の悩み(?)で妙に盛り上がります。(笑)それほどにまでこの場所で大道芸をするパフォーマーにとってスタートできるか否か、またはそのきっかけを掴めるかどうかというのは本当にシビアなんです。もしかしたら他の現場にはないそのシビアさと言うのが、この現場の魅力なのかもしれません。いや、それが魅力だと感じられるようなパフォーマーになりたいものです。
 
8月23日 金曜日 げんきの郷 大道芸

なんだかこの場所に来ると落ち着くんだよね、じっくりと自分たちのペースでショーができるからなのかな?

ファイヤートーチのメンテナンスは私たちファイヤーパフォーマーにはとっても重要なお仕事。お盆休みのノンストップパフォーマンスでボロボロになっていたトーチの耐熱布を交換。燃料をタップリ含めなくなってしまって炎がショボくては迫力に欠ける!!ちょっと時間ができたので直ぐに耐熱布を交換しました。

いつもはこのげんきの郷ではお客さんからスピニングマスターズを見る時に逆光状態になって炎の大きさなどが鮮明に見えないことが多いのですが、今日は7トーチもバッチリ!大迫力のパフォーマンスでした。

今日は2回目のショーをスタートしようとしたときに海外からの団体ツアーの方々が大量に登場!!

「シャシン・・イイデスカ??」とショーを見ているわけでもないので物珍しさだけで大勢に囲まれてしまい、なんかショーができる雰囲気ではなくなってしまいました。これは仕方ないね。(笑)ステッカーなどをプレゼントして早々にお引き取りいただきたかったんですが、それからかれこれ2時間、ジッと我慢。その後に無事に2回目のショーをして本日の大道芸終了!!

今日はファンの方からスピニングマスターズの新しいマスコットというか、仲間をプレゼントしていただきました!(右の写真)こんな超有名なキャラがOK!ヒロヤと金髪ちょんぼケイタでスピニングバージョンとなっております。しかも津軽三味線生演奏の時の衣裳、ハカマまで装着し、浴衣には「○すぴ」の小さなロゴ入り。これにはメンバー全員が大喜び!!たまにイベント出演の時には同行予定ですので、会いに来てね!!

みんな!ありがとう!!!!

 
8月24日 土曜日 デンパーク & 東別院 御坊夏まつり

5月に出演してから約3か月のスパンで今回2度目の出演となりました安城産業文化公園 デンパーク。24日土曜日、と25日日曜日の2日間の予定でしたが、しかし日本全国的に雨模様の2日間。土曜日は本当に小雨でしたが降ったり止んだりパラパラと断続的な状態。

11時、1時、3時のタイムテーブルだったんで、できるだけその時間には忠実にスタートできるように準備をしたり、また、突然の雨になってもお客さんが濡れずにご観覧いただけるような配置設定にしたりしました。5月の時とは場所も違うので、確信は持てませんが、自分たちの経験上で判断し最良のフィールドセッティングにしたつもりです。

とっても助かったのは大きく張り出した屋根とミスト。もともと小雨模様で暑くはなかったけど、より快適にお楽しみいただけたんじゃないかと思います。

より子供さんが多ければ多いほど「大人を意識しています!」というような内容のMCが多くなります。これはこのページでも何回か話題になりましたが、1つには子供さんの安全対策、これが一番の理由。2つ目は大人にとって「子供向け」というのはどこかバカにした目でスタートすることになり、序盤から大人のギャラリーがついてこないことに。

しかし、大人向けという意識をこちらがしていることで「何やるんだろう」と興味を持ってくださいます。もちろん内容を伴う必要はありますが、大人の皆さんが楽しげに見ていると、ちゃんと子供たちもついてきてくれて、結果的にはみんなで盛り上がれる程よいショーができるのです。スピニングマスターズのショーは三世代同時に楽しんでもらえるというコンセプトに今でも変わりはありません。

暖かいお客さんに囲まれてスピニングも楽しい気分でショーをすることができました。

緑が本当に綺麗なデンパークを終了。一直線に名古屋へもどります。毎年恒例参加となった東別院の御坊夏まつり出演のため。

しかし名古屋高速を走行中にもまだパラパラと小雨に遭遇する場所もあって「大丈夫かな?」とふと心配にもなります。会場に到着してみると既に夏まつりは始まっており、浴衣を着た人々に賑わっておりました。しかし例年と比べると天気のせいや24時間テレビ、名古屋ど真ん中祭などの同時時間開催で人波が分散しているのかな?そんな風にも見えました。

さてスピニングの出番は8時20分。最後の最後です。我々はいつもお片付けが遅いので、この時間帯なら他の演者に迷惑にもならない・・から?・・なのかな??どちらにしても真っ暗になってからなのでファイヤーショーにはバッチリ!!!ド迫力となりました!

昨年の1月から独自の練習を開始した津軽三味線。このステージで演奏したかったのですが、さすがに7か月やそこらではまともに聞いていただけるような状態に仕上げるのは難しかったのです。

今年は満を持しての演奏予定で、この夏はしばらくの間、本番演奏していなかったのでデンパークにいる時から何度も練習をしてできるだけ良い状態にしてステージ立ちたく思っておりました。

大道芸冒頭の金髪ちょんぼケイタのMC。デビルスティックと津軽三味線の生演奏を天秤にかけたお客さんチョイス。どっちもやる気満々で聞いてみると、どっちも見たい!!そうなるに決まってるでしょ!!(笑)っていうくらいの満場一致の拍手と歓声。この時点でこの雰囲気?エンディングはどこまで行っちゃうんだろうって感じでした。夜空にじょんがら節を響かせるかとができて大満足。

今年の夏もいろんなところで夏まつりに参加させてもらって、いろんなシュチエーションでナイトパフォーマンスを披露させてもらうチャンスがありました。どの会場でもデイライトのパフォーマンス時には無い空気感があります。お客さんの熱気と言うか期待度の大きさもそうなんですが、そこに付け加えて暗闇や夜空に映える炎の大きさというのも要素の一つ。

会場についてからは雨もなく、8時過ぎてからは本当に涼しくてパフォーマーもショーがやりやすかったのではないかと思います。

ただ、今年の会場ではちょっと残念だったのが東ステージの場所とキャパシティ。なんだか隅っこの方に追いやられて、しかも縦長でお客さん入りきれない状態。我々出演者も通路が狭くて入れ替わりが超大変。客席のキャパに関しては場所的には倍は必要なんじゃないかと思いました。後ろの方のお客さんも一生懸命盛り上げてくださって感謝しております。来年はもっと広い観客スペースを確保してもらえるように期待したいと思います。

 
8月31日 土曜日 & 9月1日 日曜日 みろくの里

一年を通じての大道芸&イベント出演などパフォーマンス活動の中でもメンバー全員が楽しみにしているのがここ、広島県福山市のみろくの里(http://www.mirokunosato.com/)です。

金曜日の朝には名古屋を出発予定で準備をしておりましたが、数日前から気になって仕方がなかったのがお天気。台風が接近しており、ちょうど公演日の2日間はスッポリと福山市上空を雨雲が被っている状態。雨用の対策もしながら積み込みをして準備完了。

しかし今回はもう一つ心配のタネが・・・。
月曜日のげんきの郷で大道芸を終えてから金髪ちょんぼケイタの体調が今一つ。滅多に風邪をひくとかなかったのですが、珍しく、咽喉が痛いと言いはじめておりました。熱が出ないことを願ってはいても、それから2日後のジャズドリーム長島での大道芸が終わって帰宅してからやっぱり熱が出てきてダウン!

出発時には殆ど熱は下がっていましたが、大事を取って金曜日のマリンピア神戸での大道芸はキャンセル。結果的に台風の影響で大道芸もできるような状態ではなかったので、そのまま福山市を目指して一直線。ホテルでゆっくり寝て、金髪ちょんぼケイタもコンディションを整えることだけに集中してました。

いよいよみろくの里での公演1日目当日。ホテルを出る時には降ってはいなかった雨。でも雨がぶら下がっているのがわかるくらいの空模様です。今にも落ちてきそうなくらい!!

11時半に照準を定めパフォーマンスのセッティングはしておりましたが、はじめようとするとボトボトボト・・・と結構大粒の雨。一旦やめて止むのを待ち再開をするんですが、再スタートをするとまたボトボトボト・・。俺たちが何かしたのか?と空に向けて文句も言いたくなる瞬間でした。(笑)

雨雲レーダーの情報を参考に2回目のショーは屋内へ引っ越し。1回だけの限定のショーなら濡れてでもやり切るのですが、今日だけでなく、翌日も数回のパフォーマンスの予定もあり、一か八かのパフォーマンスはできない!そうメンバー間で相談し引っ越し開始。

引っ越しをした先は少し奥まったところで、通りがかりのお客さんに気が付いてもらえることはあまり期待できず、こんな時にはファンの皆様の存在がいつも以上にありがたく、もしも居てくださらなかったら2回目のショーはスタートできなかったかも・・。そう思うとショーを進めながら胸の中が熱くなる思いでした。

金髪ちょんぼケイタもOK!ヒロヤも状況はわかっており、こういう時はいつもやらないようなことを組み込んでのショーを展開(?)。もう、ショーと言うよりはお客さんと遊んでいるような状態になりましたが、これはこれでめっちゃ楽しい!

バルーンでのモデリングバトル。風船作りなんて殆どやらないOK!ヒロヤが作ったプードル。これは激レアだったのかも・・。

雨が上がったので、もう一度ファミリー亭前の広場にセッティングをし直して、本日ラストのパフォーマンスはスピニングマスターズのメンバー内では総力戦に挑むような気持ちでショーをしました。

我々、大道芸人はショーを行う場所が屋外や環境に左右される場所が多く、もちろん台風や雨の時などは全く手も出せない状態の時もあります。しかし一瞬の隙をついてでもできることはあるし、少なくともそんな前向きな気持ちは忘れたくはないと考えております。少しでも「イケル!」と思ったら常に全力で、そしてまた一方では「やめておく!」という勇気も大切。それらの、どちらも身をもって経験させてもらった一日でありました。

そして今日一日での3回のショー、そのどの回でも多くの皆さんに応援してもらい、特に2回目の屋内ショーは私たちスピニングだけの力ではスタートできなかったかも知れません。そんなお客さんあっての大道芸だということも肝に命じておかなければ、と思いながら片づけて、ファミリー亭の美味しい広島焼きを食べてホテルに戻りました。
ちょっとしたエピソードですが、ホテルはソフトバンクホークスの野球チームの団体さんと良いっしょでした。

2日目は前日よりも雨の確率が高くなってしまい、屋外でのショーは困難だと予想。ならば何処で??そんな相談をしながら現場に到着すると立派なテントが設置してありました。
さすが!みろくの里のスタッフの皆さんはスピニングのヤル気をよくご存知!!おかげさまで道具や機材が濡れずにショーを進めていくことができます。

さあ、1回目のショーはお客さんに集まってもらえるかな?これは自分たちの努力次第です。

金髪ちょんぼケイタの体調もまずまず。多少の咽喉のイガイガ感はあったようですが、「辛かったらマイクボリュームを上げ目にしておくから、声を張り上げなくても・・」とアドバイスに対し、「いつも通り声を出さないとテンションも上がらない!」との返答。ま、それくらい状態も良くなりつつあるのならと、今日一日も頑張ろうと確認。

時々、雨も強くなったりしてやり易いとは言えないものの、せっかくスピニングマスターズのファイヤーショーを見に来てくれた方の期待にも応えたく、1回目は小雨になったタイミングでスタート。

予想以上に早くに集まってもらえ、前半の小ネタなどに対するリアクションも大きく、金髪ちょんぼケイタも本音で「やってて楽しい!」と言うほどの一体感のある大道芸となりました。

一般のお客さんも大勢交えて1回目は無事終了。午後からは急激に雨が強くなる予報だったので、ランチをしてからまたまた引っ越し。昨日と同じ場所にセッティングし直して2回目のショーの準備をしました。

天井の高さ制限があるので、4ディアパス、ローラー上でのジャグリングやパッシングもNG。さらにはクスダマも高さを調整しないといつもの状態のままでは無理。スピニングマスターズのお家芸を全部捨ててのチャレンジ!お家芸の代わりに飛び出したのは今では殆どやる機会のなかった技やネタ。

いつもはファイヤートーチでのルーティンもLEDトーチを使用してのジャグリング。しかしいくつかの技は天井にトーチが当たってしまうので、低くしゃがんでのパッシングにもチャレンジしました。過去にもこういうシチュエーションでのジャグリングはして経験があったので事前に少し打ち合わせをしてそれぞれが対応。トモヒロパパも音出しの対応がかなり変則的だったのと、アドリブにもついていくのが大変。(笑)これもいろんな経験の中から対応力も身に付くんだと思いました。

そんな室内でスピニングマスターズが必死にシチュエーションに対応して頑張った様子を動画でご報告しましょう!動画は初日の2回目のショーのエンディング。

2日間、本当にいろんな方々に良くしていただき、お世話になりました。また次回は青空の下でダイナミックなパフォーマンスが披露できる機会を心待ちにしております!!本当にありがとうございました!!

スピニングマスターズの大道芸パフォーマンスの出演依頼・お問い合わせは
事務局オフィス・マムのケイコママまで!!

こちらのページのフォームからお気軽にどうぞ!

 
9月7日 土曜日 げんきの郷 大道芸

何となく暑さは和らいできたのかな?と思えるようになってきましたが、今度は台風の影響からゲリラ豪雨に襲われたりと、相変わらず天気に振り回され気味のスピニングです。先日の中村区、中川区での集中豪雨による洪水で金髪ちょんぼケイタの乗るスピニング2号車が水没&エンジン停止!!連絡を受け、OK!ヒロヤとトモヒロパパでスピニング1号車に乗り込み救出に向かいました。

通常なら15分もあれば十分な距離。しかし豪雨の真っ最中で市内はいたるところでパニックとなっており、到着には2時間半もかかりました。牽引して洪水の中を2台連結した状態で安全な場所に退避し、翌日も応急処置で丸一日潰れました。

そんなドタバタの日々を過ごしながらも無事に大道芸ができたのは7日。ちょっと気分的にも体力的にもローテンションだったんですが、親しいファンの方からとんでもなく元気が出るサプライズプレゼント!!(右の写真)これはスピニングマスターズというより、鈴木家にとって家宝であります。そこに書かれていた文字一つ一つには強い思いと深い意味を感じずにはいられません。頂いた方々お二人の笑顔がこの額縁の中に見える、そんな気がします。

最近は啓太の結婚やら、スピニングマスターズの活動環境の変化、そして水害などなどいろんなことがあったところなので、何だかエネルギー切れの状態から一気に復活しちゃったという感じです。本当に嬉しかった!!!!

名古屋市内で大雨となった日もこのげんきの郷におりました。大道芸の準備をしてスタートしようとするとザ〜と降り出して、退避しかけると止むという状態を数回繰り返し、この日は一回もできずにあえなく撤退。その日の夜でした水没事件は・・・。

そして上の写真のプレゼント。更に山口先生の津軽三味線ライブなど、エネルギー充填完了!って感じでした。7日土曜日のげんきの郷での大道芸はそれら一連のどんよりした空気感を全部まとめてスッキリ!!3回の大道芸は毎回が満員御礼でお客さんとの一体感を楽しみながらのショーができ「大道芸の実施が楽しい!!」といつも以上に実感があった活動でありました。

月並みな言葉かもしれませんが、人生は山あり谷ありで、バイオリズムがあるのが普通。自分たちもしっかりと自分の足元を確認しながら一歩一歩確実な前進を続けていきたいと思っております。

前日の金曜日。イオン大高でのシアターライブに行ってきました。今回で2回目となる山口晃司先生の津軽三味線ライブ。前代未聞の映画館でのコンサートなのですが、前回の100名に対し今回は400名と映画館としては最大級のキャパを満員にしての熱演となりました。

スピニングマスターズにとっては三味線の先生でもあり、とっても交流の深いこともあって、今回は大道芸もお休みして一家全員で応援に行ってきました。

津軽三味線というとじょんから節しかイメージに無いかも知れませんが、皆が良く知っているポピュラーなうたや今回発売となったCDの中からオリジナル曲の演奏もありました。

 
<<<< スピニングマスターズ 大道芸・イベント報告記 2013年 Page09 >>>>
このホームページの作動確認は以下の環境で行っております。OS:Windows XP / ブラウザ:Internet Explorer ver8 1024ピクセル以上推奨 / プラグイン:Flash Player必要
このホームページの著作権はスピングマスターズ事務局オフィス・マムが所有しております。無断で画像・動画・文書等、データの転写、使用を禁じます。
スピニングマスターズのホームページへのリンクは自由に行ってください。ただしリンクをしたことによって起こるいかなるトラブルにも責任を負いかねます。