OK!店長のパフォーマンスドラゴンデモ動画

パフォーマンスドラゴンをライトセーバーの先端に取り付けるというオリジナルのパフォーマンスをショーで披露しているOK!店長ことスピニングマスターズのOK!ヒロヤ。パフォーマンスドラゴンをどんな感じで操るのか?そんな一連の動きなどをスタジオで動画にしてきました。

使用した撮影機材のカメラはinsta360 one xというVRカメラで撮影しています。

この撮影時ではライトセーバーTYPE-1、TYPE-2を使用していますが、現在OK!STOREでは廃番となっているため、TYPE-3、もしくはTYPE-6のように細い7/8ブレードタイプのライトセーバーとマッチングが良いと思います。

ライトセーバーに装着したり、ディアボロのベアリングに取り付けて使用することができ、動きが生き物のように見えることが人目を引き込みます。

ドラゴンの長さは3m、5m、7m、9mと4タイプありますが、屋外でのショーでは強風時に7m以上のドラゴンを操るのは至難の業です。OK!店長も通常はショーは7mを使用しますが、少しでも風が吹いているようであれば5m、ちょっと風が強いと感じる場合には3mというように長さを使い分けています。

また、カラータイプのドラゴンの他にもゴールドやシルバーのドラゴンもラインナップされており、ゴールドやシルバーは屋外でのパフォーマンスで太陽光線にさらされると、キラキラと反射してとても美しく見える特徴があります。

また、ナイトパフォーマンスでもライトセーバーを光らせて、ゴールドやシルバーのドラゴンを使用すると幻想的なイメージとなります。

おそらく、ライトセーバーやディアボロに装着する方法以外にもアイデア次第で様々な使い方、見せ方があると思います。そんな可能性を感じるアイテムがパフォーマンスドラゴンです。