<<<< スピニングマスターズ 2015年 大道芸 イベント 報告記 Page04 >>>>

<1ページ > <2ページ > <3ページ > <4ページ > <5ページ > <6ページ >
8月1日 土曜日 日本特殊陶業 夏まつり2015

8月に突入!!!日本特殊陶業小牧工場で開催されました夏祭り2015に出演。

この日は特別暑さが厳しい一日で、パフォーマンススペース確認のため午後一番に現場入り。お日様が真上!(泣)

メチャメチャ水分摂ってるのにトイレには全く行きたくならない、つまりそれだけ汗で蒸発していってしまうという厳しい条件の中リハをしました。

トラックステージの裏側、ちょうど運転席付近に三角の日影があって、ここがスピニングの控室。きちんとテントは用意されてたんですけど、中は蒸し風呂。

前々から良く知っているハッピースマイルみきちゃんと一緒のイベントというのは実は初めて。大道芸ではよく一緒に活動をしましたが…。

そしてこちらも初の同じ現場。クレヨンしんちゃんです。(笑)

しんちゃんのショーはちびっこたちに大人気!

スピニングのショータイムの1つ前はみきちゃんの出演。なんと和太鼓パフォーマンス。あの細い腕で、よくあんな迫力のある響きが…と。凄いねぇ。

徐々に日が傾いていく中、ステージショーはスタート。スピニングマスターズのショータイムはちょっと遅めだったので直射日光ギンギンでのパフォーマンスではかなったのは救われました。(汗)

が、やっぱりファイヤーショーは熱い!!こんなに大勢のお客さんが見てくれるのならと頑張りました!これだけのギャラリーの皆さんが一体感を持つと爆発的な盛り上がりになります。この一瞬の盛り上がりのためにいろいろ準備をしてきましたが、そんな苦労もぶっ飛びました!!

暑かったけど、本当に楽しいイベントでした。ありがとうございました!!

 
8月8日 土曜日 地域イベント 夏まつり

地域行事 夏まつり出演のため渥美半島の方面に行ってきました。

大道芸、イベント出演に関わらず、いつも早目に行動をするように心掛けてはいるのですが、この日は東名高速が大渋滞。一般国道を渋滞を避けながら現場へ向かっておりました。

1時間は余裕を見てマージンを。豊橋付近でそのマージンは使い果たし、なんと現場到着は予定時間の5分遅れ!!滅多に遅刻はないのですが、数年ぶりの5分遅れとなってしまいました。(泣)

とはいうものの、出演時間までには十分すぎる時間があり、準備もしっかりできました。

準備をしながら御神輿や盆踊りの櫓を見ていて、ちょっと離れたところに見える山の背景とがとけあって、良い感じ。ふと、「ふるさと」という言葉が浮かんできましたが、なんだかそんなキーワードがピッタリ!!

さて、ショーの構成は直前に決めました。事前に構成については話し合っていたのですが、パフォーマンスをする場所にセッティングをして、目の前に集まっていただいたお客さんの年齢なども考慮して「やっぱりこうしよう!!」と直前の構成変更。

こういう対応力が必要とされる時があり、スピニングマスターズもこの数年で本当にいろんな小ネタや演目ができました。

これまでに一番長くやって来た「爆笑!西部劇」という演目よりも、さらに長く、内容の濃くなった「大道芸じょんがら」。今ではスピニングマスターズと言えば・・・というほどのパフォーマンスへと位置づけられるようになり、イベントでも大道芸でもイチオシのパフォーマンスとなりました。

そんな大道芸じょんがらも多くのパターンが自然とできてきて、今日は大人の皆さんと子供たちが混ざって見ているね」という現場、「子供たちが最前列に・・・大人はちょっと後ろで・・・」という現場。それぞれにやり方というものが存在しますので、ショー5分前に構成の変更は「アリ!」なのです。

こうして現場の雰囲気を少しずつ作っていきながらショーを進め、お客さんとのコミュニケーションを取りつつ、ファイヤーショーまでに空気を作るのがスピニング流のセオリー。

お歳の方から若い人、そしてチビッコまでみんなが均等に楽しめるパフォーマンスがしたい!そういう思いを込めてショーをしました。

浴衣を着たチビッコ、盆踊りのやぐら、背景に見える山々。気持ちもリフレッシュされる ふるさと現場でありました!!

 

8月11日 火曜日 KYB金山 45周年従業員感謝デー

スピニングマスターズは下呂方面に向けて41号線を走っておりました。お盆休みに入っている人も多いと思われるこの日、既にところどころの渋滞が。

美濃加茂を抜けるとスイスイとドライビングでき、ちょうどランチタイムとなったのでお食事処を探しながら走行。どうして?と聞かれるとハッキリとした答えなんて無いんだけど、なんでなんだろう?こちらの方面に来ると蕎麦が食べたくなる!!(笑)

41号走行中に小さな一軒のそば屋発見!おいしいねぇ〜、やっぱり水が違うんでしょうか。

さて本日はKYBさんの企業イベント。実はトモヒロパパにとっては関わりの深い会社なのであります。それも海外ラリーへと頻繁に出張を繰り返していたころのエピソード。「KYB」のロゴが何だか懐かしい!!これはまたいつかブログの方で。

ショーをする場所はトラックステージがあり、ファイヤーショーをするにはちょっとスペースやら、高さが足りず、いつもしているように下のスペースで。ところが足元が砂利玉。結構ゴロゴロとした状態だと聞いていたので、ちょっと早起きをして出発前にベニヤ板を切り出しておきました。こういう準備も時には必要。

しかし現場でセッティングをしているとプレイヤーからは「無い方がいい」とあっさりNG。早起きして流した汗は報われず。

そして津軽三味線のセッティング。こちらも前夜に半徹夜までして準備をしたのですが、セッティング不十分で音的にかなり小さい音量となってしまってなんだか「んん〜〜〜〜。」て感じ。このところ何をやっても裏目裏目でモチベーションが上がらないのであります。(泣)

2ヶ月前から取り組んできた三味線の音作り。プリアンプを搭載してみたり、小型のコンデンサーマイクのチョイスで苦労したり、いろんな角度から少しでも津軽三味線らしい音がスピーカーから出てこないかと奮闘しております。現在もその作業は続いております。

つい最近、「おっ!これはイケルかな?!」と思えるマイクができました。そろそろある程度の結果を出して落ち着きたいね。

今は大道芸の現場で津軽三味線を演奏できるところが少ない・・・というかほとんどありませんので、屋外イベントで生演奏するのはかなり久しぶりのことでした。まだまだ暑かった1回目のショータイムの冒頭でのみ演奏してみました。

大道芸のパフォーマンスはまだ暑かった時間帯の1回目と、日が暮れてからの2回目とは内容を変えました。特に2回目のショーではローラーには乗らず別の形でのエンディングにしてみました。

KYB工業の皆さん、そしてそのご家族の皆さん、ホントに暖かい方でした。1回目のショーが終わってからもキッズたちに囲まれ「こういうの、初めて見た!」と話をしてくれたり、握手やハイタッチなどでのコミュニケーションも子供たちとできたのがとても印象的な現場でした。

会社が主催してくれる従業員感謝デーでの皆さんは、ファミリーで大いに楽しんでいるようでありました。スピニングマスターズもパフォーマンスを喜んで見ていただけてとっても嬉しかったイベントでありました。

<<<< イベント出演のお知らせ >>>>
8月22日 土曜日 夜8時20分スタート!!毎年恒例となりました、東別院 御坊夏祭り

今年もこのイベントの時期がやってきました!!

毎年出演させていただいている東別院で開催される御坊夏祭り。

昨年はショーをスタートする前から土砂降りの雨。メンバー内で いろいろ検討しお客さんは本堂の屋根の下の階段を使って、そこを客席に。

じゃ、自分たちは・・・。「濡れていこう!!」ということで土砂降りの中でフルショーをした昨年。

その時は本当に必死で、OK!ヒロヤは「もうローラーから落ちたと思った!」と話してましたが、今では良い思い出の一コマです。

土日と開催されますが、スピニングマスターズの出演は土曜日の8時20分から。多少の時間は前後するかと思いますが、お時間ある方は是非是非お出かけください!!

今年も全力でファイヤーパフォーマンスします!!

 
8月14日 金曜日 アピタ稲沢

店内イベントだから今日は涼しいぜ!!・・・などと油断をしていると、会場はお客さんの熱気でムンムン!ショーを始める前から満員御礼でありました。

スピニングマスターズが現場到着するよりもお客さんの方が早い!(笑)津軽三味線のセッティング中にもどんどん集まってフルシート状態に。まだ、ショータイムまでは1時間もあるのに・・・なんだか申し訳ないような気持ちになりました。

お待たせした、その分はパフォーマンスで楽しんでもらうことでお返ししよう!!1回目からフルスロットルで全力投球ノパフォーマンスでした。

が、津軽三味線に装着したマイクが後ろからのスピーカーの音を敏感に拾ってしまいハウリング発生。金髪ちょんぼケイタとOK!ヒロヤが「ハウリングするんで向きを変えます!」と演奏を中断して笑いになって意外なところでウケておりました。

ショーの後半ではスピニングマスターズのメインパフォーマンスとなっている「じょんがら」。ちょっと低めの天井を意識しながらもスピーディーなパフォーマンスを発揮できたと思います。

お客さんの方がパワフルで我々パフォーマーの方が圧倒されてしまうほどの盛り上がりで一回目を終了。

さて、二回目の内容をどうするのか?よりキッズ向けの色合いを濃くしてみたり、1回目よりも笑いの要素を増加してみようとか、いろんな意見を出しながら演目を決定。

最近のスピニングはバラエティー豊かなショーと様々なシチュエーションへの対応力アップを目指しております。

このごろのイベント出演では1回目と2回目のショー内容を変えるのはスピニング的にも楽しく、そして当たり前となっております。

2回目のショーで登場した舘ひろや。この日もキャラが全開!お客さんへのカラミも炸裂しておりました。やっぱり大道芸パフォーマーと言っても芸人の端くれ。そこは「笑い」に対してもシビアで、技で驚いていただけることより、大笑いをとった時の方がどこか嬉しいのであります。そういうときのパフォーマーというのはニヤニヤしてたりして・・(笑)

結局2回目のショータイムではブルーシートを客席の前にベタ座りのために用意してもらいましたが、1回目のショーの時よりも人数は多くなり、やっぱり溢れてしまったイベントでありました。

 
8月15日 土曜日 伊那谷道中かぶちゃん村 夏祭り

数年ぶりに復活を遂げた伊那谷道中かぶちゃん村での「夏祭り」。スタッフの皆さんの並々ならぬ努力でこの夏に開催されることになり、スピニングマスターズも出演させていただきました。

ご来場いただいたお客様をおもてなししたいという気持ちがあふれるイベントとなり、スピニングマスターズも見ていただく皆様には全力でパフォーマンスをお届けしたいという思いを込めて炎天下で頑張りました。

長野県とは言えど、この夏の酷暑からは逃げられず、やっぱり暑いのです。(名古屋に比べれば相当涼しいけど・・)お祭り広場にはこんな氷の巨大な塊が登場!!

日中は3回の大道芸、ナイトパフォーマンスで1回と計4回のショーを予定。このところのスピニングマスターズは一日で4回のファイヤーショーをする機会もグッと減ったので、メンバー内ではいろいろ気を使いながらの演目構成。

さすがにこの暑さでは津軽三味線の出番はなく、そしてファイヤーデビルでのスタートも何気に熱そう!と、言うことでOK!ヒロヤのコンタクトジャグリングが大好評となったこともあって、毎回OK!ヒロヤがスタート直後に大活躍でありました。

実はスピニングマスターズのショーの中ではMCとしての進行役は金髪ちょんぼケイタであり、しゃべりという点ではかなりの体力消費をします。そういう消費バランスをも、よく考えてのショーをしました。

大道芸人でもあるさっちゃん。この日はスイカ割りや、盆踊りなど大活躍しておりました。

スイカ割りに参加した子供たちは楽しそう!!そしてそれを眺めている親御さんたちもメチャメチャ笑顔でした。最新のアトラクションやジェットコースターこそありませんが、ここにはそんな素朴で懐かしい楽しさがあふれているのです。

それにしてもスイカ割りなんて、とっても夏らしいよね!ただ、大抵は海や川で見かけるんだけれど、この伊那谷道中かぶちゃん村のお祭り広場で見られるとは。風情があってイイね!!

スイカ割りが終わってから3回目の大道芸パフォーマンスをスタート。

OK!ヒロヤのマルチコンタクト。小さな径のクリスタルボールを使うので、直射日光の強い所で手のひらの上で静止させるとレンズ効果で焦点ができ、本当に手のひらの1点を真っ黒に焼くことがあります。この夏で数回の経験があり、この日は用心しながらパフォーマンスをしていたようです。

一方、金髪ちょんぼケイタはファイヤーショーが終わり、ローラーへのツナギで水分補給。昔から夏にはガチで水分補給タイムだったのですが、最近はこのシーンで一気飲みをすると拍手が自動的に起こるという、なんともヒョウタンからコマ状態の笑いネタが。

こうしてスピニングマスターズにも「夏」ならではのエピソードが多数あります。

一旦夕方5時で閉園し、6時から再スタート。

この1時間の間に伊那谷道中のスタッフは急ピッチで準備。夏祭りの演出に全力を注いでおりました。

スピニングマスターズは夕食を頂き、体力温存しながらナイトパフォーマンスの打ち合わせを。日中とは内容を変えて炎と光だけに重点を置いたショーを展開。4回目ともなるとヘトヘトでキレのあるショーが出来るのかとちょっと心配もしましたが、伊那谷の夜は涼しく、とってもやり易かったようでありました。

4回目のショーを終えた直後に、ちょっとだけ残った体力は盆踊りに捧げてきました。(笑)伊那谷道中夏まつりに来てくださった皆様ありがとうございました!!

 
8月16日 日曜日 イオン津ショッピングセンター

長野県から夜遅くに帰宅し、次の現場に向けての準備をして就寝。男3人のメンバーはそれで良いのですが、ケイコママだけは更にもっと過酷な夜の作業をしております。そう、洗濯物。お問合せメールなどの対応をしたりと事務仕事も夜中。こういう影の努力の上に成り立っているパフォーマンスだということもメンバーは忘れてはいけません。

どんなイベントでも、何回やった大道芸の時も、翌日までにきれいに選択ができ、きちんとたたまれた衣装は必ず必要なのです。華々しい表も裏方も、過酷さでは何一つ変わらない!!

長野から帰還、そして翌日は津市へ。この日はバルーンパフォーマーのメイさんとご一緒。そして数日前にはLOTO先輩も出演。なんだか楽しい現場になりそうな予感です。

お店がいっぱいのショッピングセンターの店内。音量的にも抑え気味でセッティング。津軽三味線の演奏リハでは生音に近いくらいに絞ってみて「これくらいかな?」と。

そんな風に三味線のテストをしていただけなのに既に多くのお客さんが集まっていただけて「何時からなの?」とあっちでも、こっちでも・・・。(笑)

「1時からなのでよろしくお願いします!」と丁重にお願いした甲斐があってか、1回目のショーのスタートでフルシート。そしていきなりスタートダッシュするかのような勢いで急激な盛り上がりとなりました。イオンのスタッフの方からは「さくらを仕込んだのかと・・(笑)」と聞かれるほど。

そんな好スタートだった1回目はもちろん津軽三味線の演奏もしました。

2回目のショータイムもやっぱり人気だった津軽三味線の演奏から。生音でも店内の共鳴効果でなかなかイイ音でした。

スペース的にはこうした曲芸的なパフォーマンスをするには十分なわけではありませんが、逆にお客さんを目の前に、コミュニケーション重視で楽しいのであります!こういう環境でしか生まれてこないような強烈な一体感がここにはあったように思います。

それとも、この応援団が来てくれたおかげだッ田のでしょうか?1回目も2回目も本当にやっていて楽しい、パフォーマーもギャラリーもスタッフも一緒に笑顔になっていけるイベントとなりました。

こうして2015年のお盆休みツアーは完了となりました。

 
8月22日 土曜日 東別院 御坊夏まつり

2015年のお盆休み12連勤も終わり、ちょっと落ち着いたかなと思ったけど、ぜんぜん疲れとか回復しきれず、機材や道具のメンテナンスもできず、そして何よりも一番気になっていたお墓参りにも行けていなかったのですが、さすがにオフになったらすぐにお墓参りだけはやっと行けました!

忙しいのはお盆休みだけではなく、実はこの週もかなりタイト気味。この日は午前中からジャズドリーム長島での大道芸活動。気を許したり、手を抜いているわけではありませんが、どちらかというと音も控えめで何かとコンパクトな感じのショーをしてきました。

4時くらいまでにジャズドリーム長島を終了し東別院へ移動。途中で夕食をしてエネルギーチャージ!だけど、こういう時ってなかなか食事が喉を通らないよね。押し込むように食事を済ませ別院の境内へ。

土曜日のプログラムでは一番ラストでの出演。準備の時間はたっぷりあったのでじっくりできました。

東別院は現在修繕工事中。残念乍ら正門も本堂も表から見ることができない状態で、例年に比べればいつものような風情が薄かったような・・・。

スピニングマスターズのショーを予定しているのは盆踊りのやぐら周辺。近くで待機しながら盆踊りを見ておりました。これだけの人が円陣となって踊っているのを見るのも楽しいものです。というか、日本人としての気持ちが高揚しますね。大道芸パフォーマンスへのモチベーションも徐々に高まっていきました。

盆踊りが終わり、いよいよ出番。石畳の上をゴロゴロと台車に載せた機材を移動しようとすると、なんと人垣ができるスピードの方が早い!!(笑)

お客さんたちを「すみません!すみません!」とかき分けるようにセッティングを完了させ、パフォーマンススタート。

昨年は大雨の中でのショーでしたが、今年はお墓参りが効いたのか程よく風があってベストコンディション!!

お客さんのテンションも初めからMAX状態にあったと思われ、いきなりファイヤーショーをやっちゃってもこうなるだろうなと思うほどの盛り上がりとなりました。毎年この場所で感じるのですが、お客さんは期待をし、その期待に応えるように全力でパフォーマンスを出し切り、そしてその空気感に包まれて盛り上がっていく、お客さんたちとの一体感というものはこうしてでき上がっていくと、自分たちもパフォーマーとしての初心を思い返せるような場所であります。

こんなに大勢のお客さんに囲まれてショーをすることができ、心から感謝しております。また来年、東別院でお会いしましょう!!

 
8月23日 日曜日 ポップアップアーティスト名古屋 オーディション

名古屋でもこうしたアーティスト活動を支援するというシステムができるようで、東京都で言うところのヘブンアーティスト活動ってところでしょうか。

ちょっとヘブン活動とは違う部分もありますが、まずはライセンスを取得しないと何も始まらないという、そんな気持ちを持って取り組んでみようと、スピニングマスターズもオーディションに参加しました。

特に強い思い入れは持たず、ストレートに素直なパフォーマンスで10分ほどででき、「スピニングマスターズならではだったな!」と感じてもらえるようなオリジナリティーが表現できれば良い方向性となると考え、今回のオーディション参加ではスリリングな部分やド派手な部分や、笑える小ネタなどは排除して、実にあっさりとしたショーの流れを組んでみました。

金曜日の夜には現場を一度生で見ておこうと、フラっと散歩しにナディアパークに行ってきました。

コンテストやオーディションにおいては会場内の空気感を知っておくことは大事。

スピニングマスターズの出番は日曜日なので、土曜日の東別院でのイベントが終了してから機材の入れ替えや音響機材を仮セッティングしておきました。すべてを現場で準備するのは危険。台車の上で半分くらいはセッティングできた状態で車に載せておきました。

ポップアップアーティストの活動については、まだまだ未知数の部分や、やり方が良く分からないところもあり、これは活動を実際にすることで、少しずつ定着していくのかと思いますが、とりあえず審査会では活動するときのスタイルで!ということが基本。

なので、電源は使用できない!という規約であり、審査会本番でも音響機材は全部バッテリーと電池駆動ということになります。

スピーカーの本数なども制限をされているわけではありませんが、過大な音量はおのずと禁止かという判断で1本のみ。ま、バッテリー駆動していると大出力はどちらにしてもできないので、ちょうど良かったかも。

スピニングマスターズがオーディションで実施した構成は、津軽三味線演奏をとても短く1段のみでスタート、ディアボロのヂュオプレイをちょい、そしてイルミトーチを使って「じょんがら」のジャグリンgヌルーティン、最後はさらっとクスダマという流れ。スピニング的にはチョッキリ10分で構成しておりましたが、ナディアパークの天井はディアボロのトス系に不向き。4ディアでドロップしてしまい、パフォーマンスは11分強。

最終的に準備から撤収までを計測されているので13分ちょっとというタイムアタックで完了でした。

オーディション当日は審査が終わればさっさと流れ解散。後日、結果は郵送とのこと。スピニングマスターズはジャズドリーム長島大道芸の当番日だったので1回限定のショーをするために長島へ向かいました。

そして後日談。

25日火曜日 結果が封書で届き、無事にスピニングマスターズも合格することができました。とりあえずはスタートラインに着けた、ということであります。

これからどんな活動になるのか、実際にはどれほど継続できていくのかなど、まだ何もわかっておりません。

※トモヒロパパのブログの方でも少し書きました。

 
8月23日 日曜日 名古屋市内 デイサービス

いつものスピニングマスターズとは一味違ったパフォーマンスです!津軽三味線の生演奏とちょっと懐かしい雰囲気の曲芸を織り交ぜた「津軽三味線 曲芸と民謡メドレー お国めぐり」を本日は名古屋市内のデイサービスさんで公演しました。

普段やっているド派手な大道芸パフォーマンスとはコンセプトも雰囲気も180度逆なのでありますが、ショーのためのスペースも、お客さんとの距離感も、そして準備の時間さえも、少な目でも大丈夫なのが特徴。

なかなかイベントやショーにお出かけすることが難しいお年寄りの皆さんへ、少しでも笑顔になっていただけるよう、そんな思いを込めてパフォーマンスをしてきました。

誰もが口ずさめるような「メロディー」が流れ、「笑い」あり、「驚き」あり、の25分間。スピニングマスターズもこの日のために津軽三味線の特訓と、曲芸のリハもして万全の態勢と準備をしました。

あまりにも音が大き過ぎるとビックリされてしまう方もいるので音量調整などにも配慮。前日の夜遅くまでかかって3本の三味線に装着したトモヒロパパ自作のマイクには出番はありませんでしたが、心地よい津軽三味線サウンドと、オリジナルのアレンジでお届けした民謡のメドレーに耳を傾け、体をゆすったり、メロディーを口にしてくださる方たちを見ていると本当にうれしい気持ちになれました。

いつもの大道芸で感じる「嬉しさ」や「楽しさ」とはまた違った「喜び」を感じつつのショーでありました。

ご覧いただいた皆様、そしてスタッフの皆様、今日はありがとうございました!

 

<<<< スピニングマスターズ 2015年 大道芸 イベント 報告記 Page04 >>>>

<1ページ > <2ページ > <3ページ > <4ページ > <5ページ > <6ページ >
このホームページの作動確認は以下の環境で行っております。OS:Windows XP / ブラウザ:Internet Explorer ver8 1024ピクセル以上推奨 / プラグイン:Flash Player必要
このホームページの著作権はスピングマスターズ事務局オフィス・マムが所有しております。無断で画像・動画・文書等、データの転写、使用を禁じます。
スピニングマスターズのホームページへのリンクは自由に行ってください。ただしリンクをしたことによって起こるいかなるトラブルにも責任を負いかねます。