<<<< スピニングマスターズ 2014年 イベント大道芸 報告記 Page02 >>>>

2月16日 日曜日 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 大道芸

2月後半から活動を休止しておりましたスピニングマスターズ。本人のミクシィやフェイスブックなどでも書かれておりましたし、スピニングマスターズのブログでも公開しましたのでご存知の方が殆どだと思います。

金髪ちょんぼケイタが手を骨折してしまい現在もまだリハビリ中の状態。現在は手術も無事に終わり、退院もでき大道芸現場へも同行するほど元気な状態であります。(3月7日現在)

この報告記はそれ以前のものです。ちょうどケイコママの誕生日で、ジャズドリーム長島での大道芸活動の様子です。

2月に入ってからは何故か大雪続きの日本列島。この日はかろうじて気候的にもまずまずでありましたが、春を感じられるほどではなく、午後の早い段階で大部分が日影となってしまうサザンベルスクエアはやっぱり寒いっ!!そんな日でした。

その一瞬をついて1回目のショーをしたときの写真が右の状態。ステージに向かって左手側の一部だけが日向なのが写真からもわかります。このあと1時を過ぎると日が当たる場所は皆無となり、見た目にも寒い感じで、そんな雰囲気に打ち勝つくらいのモチベーションがパフォーマーには要求されるというわけであります。

その後ナイトパフォーマンスまで頑張ってこの日は活動終了。確かに沢山のお客さんと盛り上がって楽しく大道芸ができたことは幸せでしたが、ナイトパフォはさすがに手がちぎれるよ〜ってくらい空気が冷たく、お客さんにしてもよく拍手を頂けたという感じで、パフォーマーもやり切ったという達成感を感じるほどでした。

この後、トモヒロパパが熱を出してダウン。さらに金髪ちょんぼケイタがコケて骨折・・・何という不運か?2月20日から活動を休止することとなりました。

まだいつから活動再開できるのか?この時はまったく先のことはわからずジッと耐えての毎日へと突入していきました。

3月7日 金曜日 大府アグリタウン げんきの郷 大道芸(OK!ヒロヤのソロデビュー)

スピニングマスターズとしてアマチュア活動を開始してから、かれこれ15年以上でしょうか?ブログの方でもいろんなことを書きましたが、スピニングマスターズの歩んできた歴史の中でソロ活動をしたことはありません。正しくは殆どしたことがありませんと言った方が良いのですが、4人で活動をしてきたので、1人が病気などでダウンしてもカバーしやすく、残り3人での活動は続行できたのですが、今は表舞台で動き回るのは金髪ちょんぼケイタとOK!ヒロヤの二人だけ。

トモヒロパパが入院をしたときも事前に二人だけでショーができるように音響機材や大道具、小道具などを改造でき、それらの事態に対処するための準備ができたので大きな影響はありませんでした。

ケイコママが入院した時には男だけでの家事には苦戦しましたが(笑)、病室からのケイコママによる的確な指示をもらいながら私生活を維持し、パフォーマンス活動も何とかできました。

しかし今回、金髪ちょんぼケイタを欠いた状態というのは初めてであり、スピニングマスターズとして1つずつ積み上げてきたショー「大道芸じょんがら」は休止するほかなく、選択としてはOK!ヒロヤのソロ大道芸活動しかありませんでした。

ただ、ケイタの退院までは活動を再開するのを待ちたかったので、ソロ大道芸のためのネタ作りやBGMの製作、ショー全体の構成などOK!ヒロヤを中心にトモヒロパパとケイコママとの3人で、来るその日のために準備してきました。

3月3日、手術終了。そして3月6日退院。
経過も順調でリハビリに入ったため、いよいよOK!ヒロヤのソロ大道芸で活動再開。

この報告記ではOK!ヒロヤの記念すべきソロ大道芸デビューにスポットをあてて報告したいと思います。

ケイタがしばらくジャグリングができなくなるという事実が分かった時に直近のイベント、大道芸などは周囲のパフォーマーに交代してもらいました。しかし退院ができたらソロでの活動再開をすべきと判断してからは、本人も頭の中でイメージは作っていたっと思いますし、トモヒロパパも全体イメージはこんな雰囲気にというものは持っておりました。お互いにそれらを出し合ってみれば方向性は同じ。

やっぱりOK!ヒロヤ単独であってもスピニングらしいパフォーマンスが良いということ、そして「大道芸じょんがら」のテイストは引きずらないこと、新しい「スピニングブラザース・ファニーショー」での構成はあくまでも金髪ちょんぼケイタとの掛け合いで成立するショーであること。いろいろ考えた結果新しくゼロスタートに近いことをする必要があり、そこが出発点となりました。

前日のジャズドリーム長島でのデビューショーが上手く行って、本日2度目のソロとなるOK!ヒロヤ。ジャズではまたまたやって来た寒波の影響でかなり寒くて大変でしたが、予想以上に集客もでき、お客さんとの関係作りに成功。デビューとは思えないほどの成果でちょっと気が楽になりました。いやいや本当にホッとしてたのはOK!ヒロヤ本人かもしれませんが、今日のげんきの郷ではメンバーも全員同行しリラックスした感じでショーに挑みました。

アマチュア活動をしていたころからスピニングマスターズには独特のパフォーマンススタイルがあります。当時から「え?これが大道芸?」と言っていた人も周囲にはおりましたが、他の大道芸パフォーマンスとは全く別路線だと自分たちは思ってやって来ました。そこはブレることなく自分たちのオリジナリティーを大切にしておりました。

今回のソロもその路線の上にはおります。特に見どころはOK!ヒロヤが中学生自体からやっていたディアボロのフリースタイルパフォーマンス。当時のままというわけにはいきませんが、その雰囲気を残しつつも今の自分に合ったディアボロプレイを展開しています。

ショーの後半2つのメインディッシュの内、ディアボロの次はファイヤージャグリング。ラストはバランスを組み合わせて一気に折りたたみます。ショーの内容やコンセプトについてはまだまだ報告記で紹介できる機会もあると思いますので、今回はデビュー2回目のショーの様子を報告いたしました。

スピニングマスターズのパフォーマンスは二人でやることにより互いに引き立つのであり、それぞれのキャラにも味がでるように考えてきたので、ソロでの苦労した部分はパフォーマーのキャラや芸風をどのように表現していくのか、その方法に集中していました。

さらには裏方で音響をするトモヒロパパともギアが上手くかみ合うことでショーの雰囲気をも左右されるので、この点においてもまだまだツメが甘い部分はあります。

まだまだやりたいことや、こうしたいという希望はあるのですが、もしかしたら納得できる完成域に到達するころには金髪ちょんぼケイタの復活というタイミングになるのかもね。それはそれで嬉しく、ソロでの大道芸活動も3月いっぱいという見通しです。

3月8日 土曜日 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 大道芸(OK!ヒロヤ)

ソロ大道芸を開始して4回目のOK!ヒロヤ。
アドバイザー(?)として同行する金髪ちょんぼケイタのやさしい(?)ダメ出しや、音響との掛け合いの要望などをソロリソロリと出してくるトモヒロパパの意見など、おそらくは自分で納得したり、飲み込んではいるのでありますが、そうは簡単にはいかない状況下での必死のパフォーマンスをしているOK!ヒロヤなのです。

しかし4回目にしてのクオリティーとしては身内である感情を差し引いても良くやっていると思えるレベルで、既にいくつかのパートでグレードアップ。

最初は無理をせず、自らが好きな演目をメインとして選択をしたのが、ディアボロとファイヤージャグリング。昔も今もそうですが、やっている本人が楽しくやれなければ、お客さんには楽しい空気が伝わらないというスピニング流の思いが理由。

もちろん本人だってモチベーションも変わってくるから好きなことを中心に構成を組むことは大切なのですが・・・。

ただし、好きなことを好きなようにお見せするということとは、また意味も違ってくるのです。良くスピニングマスターズの家族会議で芸の話になると必ず口をついて誰かが言うのが「見せたい技、ではなく、お客さんが見てわかりやすい技を」なのです。

特にディアボロは複雑な技が多くなると、その技の違いなどはさっぱり理解できないものも多く、ジャグリングやディアボロの大会なら必死になって技を詰め込みたいところですが、一般のお客さんの前で複雑トリックのオンパレードではNG!!

そのあたりはOK!ヒロヤも十分にわきまえており、アマチュア時代やセミプロ時代にやって来たディアボロのソロプレイに比べると、技もシンプルで手数も少な目。やっぱり自分の好き勝手なパフォーマンスはストリート現場では受け入れられないのでしょう。

そういう中で少しずつお客さんのリアクションなどを見ながら程よくバランスの取れたクオリティーを更に目指します。

3月9日 日曜日 大府アグリタウン げんきの郷 すくすくヶ丘 大道芸(OK!ヒロヤ)

げんきの郷のすくすくヶ丘での久しぶりの大道芸パフォーマンス。いつも大道芸をしているふれあい広場(芝生の広場)とは少し離れた反対側の場所に位置しているすくすくヶ丘。

すくすくヶ丘の雰囲気は少し洋風というか、女性やこどもも意識した感じで、いつもの場所とは確実な違いがあり、ちょっとした理由から「久しぶりにすくすくヶ丘での大道芸だ」ということになりました。

大道芸じょんがらは文字通り和のテイストのパフォーマンスです。世代的にも三世代同時エンターテイメントとして目指したコンセプトもあり、比較的大人中心のショーとして存在していました。それゆえに現場の雰囲気とか背景にマッチングしないのですくすくヶ丘でのショーは控えていたという事情がありました。ジャズドリーム長島で津軽三味線の演奏をしなくなった理由と似ているのですが・・。

今回のOK!ヒロヤは和テイストでもなく、一切三味線などの音源も使用せず、どちらかと言えば洋風テイストで、しかも1960年とか70年代などを意識した全体雰囲気を出したいと思っており、期間的にもあまり長くやるものではないものの一度は試してみたかったフィールドでもあり、それが実現できました。

正直に言うと子供の遊び場的なイメージが定着し過ぎていて、大道芸でしかもファイヤーショーをするにはパフォーマーの間でも難しいと思っている人は少なくないようです。事実この数年はこの場所は大道芸で使われていなかったようでしたが、今回はOK!ヒロヤのソロで実施してみて意外な結果を手にすることができ「すくすくヶ丘でやってみて良かった!!」というのがメンバーの本音となり、楽しく活動ができました。

集客スピードというものがあるのならふれあい広場の方が早く、盛り上がり方などはすくすくヶ丘の方が良いという印象が残りました。

食わず嫌いで、他のパフォーマーのうわさ話や勝手な自分の印象だけで現場から離れてしまうのは残念なことです。基本的にはスピニングマスターズは自分で確認して自分の演技で得たデータしか信用しませんが、いけないこととわかってはいても、いつしか怖がりになり、一度印象がイマイチと思い込んでしまった現場へ行けなくなってしまうのです。

苦境に立たされたり厳しい状況かとなると、そんな時だからこそと思うのですが、今まで見失っていたことに気付けて、突然と思いが行くことがあり、自分たちの普段の大道芸活動のありかたを振り返る良いタイミングが今日の活動だったのかも知れません。

今日の大道芸で忘れていたもの、無くしたものの代わりに大きなものを手にした気もしました。

前日のジャズドリームと今日のげんきの郷すくすくヶ丘での2日間で大道芸4回。これで通算7回のソロ大道芸を終えたわけですが、本当にお客さんやファンの皆様に助けられております。ホントに毎回大道芸終わるたびに思い知らされています。

本来ならホームページ上の報告記では「おひねり」についてはタブーな部分なのかとも思うのですが、「皆様のお気持ちを・・」と口上で投げ銭をお願いするのが大道芸パフォーマンスではエンディングの常なのですが、この数日のソロ大道芸で多くの方から「二人分ね・・」と言って入れてくださったり、遠く離れたところで見学していた金髪ちょんぼケイタを見つけて「弟くんだよね」っておひねりを渡してくださったり、普段スピニングマスターズとして2人で活動をしているということを知っていてOK!ヒロヤの大道芸をご覧いただいていたことと、その方々の存在の多さに驚くばかりです。

この数日は大道芸活動に復帰した喜びや、金髪ちょんぼケイタも現場に同行できることでの安心感や、もう言葉では言い表せられないほどのいろんなことに感情に揺さぶられるのですが、何よりも現場のスタッフのかた、周囲のテナントのかた、スピニングマスターズも知らなかったほどの潜在的なファンの皆様も含めて実に多くの方々に支えられていることに「感謝」という言葉以外には表現が見つかりません。

3月21日 金曜日 平子学区連合子供会 ディアボロ体験教室

スピニングマスターズにはこの十数年間変わらないものも沢山あります。十年以上も前から児童館や学校の家庭教育セミナーなどで実施していたのがディアボロ体験教室。

当時から子供会イベントでも大好評でありました。年々スピニングの商用イベント出演や大道芸での活動が忙しくなる一方で段々と減少方向だったのがディアボロ体験教室です。

今日は久しぶりの子供会イベントにメンバー全員でお邪魔して沢山のキッズたちと一緒にディアボロ回しを楽しんできました。

今日の子供会さんはとっても賑やかで明るい感じ。外は風が強くて大道芸だったら「できない!」ってくらいの寒い日でしたが、体育館の中では大勢の子供たちで熱くなるくらい。

まずはOK!ヒロヤから基本的な回し方をレクチャーしてもらい、その後貸し出し用のディアボロセットを受け取ってからいよいよチャレンジ!!

と、言っても子供たちがローリングスタートをマスターするのってメチャメチャ早いのです。ホントにビックリするくらいのスピーディーさでした。

スローアンドキャッチなどのちょっとした技に成功すると嬉しそうな子供たちの声があっちでもこっちでも。目をキラキラとさせながらディアボロ体験を楽しんでくれていました。

スピニングマスターズでは子供会イベント、学校鑑賞行事などでの大道芸パフォーマンスを承ります。お問い合わせ、出演依頼はスピニングマスターズ事務局 オフィスマムのケイコママが対応いたします。
こちらのメールフォームからいつでもお気軽にどうぞ!!>>>お問い合せ

★どんなところでもパフォーマンス可能な、一般向け演目「大道芸じょんがら」と子供会や学校、保育園、幼稚園など限定のキッズ向け演目「スピニングブラザース・ファニーショー」がございます。
★子供会、学校の家庭教育セミナーなどで大好評「ディアボロ体験教室」もお受けしております。パフォーマンスショーと合わせてご依頼ください。
★音響機材・ステージ照明など別途ご用意いただく必要はありません。電源と適切なパフォーマンススペースがあれば最高のパフォーマンスをお届けできます!
3月23日 日曜日 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 大道芸(OK!ヒロヤ)

三連休最終日はジャズドリーム長島。

今回の報告記は金髪ちょんぼケイタがカメラマンとして報告記用の写真撮影をしました。

三連休は毎日かなりの爆風で春の嵐が吹き荒れておりましたが、この日はそこまで強烈な風はなく助かりました。

OK!ヒロヤもだんだんとソロ大道芸に慣れてきて、小ネタを挟んだり、アドリブで脱線してみたり、少し余裕が出てきた今日は3回の大道芸すべてを構成や演目の順番を入れ替えながら、しっくりくるやり方を探していました。ジャズにはジャズのやり方というものが必要。

OK!ヒロヤのソロ大道芸をするようになってからまだ数回と経験も少ないナイトパフォーマンスもやってみました。

チャンスがあった時にはどんどんチャレンジしていかないとね。

ナイトパフォーマンスではディアボロ2つを使ってのトス技も組み入れていて(めったにショーの中では2ディアの技をしない)かなりレアはショーでした。

そう言えば明日から春休みのキッズもいるのかな?ついこないだがお正月だったのに・・・早いね〜。スピニングマスターズの4月からは大道芸スケジュールなどをメルマガで配信していく予定でおります。

3月26日 水曜日 親友の結婚式にて(OK!ヒロヤ)

小学校時代からの友達が結婚!!

ケイタも一緒に式に参列し、披露宴会場でのパフォーマンスをしてきました。

当初は津軽三味線の演奏も良いかな?なんて思っていたんですが、ご存知のように金髪ちょんぼケイタは現在リハビリ中。まだもう少し復帰には時間も要するということで、今回はOK!ヒロヤがソロパフォーマンス。金髪ちょんぼケイタが音響オペレーターをするという奇妙なコンビ(?)で会場を盛り上げてきました!

本当に仲が良くて小さい時から一緒に遊んだ親友が新しい第一歩を迎え、そのおめでたい席でのパフォーマンスは良き思い出になります。

いつまでも、お幸せに!!!

4月5日 土曜日 安城産業文化公園 デンパーク(OK!ヒロヤ)

月が替わり4月となり、まだまだOK!ヒロヤのソロ大道芸は続いております。

今回は安城産業文化公園デンパークでのソロデビュー!!デンパークのスタッフさんから暖かいお声をかけていただき、急遽実現した大道芸パフォーマンスで、誰よりもOK!ヒロヤ本人が一番この日を楽しみにしておりました。そこにスタッフの方がニコニコ顔で持ってきたもの。それが左写真の告知看板。これにOK!ヒロヤがテンションアップ!!!

パーク内にはいたるところに春の花が咲き、青空にところどころ浮かんだ雲が、まるで絵のような素敵な空間でありました。

風が少し強めで冷たく感じるくらいでしたが、それ以外はとっても好条件。開園と同時に沢山のお客さんで賑わっていました。

この日は3回のショータイム設定。最初の11時半の時はゲートを入って一段下のスペースで、昨年の12月のプロジェクトマッピングのナイト営業の時に大道芸をやれせていただいたところと反対側に位置する同じ感じのポイント。

スピニングマスターズとしては初めてのところですが、大道芸をするには十分なスペースで、ましてやOK!ヒロヤのソロショーでは全く問題なし!!

お客さんにゆっくりとご覧いただくためのベンチシートだけお借りしてセッティング完了。お客さんの期待に応えられるだろうか!?フルシートになり盛り上がってもらえるのだろうか?いろんな思いが湧き上がって来る中でショースタート。

実は1回目のショーの時だけ構成を標準的にしました。これにはきちんとした理由があります。いくらスピニングマスターズとしての経験値が高かろうが、OK!ヒロヤとしてのショーをお届けするのは初。より良いショーをより現場の雰囲気に合わせてお届けし、子供だけでなく、大人の皆さんにも一緒に楽しんでいただくためにとても重要かつ必要な作業で、アベレージ的な構成のショーをしてみて、お客さんの反応から次のショーでは最適な構成を見つけるためのリトマス試験紙としてのショー。

とは言っても沢山のギャラリーの笑顔になっていく様子を見てそれほど大きな変更は必要ではないことを確信しました。

そして2回目のショーはデンパークさんとこども動物園さんのご厚意でステージ前の広場にお引越し。

これだけの好条件を与えてもらって良いショーができないわけがない!2回目も3回目もショーのスタートからエンディングまで一貫してお客さんとの一体感があるパフォーマンスができました。

3回目のショーは2回目のショーの時に比べれば、確かにお客さんは気持ち少な目ではありましたが、そんなことは気にもならないほどお客さんからのリアクションが出ていて雰囲気は最高!!楽しいのはお客さんなのか?それともパフォーマーの方なのか?(笑)

最近の大道芸活動では、特に強く感じるのですが、この日の大道芸のようにいろんな方々の好意で「このパフォーマンスが実現した!!」というようなケースも多く、さらにOK!ヒロヤのソロ活動となってからは人の熱い思いや、人情に触れるたびにグッとくるものがあります。

この日「ああ、良い一日だったな〜」としみじみと感じながら帰路の途中、夕食に立ち寄ったインド料理屋さんで午後六時を迎えました!!この日のこの時間、待ちに待ったコンサートチケットの先行抽選の結果発表!!

あまりの嬉しさにブログの方にも書きましたがこの数年の中ではテンションMAX状態!!大道芸も盛況!チケットもGET!!イイ日だぁ!!

スピニングマスターズがお届けする大道芸「じょんがら」は様々な条件に合わせた設定が可能です。お問い合わせ、出演依頼は事務局のケイコママが女性ならではのきめ細かい対応をお約束いたします。いつでもお気軽にどうぞ!!

★屋外でも室内でもOK!火器使用可能な場合も使用できない場合でも対応可能。
★パーティーや宴会、そして社内イベントなどではお集まりになるお客様の年齢層に合わせた演目での特別な構成でショーを実施いたします。
★お時間にゆとりがある場合には長めに、タイトな場合では短めにというような対応をいたします。お問い合わせやご依頼の段階でご要望をお聞かせください。
★音響機材・ステージ照明など別途ご用意いただく必要はありません。電源と適切なパフォーマンススペースがあれば最高のパフォーマンスをお届けできます!
4月7日 月曜日 はままつフラワーパーク(OK!ヒロヤ)

浜名湖花博2014を開催中のはままつフラワーパークへ行ってきました。

この数年はフラワーパークでの大道芸に度々通っておりましたが、お花をテーマにした施設だけに一年の中でやっぱり4月が一番きれいです。さすがに桜は半分くらい散ってしまい、代わって色鮮やかなチューリップが咲き乱れていました。

大道芸活動の方はまだまだOK!ヒロヤのソロパフォーマンスで、花博開催期間中はファイヤーショーはNGで、クラブやナイフに持ち替えてのジャグリングショーとなります。

いろいろ小ネタも増えてきて、OK!ヒロヤのキャラというものが少しずつハッキリしてきました。

ショーの進行もスムーズで、いちいち演目の構成などの打ち合わせをショーを始める前に毎回することもなくなり、パフォーマーとオペレーターの呼吸が合ってきた感じもします。

やっと安定したショーになり、OK!ヒロヤのキャラも方向性が決まってきたところですが、OK!ヒロヤのソロ大道芸も既にカウントダウン状態に突入。スピニングマスターズの中でも「やっとOK!ヒロヤのソロも完成したと思ったら、ハイ!終了!!だね」などと残念な会話なのですが、どこか全員が嬉しそうに話しているのです。それが本音というものなのでしょう。

金髪ちょんぼケイタのリハビリ終了も見えてきて、パフォーマーとしての復帰にも光が差してきました。

4月20日 日曜日 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 大道芸

このところ平日の大道芸ではかなり厳しい状況に追い詰められているジャズドリーム長島。では土日はどうか??日曜日はまだ何とかアベレージ的な集客での大道芸はできるのですが、土曜日は殆ど平日の状況と変わりなく、見渡す限り視界の中には人影が無いという状況もあるくらいなのです。

はじめてジャズドリーム長島での大道芸をスタートしたころの真冬の大道芸では、こんな状況を毎日のように経験してきました。お客さんあっての大道芸なので、お客さんが居なければ成立できないのです。

さすがに本日はお客さんも居て館内は日曜日らしい賑わいがありました。しかし「やっとイイ感じに・・」と思えたこの日が雨予報。本日の大道芸はももちゃん&魁さんのコンビとご一緒で、既に1回目のショーをスタートする時からパラパラと小雨が降ったり止んだりという逆風状態。

OK!ヒロヤは二番手で1時半ごろにスタート。天気予報では2時頃から降りだすということでしたが、降っていなかったのはスタートしてしばらくの間だけ。

右の写真ではいつもの雰囲気と違うことがあります。そうなんです!お客さんとの距離。雨が本降りになっても大丈夫なようにベンチを可能な限りパラソルの下にセット。そしてなるべく後方へ下げ、屋根のあるところに居るお客さんとの温度差が出ないようにちょっとした工夫を。

ショーはOK!ヒロヤなりにテンポアップし、いつもよりは少し早口なMCだったり、少し技を省略してショートカットしたりなど、それなりにお客さんに対し配慮した短めのショーをしました。

ファイヤーショーを終えるころまでは霧雨だったのが、ショーが終わったら段々強くなり、後片付けをしているころには本格的な雨。こういう日というのは全くできなかったというよりも、どういう形であれ1回でもできた!という方が精神的にも良く、仲良くももちゃんたちと一回ずつの大道芸パフォーマンスができました。

後片付けができ、ももちゃんとトモヒロパパはバンダイへ。その目的というのは「アイカツ」???。

トモヒロパパには何か新種の食べ物なのかな?と思ってしまうほど時空を超えた異次元のモノ。ももちゃんについてトコトコと社会勉強。

どうやらカードを使ってゲーム機の中で自分のキャラクターをオーディションなどを通じて成長させていくシュミレーションのようであります。このゲーム機に時には長蛇の列。たまたま2〜3組のお客さんしか並んでいなかったのでももちゃんと一緒に待ちながら、その間に前の子がやってるのを見て必死にお勉強しましたが、最後の最後まで完全に理解するには至りませんでした。(笑)ゲームを進行するときにボタンの選択をするももちゃんのスピードに驚いたトモヒロパパでありました。

 

<<<< スピニングマスターズ 2014年 イベント大道芸 報告記 Page02 >>>>

このホームページの作動確認は以下の環境で行っております。OS:Windows XP / ブラウザ:Internet Explorer ver8 1024ピクセル以上推奨 / プラグイン:Flash Player必要
このホームページの著作権はスピングマスターズ事務局オフィス・マムが所有しております。無断で画像・動画・文書等、データの転写、使用を禁じます。
スピニングマスターズのホームページへのリンクは自由に行ってください。ただしリンクをしたことによって起こるいかなるトラブルにも責任を負いかねます。