<<<< スピニングマスターズ 大道芸・イベント報告記 2013年 Page10 >>>>

 
9月9日 月曜日 三井アウトレットパーク滋賀竜王 大道芸

前回ここへ来たのはいつだっけ?と口からもれるくらい久しぶりだったかな?三井アウトレットパーク滋賀竜王での大道芸活動。中々完全攻略とは言いがたい状態で3年目に突入しております。スピニングマスターズの中でも小ネタを入れ替えたり、MCの内容を変えてみたりして調整は続いております。たまにこのホームページでも書いてきましたが、この場所で難しいのは往来するお客さんに気付いてもらうこと。そして長いショーは絶対に禁物。極力短くしテンポよくお見せできないとダメ。それでも限られた短い時間でツカミを完璧にするのは難しいし、ショーの内容を短縮すると充実感がなくなるし・・・、一体どうすればイイのかな?まだまだスピニングマスターグの中でもチャレンジ中なんです。

夏休み明けで人も多いとは言えない状況。きわどい状態の中でも自分たちとしてはまずまずの出来だったと思うショーが終わり、大道芸仲間のレオくんと一緒に王将へ。普段の大道芸活動の事や、彼のヨーロッパ修行のみやげ話を聞きながら食べた餃子は最高だったぜ!!

9月11日 金髪ちょんぼケイタと舞ちゃんが結婚しました!!

いや〜、この一年と半年、スピニングマスターズを取り巻く環境の変化や、時の流れのスピードに戸惑いながらもみんなよく頑張りました。これは内側にいた自分たちにしかわからないことだけど、家族で何気なく始めたパフォーマンス活動がやがてプロ化して本格的に。いつも全速力てつっ走ってきて「えっ?もう・・・」と気付けばトモヒロパパもケイコママもそれなりに歳を積み重ねておりましたし、ケイタもヒロヤも身近に感じる人がいて、スピニングマスターズもプラス1となり5人だったり、6人で行動することも次第に多くなっておりました。

ただこの一年半、何もかもが順風満帆ということはなく、プラス1の存在は良くも悪くもその影響は大きく、関わる人全員が慣れるまでには時間もかかりました。しかも芸人というものは元々個性のかたまり。舞ちゃんにとっても理解不能な部分も沢山あったのも事実でしょうし、私たちスピニングマスターズにとってもそれまでは成長過程を共にした家族という括りの中でやってきて、その中に一人を迎え入れるのも正直戸惑いながら生活環境や大道芸活動の方針などを少しずつ変えていくしかありませんでした。

何か問題が発生するたびに、みんなで何度もぶつかり合って、一時は「スピニングマスターズは解散!」という可能性もあったほどでありましたが、誰も逃げることなく真正面から向き合って話し合いもし、その中でよく言っていたのは、お互い好きなところも嫌いなところもあるのが人間、でも両方を受け止められるようになってこそ本当の意味で家族なんだと、そんな感じの言葉でした。どこまでその人を理解しようと努力するかが大切。

何度も「もういいだろう!」とか「もう大丈夫」と思いながらも、結婚式が2日後と迫った状態でもトラブル。感情だけが高ぶって行ってしまう中、グチャグチャにからまった毛糸を1本1本丁寧にほどく様にして解決に向けての話し合いは続きました。その時にお互いの歩み寄りが無かったらこのホームページの活動報告記もこの場で止まっていたかも知れません。今こうして穏やかな気持ちでホームページを更新していらなかったかも・・・。

今は全員が新しい環境の中で新しい目標を持って、また新たな決意でもう一歩踏み出すことができ、より一層の強化したチームワークを手に入れました!そして今日の啓太と舞ちゃんの結婚式を身近な親族だけで目一杯お祝いをすることができましたことをご報告いたします。

挙式のスピーチでもこんな話をしましたが、トモヒロパパにもケイコママにも既に親と呼べる存在がおりません。ケイコママの兄弟さえもみな天国にめされてしまい、本当に家族、親族が減る一方で寂しい思いをしておりましたが、今日はお二人のおかげで家族が増え、両家の皆でティータイムが楽しめるほど仲良くできる親族ができたことを本当に嬉しく思っております!!そんなスピニングをそっと見守ってくださった方々に感謝しております!
 
9月14日 土曜日 福屋 広島駅前店

13日は三井アウトレットパーク滋賀竜王での大道芸を経由して広島まで移動する予定。3連休を目前にしてまたしても台風の進路予想とにらめっこしなければいけなくなってしまいました。今年の夏は猛暑だったり、ちょっと涼しくなったかと思ったら台風ラッシュ。なるようにしかならないのが天気ではありますが・・・。

台風18号はこの時点ではまだ太平洋上にあり、すぐには影響はなさそうでした。また、土曜日はデパートの店内イベントへの出演なので、それもあまり影響はないと思われますが、問題は日曜日の津なぎさまちでのフェスティバル。これが一番気がかり。

金曜日の1時半ごろには滋賀竜王のステージ前におりました。低気圧のせいなのかちょっと蒸し暑い感じでしたが、大道芸パフォーマンスはいつもの様にできました。広島までの移動距離はまだまだ長く、渋滞でもあれば予定時刻に到着できないと困るので、早めに撤収して移動開始。

竜王インターから広島インターの2区間手前までは順調にドライビングしておりましたが、もうちょっとで・・・というところで渋滞。宿泊先のチェックインのタイムリミットもあったので高速を下りて一般道で迂回しながら広島市内へ。

翌朝はホテルを出て近くで朝食。髪型、アクセサリー、服装身だしなみ、持ち物、すべてに完璧を求めるOK!ヒロヤ。準備に一番時間がかかります。(笑)メンバー皆に迷惑かけないようにちょっと早目の行動開始を心掛けているようです。ファミレスに入店すると店内のすべての人から一身に注目を浴びて朝食しておりました。

広島県へはよく来させてもらって、毎回楽しい大道芸やイベント出演をやらせていただいておりますが、何気に広島市内でのパフォーマンスは初のことだったかも。広島駅の真ん前の福屋広島駅前店6階でのイベント出演で本日は2回のショータイムです。

お客さんに集まってもらえるだろうか?どんな感じの反応が返って来るんだろうか?ショッピングセンターではなく、デパートという現場はかなり久しぶりだったので本音で言うとちょっと心配でした。

いろいろスピニングマスターズの持ちネタや演目の構成もできるだけギリギリまで待ってから決定することに。初めての現場ではよくそうしているんですが、お客さんの年齢層とか雰囲気に合わせてストライクゾーンを確認したいのですが、パフォーマーの思い通りに、そんなに早くからお客さんにお待ちいただけるほど我々はメジャー芸人ではありません。

津軽三味線の演奏はクライアントさんからのリクエストで確定。それ意外はある程度決めておいて、2択の中からからショーをスタートしてから最終決定をという際どいところでチームワークで乗り切りました。

1回目と2回目のショーは少し内容を変えてお届けしました。どちらのショータイムの時にも信じられないほどの盛り上がりと、満員御礼の客席に驚きました。ショーの準備をしているときには子供が多く、バランス的にはより子供ウケするような演目の方が良いのかとも判断に迷う場面もありましたが、津軽三味線の生演奏で大人のお客さんにも沢山集まっていただけて、ショーの序盤から年齢層的にも人数も、とても良いバランスでスタートできました。

2回目で内容を少し変えた理由はリピーターのお客さんも多かったから。それだけスピニングマスターズのショーを気に入っていただけたということだと思うんで本当に嬉しく感じました。それだけに少しでもネタを変えたりして楽しんでもらえたらパフォーマーも嬉しいので、2回目はショーをスタートする前から構成を決めておりました。突然金髪ちょんぼケイタのアドリブで入ったのは7トーチパッシングのみ。

お客さんが持ち寄ってくださる雰囲気というか、ノリの良さというのか、とにかく会場で出来上がっていく空気感というものが、すごくイイ感じでした。そして周囲でサポートしてくださっていた方々からも沢山の拍手や暖かいお言葉もいただけて無事に2ステージ終了。

今回のような大きな会場では特にスタッフの皆さんの存在の大切さを感じます。音響関係やステージ進行などをアシストしてくださっているスタッフの方々はもちろんでありますが、福屋さんの担当の方には特にお世話になりました。搬入から搬出まで、店内にいる間のスピニングマスターズ周辺のことはほとんどやっていただいたり、案内をしていただけたおかげでスムーズな行動ができ、限られた時間を有効に生かせパフォーマンスに集中することができました。そのことを心から感謝申し上げたいと思います。

5時ごろには広島駅前を出発。途中高速のサービスエリアのレストランで岡山名物の「えびめし」を発見!!迷わず夕食はこれに決定!!

こうして台風に追っかけられる形で名古屋まで帰還しました。翌日の津なぎさまちが心配です。

 
9月15日 日曜日 津なぎさまちフェスティバル

この日をとても楽しみにしていただけにちょっと残念。台風の接近で暴風雨。名古屋を出る時はまだそこまでは雨も風も強くはなかったのですが、三重県に入るといきなり、高速道路を直進するのも大変なくらいハンドルを持っていかれる状態。

これから向かう場所は伊勢湾に面した港であり、イベント自体が開催されるのかどうかもわからないまま向かっておりました。

現場に到着すると一緒に出演するパフォーマーの皆さんが既に準備をしていました。スピニングマスターズも機材を車から下ろしてパフォーマンス場所にセッティング開始。実は台風のためタイムテーブルに若干の変更があり、出演時間が30分繰り上げになっておりました。

ショーをする場所は海が見える場所。吹き込んでくる風は防ぎようがないのですが、雨は屋根があるおかげでどうにかショーはできそうでした。

さすがにこの強風だとできる演目も限られて、どうやってもディアボロは無理。一切だれもディアボロを触ろうともしない状態で「やらないっ!」と即決定!(笑)じゃ、代わりに何をする?ということで相談。OK!ヒロヤが言うには、この強風ではダイス7個ですら立てられない!そうです。それくらい強風だったのです。

さて、スピニングマスターズのショータイム30分前から登場のビンゴさん。めっちゃ人気!!というかあっという間に子供たちに囲まれて、あっちでも、こっちでも笑い声に包まれておりました。そんなビンゴさんが温めてくれた空気で準備しながら、同時にお客さんともコミュニケーションでき、スピニングもショーの開始がとっても楽チン!この強風の中でよくここまで来てくださいました!というくらい大勢のお客さんに待ってていただきビックリでした。

ルーフはあるものの、テントなのでところどころ雨が降り込んでくる中でショーをスタート。スピニングマスターズが作り上げる一体感は強風や雨に勝てるのかな?そんなことも頭のどこかにありましたが、もう一生懸命やるしかない!ジャグリングの技なんて1回や2回のドロップは当たり前だと腹をくくってショーを1つずつ進行していくしかありませんでした。

そんな一生懸命さが伝わったのか、お客さんの一体感は台風18号に負けないほど強烈!皆さん、お客さん自身も「楽しみたい!!」という思いが強かったのではと後からではありましたが、そう気づきました。

午後からはディアボロ体験教室。1時から30分間ではありましたが、屋内のスペースを借りて無事に実施でき、沢山の子供たちと一緒にディアボロを回せました。残念ではありますが、このイベントは2時過ぎに中止となってしまいましたが、それまではとっても楽しいイベント出演をすることができました。一緒に参加してパフォーマーの方たちとも交流できて楽しかったです!!

 
9月16日 月曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

台風は東海地方を直撃して大道芸やイベントにも大きな影響がありましたが、スピニングマスターズも奇跡的にイベント実施や大道芸は何とかやれてはおりますが、本日のジャズドリーム長島での大道芸。いつものサザンベルスクエアのステージ前には丸イス&テーブルパラソル、そしてベンチなどがあるはずなのですが、この日は写真をご覧のとおり!

長いことこの場所でのイベントや大道芸に携わってきておりますが、この条件は初体験。(笑)まるで南ゲートで大道芸やるかのようなゲリラ感が漂っております。ってか、やれるのかな??

後輩芸人のわくわくブーブさんとの二組体制で入りましたが、台風の影響でお客さんもパラパラだし、この状態でどうやって見てもらおうかと・・・全員で考え込んでしまいました。

でも、よ〜〜く考えてみたらもともと大道芸ってのは、そのほとんどがゼロスタート。客席も無ければ、お客さんも誰一人いない。そんな状況から場を作り上げていくのが大道芸の本質的な部分でもあるので、ちょっと視線を変えて考えてみれば、より自由度が上がったのだと、そう考えればイイのです。

そう思えば心も軽やかに!!少人数でも大道芸が楽しい!!

ちょっとだけ集客に時間を要しましたが、中盤までには沢山のお客さんに囲まれながら、大道芸らしい大道芸ができて、座って見てくださった皆様も距離感が良い方向に作用し笑い声が終始絶えないショーができました。

台風通過直後で雨は止んだものの強風。そしてベンチなど普段の状況とは全く雰囲気も違うフィールド。お客さんの出足の遅さで館内ガラガラ。そのどれをとってみても最初は「できるのかな?」とちょっぴり不安に感じる状況でしたが、考え方をほんの少しだけ変えることでとっても楽しい大道芸ができ、ホントに来て良かったと思える一日になりました。

まったく同じ思いでスタートしたブーブさんもこの状況を楽しみながらお客さんとの一体感を作り上げておりました。

やっと1つ台風が通過したかと思うと、また1つ台風発生!などと天気予報では言っておりますが、なんか今年は台風に振り回されそうです。

今日はやりたくても普段はできない、貴重な条件でのジャズドリーム長島ステージ前の大道芸。良い経験を積むことができました。現場に感謝!

 
9月22日 日曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

イスもテーブルも元通りになって良かった!!今回の報告記はスピニングマスターズのサウンド管理のお仕事の裏側のお話。スピニングのパフォーマンスではワイヤレスマイク5波、そしてipodを3機、エフェクターやサンプラーなど多数の音響機材を1つの小型ミキサーに接続し、4チャンネル×2機のアンプで行っております。

ワイヤレスマイクなどは通常のMCに使うヘッドセットタイプのものをOK!ヒロヤも金髪ちょんぼケイタも使っております。両手を使いたいのでヘッドセットなのですが、真夏には汗や演技中の水分補給などで水滴がピックアップ部に入ると音声が小さくなるなどトラブルになります。できるだけ肉声を正確に出せるように毎回のようにメンテナンスが必要。これは現場でのトモヒロパパの重要なお仕事。これにはパソコン用のキーボードのお掃除に使うエアゾールが便利。

津軽三味線を弾く時は最近流行りのデジタルワイヤレス2.4Ghzを使用。こちらはバッテリーさえ気にしていれば面倒な手間はありません。三味線の音質的にもなかなか満足のいくものでした。

続いてipodは多くの芸人さんも愛用しているようですが、多くの方はMP3というフォーマットを使います。ここで気になるのが一番音が良いipod、iphoneはどれなんでしょうか?トモヒロパパも歴代のipodを第3世代から殆どの機種を聞き比べてきましたが、現状で一番音が聞き取りやすく、クリアな音質だと思うのがiphone4Sでした。ただしホイールで操作できないのでトモヒロパパ的には馴染めず、次に良かったのはipodクラシックの第5世代でした。

それまでipod miniというディスプレイ表示のちっちゃなヤツを使っていたのでしたが、老眼のため表示が見えにくく(笑)なってしまったため、第4世代のクラシックに乗り換えました。まあまあの音で2年ほど使っておりましたが、つい先月、OK!ヒロヤから譲り受けた第5世代のクラシックがズバ抜けて音質を向上させてくれました。

それに合わせてこのところ一気に変更したのがフォーマット(ファイル形式)です。音源用のファイル形式というのはMP3というのが一般的なのですが、ファイルサイズを小さくするために圧縮しているので、音質的にも良いとは言えず、非圧縮フォーマットはWAV形式とAIFF形式。で、どっちが音質が良いのか、どっちが大道芸現場で使いやすいのか、この数回の大道芸でテストをしてみました。現場的にも大きな音が出せないところも多いので、よりクリアな音でお客さんの耳に届きやすいサウンドというのが理想。そのことだけのためにちょっとこだわってテストをしてみました。

元々トモヒロパパはエンジニアなのでこうゆうことが得意というか好きなのでありますが、様々なテストは時間をかけ、手間をかけてやってみました。途中経過はさておき、結果としてはAIFFというフォーマットの方が聞きやすかったと言えます。WAVはWindows環境でよく使われ、AIFFはアップルのMacintosh環境で使われるもので、ipodもアップル製品であり、AIFFの方がやはり相性が良かったのかも知れません。

データの容量はMP3に比べると10倍になりましたし、一般の方が聞いたところでしっかり聞き比べをしなければ判断できるほど明確な違いではありませんし、それなりに再編集の作業も時間がかかりましたが、それでスピニングマスターズのショーのクオリティが少しでも向上するのであればという思いで頑張りました。

音楽を再生するハードウエアの選択、そして音楽をデータ化して編集するためのソフトウエア、どちらも時代と共に進化しておりますのでその追従は大変!!いつまでついていけるだろうか?と思うこのごろであります。表舞台からは引っ込みましたが、裏方での自分の居場所というか持ち場を可能な限り守っていきたいと思います。

今日の報告記は大道芸のことというよりも裏方でもかなりマニアックな部分のお話。「何を言っとるんじゃ!このおっさん」という方もおいでなのかも知れませんが、こんな小さなところにもノウハウというものが存在して、それを武器として活用しているのがスピニングマスターズの大道芸であり、パフォーマー2名だけでは実現しないクオリティなのです。

 
10月12日 土曜日 さわやかの丘 秋祭り & げんきの郷 大道芸

久しぶりのイベント報告記です!

みなさま、大変ご無沙汰しておりました!っていう書き出しがピッタリなくらい開いてしまっておりましたスピニングマスターズのホームページ更新ですが、このところイベント出演も少なく時間が取りやすいので先日のipodのファイル更新に引き続き、道具のメンテナンス、音響機材の新旧入れ替え作業、道具箱の補修など、以前から気になっていた作業を一気にやっつけてしまおうと作業開始。時間があったからやろうと思い立ったのが逆に時間に追われる羽目に。

やらなきゃいけないことを後回しにして貯め込んでいると、そのツケは大変なことになるもんです。(笑)やっと落ち着きましたが、スピニングマスターズの技術部担当のトモヒロパパは大忙しの2週間でありました。

さて、秋空が広がるさわやかな気候となりましたね。大道芸をしていても相変わらず汗くらいはかいてやっておりますが、ゼイゼイ、ハアハアと言いながらファイヤーショーをしていたころから比べれは随分と楽になりました。

道具や機材のセッティングもバッチリ!また気分も新たに気合を入れ直しつつイベントにも取り組んで行けます。

げんきの郷のすぐとなりにあるさわやかの丘で開催される秋祭りに出演。強風でテントがバタバタと音を立てるほどの状況でしたが、何故か日向は真夏のような暑さ。お客さんはテントの下からご覧いただく形となるので、ステージには乗らず、ステージと客席の間のスペースでパフォーマンスを展開。津軽三味線の演奏も含めてフルショーを全力でお届けしました。

さわやかの丘での出演を終え、車に機材を積まなくても移動可能なげんきの郷にお引越し。さわやかの丘での現場に比べ、いつものやり慣れた場所の方が風の影響も少なく、「これなら何とかやれそうだね」と相談しながら急いでセッティング。

いつもの土曜日に比べると強風の影響からなのかお客さんも少な目という感じを受けるげんきの郷。大道芸としてはいつもと変わらぬよう実施もできるとは思いますが、集客には苦戦しそうな予感。(笑)
この日は2年ぶりにお会いする親しい方とのお約束と、大道芸をテーマとした取材など予定もありました。

テレビとか雑誌の取材ではなく学生さんの研究に協力なのですが、取材インタビューの内容は不明。

取材を受ける側としてはドバっと数百人をアッという間に集客して、ドカ〜〜ンと盛り上がって・・・などと考えますが、まぁそれは理想。今日は本来の大道芸らしい空気を感じてもらえるから、かえってこの状況の方がイイのなか?そう思いながらげんきの郷での大道芸をスタート。

1時過ぎからと3時くらいからの2回のショーができました。やはり予想通り集客には苦戦をしましたが、こういう時の「場」の作り方というのは独特な雰囲気の中で、臨機応変な対応力が要求されるもの。

簡単なことではないのですが、それなりにイイ雰囲気が完成した時っていうのは、パフォーマー側にも達成感にも似た満足げな感じがあります。お客さんにも笑顔になっていただけてやって良かったと思った大道芸でした。

その後、近くのファミレスに移動してインタビュースタート。どっちが取材されているのかわからなくなるほどで楽しい取材となりました。

毎年、忙しい夏を乗り切ると道具や機材のお手入れが大変なのですが、ひと段落したのでオフ日にケイコママと一緒にぶらりとお出かけしました。

美味しい蕎麦と秋ならではの栗きんとんを求めて馬籠宿へと。ケイタの結婚式やらその前後でのイベント、大道芸活動、メンテナンスなど目まぐるしいお仕事から離れてしばしの休息タイム。こうして一旦気持ちを大道芸から切り離してリフレッシュさせておくと、また気持ちを入れ込んで活動に戻れるのでたまにはこんな時間もあってもいいかな?

特にお目当てがあるわけではなかったのですが、フラっと入ったお店の御そば&栗おこわ、これは絶品でした!中津川インターから20分程度と適度な距離。とってもリラックスできた休日でありました。

スピニングマスターズの大道芸パフォーマンスの出演依頼・お問い合わせは
事務局オフィス・マムのケイコママまで!!

こちらのページのフォームからお気軽にどうぞ!

 
10月13日 日曜日 デンパーク ご当地グルメ&クラフトビールフェア

スピニングマスターズとしてこの秋のメインイベントと言っても良いほど気合を入れて準備を進めていたのが本日の出演。

安城産業文化公園デンパークで開催されている秋穫祭の中の1つ「ご当地グルメ&クラフトビールフェア」での大道芸パフォーマンス。今回で3回目となりましたが、とっても広いところなので音響やトーチを強化したのも少しでも見ていただきやすいようにと思ってのこと。右の写真をご覧いただいてもその広さがわかると思います。ズラリと並んだベンチシート。これだけの数があると全部お客さんで埋めることができるんだろうか?とパフォーマー側がビビッてしまうほど。更にこのベンチシートの後方には階段イスもあり、満員御礼では800人以上のキャパなのです。

私たちスピニングにとってもこの日のパフォーマンスは久しぶりに「エンジョイ!&チャレンジ!」という感じでした。

朝の搬入時からランチタイムもとっても楽しみでありました。いつもの大道芸活動なら、朝コンビニに立ち寄ってお昼のお弁当を買い込んで現場入りが普通なのですが、この日は園内のグルメフェアをたっぷり味わってしまおうと完全手ぶら状態でやってきました。(笑)ケイコママも並ぶ気満々!!
そうは言ってても食べることよりお仕事優先。ベンチの配置、パフォーマンスエリアとの距離感、各回の演目や構成などすべてにこだわって準備してスタンバイ状態が整いました。

1回目は11時のショータイム。10時50分にBGMをオン。この時点で数名のお客さんが待っていてくれる状況でスタートのしやすさはこの上ない状態だったことと、前座的にやっている一発芸や小ネタに対する反応がハンパないくらい良いのです。

この日は少しだけ暑かったのでどこまで近寄っていただけるかな?と思っていましたが、ショーの前座部分が終わるころにはほぼフルシート。さらに階段イスの後方にも立ち見のお客さんの壁ができてしまうほどで、金髪ちょんぼケイタのとっさの判断に「寄せ」をして整理をし直したくらいでありました。

滞留効果のことを考え、そしてお客さんにはより楽しんでもらいたくて3回とも前座部分の構成を変えました。

1回目はファイヤーデビルスタート。2回目は津軽三味線の演奏と舘ひろやコンタクトの組み合わせ、そして3回目はウルトラ7まで繰り出して、スピニングの芸のすべてを絞りつくしての全力パフォーマンスを展開。その甲斐あってこの広い場所で、これだけの人数のギャラリーと一体感が完成できるのは少し難しいかと思っていたのですが、デンパークのお客さんに満点以上にしていただいたと言えるパフォーマンスとなりました。

夏前から打ち合わせをしたり、現場に合わせて機材を整えたり、最終的にはショー開始の5分前に演目の構成を変えてでも集まっていただけた客層に合わせることなど、この瞬間にかけていた自分たちの思いがお客さんに通じたのだと思えたら胸が熱くなりました。

会場内でパニックになったりしないように、また、グルメフェアもいっぱい楽しんでもらいたいので、1回目と2回目はあえてしなかったバルーンプレゼントを3回目は実施。沢山のお客さんとコミュニケーションできて本日3回の大道芸パフォーマンスを完了。

ランチには「四日市トンテキバーガー」や「デンパーク手作りソーセージ」そして「豊川いなり寿司」を食べました。1つだけ心残りだったのは「瀬戸焼きそば」があまりの長蛇の列で買うことができず断念!(泣)これはまた次回のチャンス到来を待つことにしましょう!

真っ青な秋空と美味しい食べ物、そしてお客さんの笑い声、スピニングマスターズにまた一つ宝物のような思い出ができました。デンパークでお会いした皆様ありがとうございました!!!

 
第6回 姫路大道芸のお知らせ

第6回 姫路大道芸参加のお知らせ

突然でありますが、10月27日 日曜日に姫路駅周辺で開催されます、第6回 姫路大道芸に参加させていただくこととなりました。

スピニングマスターズも全員が初めての場所で、初参加の大道芸フェスティバルなので、現場の状況などよく把握できておりません。簡単で申し訳ないのですが取り急ぎスピニングマスターズの出演場所と時間だけお知らせいたします。

日程 10月27日(日)10:00〜17:30
場所 姫路中心市街地商店街・東御屋敷跡公園ほか

1回目 商店街ステージ(ヤマトヤシキ北)にて10時30分〜
2回目 サンクンガーデン(姫路駅前)にて 13時00分〜
3回目 城見台公園 にて 14時30分〜

※雨天の場合

1回目 商店街ステージ(ヤマトヤシキ北)にて10時30分〜
2回目 御幸通りB (東京三菱)14時00分〜

詳細情報、お問い合わせは下記に

姫路大道芸ワールドフェスティバル実行委員会 事務局
〒670-0922 姫路市二階町84番地水田ビル3F  
NPO法人姫路コンベンションサポート
TEL 079-286-8988 FAX 079-286-9009

メール
info@denpakudo.jp  

URL http://denpakudo.jp

下記の地図をご参考ください。当日会場周辺ではプログラムやテイムテーブルなど入手できるかと思います。

 
10月26日 土曜日 ジャズドリーム長島 大道芸

秋になってからも雨の日が多く、土日のたびに空とにらめっこという状態は続いています。それに今年は台風ラッシュだしね。大道芸活動はお天気に振り回されっぱなしです。

久しぶりにアップするスピニングマスターズのホームページですが、このところ本当に雨でパフォーマンスできない日が続いていて、暇で暇で本当に報告記に書くこともなかったので、いつもは触れない話題で報告記の更新。

左の写真は26日当日の写真ではありませんが、我々ジャズドリーム長島でのパフォーマンス活動をしてきた芸人にとっては親しい間柄というか、もはやお友達感覚でお話する警備のスペシャリスト。(お名前はご本人の承諾をもらっておりませんので控えます)この方々が大道芸をしている間の安全確保など警備についてくれており、パフォーマーも安心してショーができるというわけであります。言い換えれば古くから大道芸をずっと見てきて、我々の成長過程を見守ってきてくれた人でもあります。その中でも有名人的な存在がこの御方。

26日土曜日はロト先輩と一緒にジャズドリーム長島での大道芸。ジャンジャンやって来る台風やら、急激に寒くなって半袖ではぶるぶる震えるほどの気温変化に戸惑わずにいられない日でした。大道芸に集まって来てくれるお客さんも冬の服装をまとっているかたも多くなってきました。

それにしてもチビッコの多さにはビックリ!!いつも普段の大道芸でも平日、休日を問わずチビッコもキッズもおりますが、この日はいつもの3倍くらい?って感じました。ショーをやっていてもなんとなく落ち着きがなく、遠くからお母さんに呼ばれて突然走り出しパフォーマンスエリアを突っ切っていく子などもいて、もう安全対策が大変。スピニングは夕方までに2回の大道芸ができ無事撤収。その時ロト先輩は親に置き去りにされたキッズたちにからまれて手こずっておりました。その後どうなったことか・・・。そんな心配な様子を横目で見ながら搬入口へ。

スピニングマスターズはこの日のジャズドリーム長島での大道芸を終え、初参加の姫路大道芸フェスティバルに向かう予定。姫路周辺でのパフォーマンス自体も初めてで、現場の雰囲気も良くわからないため、26日中には移動を完了し夜のうちに現場の下見もしておきたいと思っていました。

今回のフェスティバルのように一日数か所での大道芸スケジュールが組まれていて、移動がある場合には事前に下調べをして、パフォーマンス現場の様子や、どんな向きでやったら最適なのか、また近くに車を止められるパーキングが確保できるかなど、情報収集は必須なのであります。

自分たちが楽しめるために、そして出会ったお客さんに楽しんでもらえるように。どのルートで移動するのが最短なのか、時間に間に合うのかなど不安を抱えて寝てしまうより、事前にできることはしっかりやっておくことが重要。

サラっと見ておくだけでも大体の感じはつかめました。明日がとっても楽しみです!!

 
10月27日 日曜日 姫路大道芸フェスティバル

スピニングマスターズの地元には円頓寺や大須商店街など時々買い物にお出かけするアーケードがあります。どちらも大道芸を見ることができる場所でありますが、残念ながらスピニングマスターズは出演したことはありません。別に避けているわけではないのですが、スピニングの必要としているパフォーマンススペースにちょっと不安があり、安全第一と考えると中々アーケードの中での大道芸というものに率先していけないのが理由であります。

今回は主催者さんの好意で比較的広いスペースが取れる場所をあてていただき、あこがれでもありました商店街アーケードの中での大道芸を披露することができました。

朝はホテルで朝食をして最初の現場で機材を降ろしケイコママと二人で先行してセッティング。ヒロヤとケイタはミーティング場所へ向かいました。

10時半という大道芸をするには極めて早い時間帯。まだまだ商店街の中も人もパラパラ。時々自転車に乗ってフラフラしているおじさんが「今日、なんかすんの?」と馴れ馴れしさを超越した雰囲気で聞いてくるくらい。30分のセッティング中にざっと5〜6人は居たかな?自転車通行禁止の場所、まさか大道芸が始まっても人垣の中に自転車にまたがったままのギャラリーがいるとはこれまた想像をはるかに超えておりました!!(笑)

そんな地域性の違いも私たちスピニングには楽しく思え、こういうのが商店街での大道芸だと思うと更にもうワンランク上の楽しみが湧いてきます。

それよりも我々の大道芸を見てくれるお客さんは集まるのか?しらけた雰囲気でスベリまくったら二度と姫路には来たくなくなっちゃうんじゃないかなどチョイ不安もありましたが、1回目は大勢のお客さんに来てもらえて終わってみれば予想以上の結果でした。

商店街のアーケードを抜け姫路駅方面に移動。2ヶ所目のポイントは実は地下。ウッドデッキでフラット、しかも周囲は広く、ギャラリーが集まりそうな場所が多く分けて3ヶ所になり、目の前にいるお客さんだけを対象にショーをしていてはお客さん同士で温度差ができてしまいそうな、ちょっと難しいフィールドでありました。

獅子舞の直後で一旦お客さんは解散状態になるのでゼロスタートであるのはやり易く助かるのですが、かなり遠くからでも見てもらえるので、細かいパフォーマンスをすると目の前のお客さんしか楽しめないような感じ。OK!ヒロヤも金髪ちょんぼケイタも前日の下見の時からそのことは考えていたようで演目の構成などもフィールドに考慮したもので実施。ただ完全に屋外なのですが火器の使用はかなわずちょっと迫力には欠けるのがパフォーマー的に残念でしたがギャラリーは存分にお楽しみいただけたようでした。

3つ目のポイントに向けて大移動!車での移動は諦め台車で手押し。1キロ近くあったので、今回のフェスティバルでこの時が一番スピニング的には大変でした。しかしこういうのがフェスティバルらしく、チームワークの強化にもなるし、移動中にお客さんから声をかけてもらったりして本当に楽しい。

3ヶ所目が大道芸ポイントとしては最終で、ここだけは火器の使用が認められていたので、いよいよスピニングとしては本領発揮できるというか、例えるなら水を得た魚とでもいう表現がピッタリ。

メチャメチャ人が多いメイン会場らしい公園を通り越し、ひっそりとしたややおとなし目の城見台公園に到着。ここもまた自力での集客勝負です!!

火気使用不可の商店街と駅前から今回唯一ファイヤーショー実施となった城見台公園の会場。ステージらしい場所はありましたが、あえてパフォーマンススペースを広く取りたくて主催者の了解をもらい場所の変更。スピニング以降のパフォーマーは何故かここが標準場所となっておりました。(笑)すんません!

まったく人気の少ない公園でしたがお客さんでいっぱいになるように集客に燃えました!!獅子舞の皆さんも沢山見てくれたファイヤーショー。スピニングもここにきてやっと調子が出てきた感じで、雰囲気も一番大道芸らしいく最初から満員御礼で前座スタート。

最後の力を絞り切るようにしてのパフォーマンスでしたが、お客さんの笑い声や歓声が直接耳に入ってきてやってて一番楽しかったのがここ。

これで予定されていた3カ所での大道芸パフォーマンスは終了。最後にフィナーレっぽいことをするというんでちょっとだけ参加し、他の参加パフォーマーの皆さんにご挨拶をして名古屋に向けて出発。

この姫路大道芸フェスティバルには今回初参加。第6回目ということでしたが、獅子舞のパフォーマンスと大道芸パフォーマンスとが共存していて見る側のお客さんにとってはどちらも楽しめて面白いフェスティバルだと思いました。

確かにパフォーマーの目線からすると、移動距離や時間、各ポイントでの入れ替わりのインターバルの無さ、グダグダのフィナーレなど、要望としてはいくつかありましたが、今後がどんどん良くなっていくと思うので、将来が楽しみな大道芸フェスティバルであることは間違いありません。

実はスピニングマスターズは姫路大道芸で津軽三味線の演奏も考えておりました。しかしフェスティバル当日の1週間ほど前に詳細が届いて、結構移動距離があって時間もタイトだったので三味線を抱えて移動したり、準備撤収にも時間を要してしまうと他のパフォーマーにも迷惑をかけることになってしまってもいけないと思い、今年は着前に断念しましたので、来年もう一度参加できればファイヤーショーも津軽三味線演奏もたっぷり楽しんでもらえるように頑張りたいと思いました。

会場で出会った獅子舞の皆さんとも交流でき、楽しい一日を初登場の姫路で過ごすことができ、主催者の方たちにも感謝しております。ありがとうございました!!!

 
<<<< スピニングマスターズ 大道芸・イベント報告記 2013年 Page10 >>>>
このホームページの作動確認は以下の環境で行っております。OS:Windows XP / ブラウザ:Internet Explorer ver8 1024ピクセル以上推奨 / プラグイン:Flash Player必要
このホームページの著作権はスピングマスターズ事務局オフィス・マムが所有しております。無断で画像・動画・文書等、データの転写、使用を禁じます。
スピニングマスターズのホームページへのリンクは自由に行ってください。ただしリンクをしたことによって起こるいかなるトラブルにも責任を負いかねます。